SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

水口栄二

水口 栄二(みずぐち えいじ、1969年1月9日 - )
愛媛県出身の元プロ野球選手(内野手)。
現在はオリックス・バファローズ打撃コーチ。



経歴

プロ入り前
松山商業高校から早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に進学。松山商で主将として1986年の夏の甲子園で準優勝に導く。またこの大会で、大会安打最多記録を更新(19本)。未だこの記録は破られていない。また同時に、清原和博が前年に記録した大会最多塁打の27塁打にも並んでいる。早大では1年のときからショートのレギュラーを獲得、4年時には第80代主将としてチームを15シーズンぶりのリーグ優勝に導いた。リーグ通算92試合出場し339打数91安打、6本塁打、27打点、打率.268。ベストナインを4回獲得。

1990年ドラフト2位で近鉄バファローズに入団。

プロ入り後
1年目の1991年から、猛打の近鉄打線の中で小技のできる内野手として重宝され、代走や守備固めで68試合に出場した。だが、1992年、1993年も、二塁の大石大二郎、遊撃の吉田剛のサポート役としての起用が多く、レギュラーを奪うまでには至らなかった。

1994年に吉田に代わり遊撃手のレギュラーを獲得し、打率.272の活躍で初の100試合出場を達成した。翌1995年も2番・遊撃手に定着した。

1996年シーズン中盤から大石の衰えにより二塁手へコンバートされ、同年オールスターゲーム初出場。自己最多の8本塁打を放った。以後、近鉄バファローズが消滅するまでの9年間、正二塁手であり続けた。

2001年、大阪近鉄バファローズの12年ぶりの優勝に、不動の2番・セカンドとして貢献した。ファールで粘るいやらしいバッティングが持ち味だが、僅差の二位で迎えた9月17日の西武戦、松坂大輔からの決勝打や、日本シリーズ第2戦でのヤクルトの島田直也からの同点3ランなど時に目を見張るような活躍を見せた。

2004年、分配ドラフトにてオリックスに移籍。近鉄出身者としては数少ない仰木時代を知る選手でチームの融和に努めた。

2005年は、平野恵一、塩崎真らとの併用で主に二塁、時々三塁・一塁を守った。2006年8月30日の西武戦で1500試合出場を達成した。

2007年9月29日、現役引退を表明。打撃コーチ就任が発表された。10月2日、球団のシーズン最終戦であるソフトバンク戦の6回裏に代打として登場し、プロ最終打席を迎える。結果は三塁ゴロだった。試合後、引退セレモニーが行われた。

2008年からはオリックス一軍打撃コーチ

エピソード
第68回全国高等学校野球選手権大会(1986年)において水口が記録した大会19安打は、春夏を通じた甲子園大会の1大会最多安打記録として、2009年現在も破られていない。この19本という数字は、チームが1回戦から登場して決勝進出を果たし(従って6試合)、かつ毎試合3本ずつ安打を放ってもまだ届かない、甲子園大会の歴史の中でも屈指の大記録である。更に、水口が同じ大会で記録した2試合にまたがる8打席連続安打も、夏の甲子園大会の連続安打タイ記録として残っている。
1996年夏の高校野球の決勝に母校松山商業が出場の際、NHKラジオ中継で試合前に電話口ゲストで応援のインタビューをされる企画があった。
近鉄時代の元同僚である佐野重樹とは松山商業時代の同級生である。更に野茂英雄も近鉄時代の元同僚で同学年。
近鉄に入団して初めて迎えたキャンプで、当時チームの主砲であったラルフ・ブライアント、鈴木貴久らが打撃練習で外野スタンドに次々と打球を放り込んでいく姿を見てショックを受け、「場違いな世界に来てしまった。自分のような非力なバッターがプロでやっていけるんだろうか」と近鉄に入団したことを後悔したという。
選手としてはどちらかというと地味な印象を受けるが、打席に立った時のファンの盛り上がりはチーム1である。大阪近鉄時代から変わらぬ応援歌の中では、水口ジャンプがあり、応援歌の中でも最も盛り上がる。
1996年9月22日の対西武ライオンズ戦(西武球場)で、相手先発西口文也から初回先頭打者としてヒットを打ったものの、近鉄打線は後続を全て抑えられ、途中8連続奪三振も喫し(日本記録は9連続)で1安打、6-0の完封負け。
2003年のキャンプでは「今年は外野守備もこなす」と外野守備練習を積極的にこなしていたが、結局シーズン中に外野で起用されることはなかった。
2005年9月7日、日本タイ記録の開幕15連勝を記録していた斉藤和巳が新記録の16連勝を賭けて迎えた試合で、代打で登場してとどめの3ランを放ち、斉藤にシーズン初黒星をつけることに貢献した。
2006年7月2日、三輪隆バッテリーコーチ(同じ1969年生だが、水口の方が早生まれのため学年が一つ上)に怒声を上げた。この日の西武戦における2度のバッテリーミスに関しての三輪の指摘が投手陣にのみ向けられたのに対し、チーム内においてチームリーダー的な存在である水口が、投手陣だけでは無く捕手にもミスを指摘すべきであると不満を爆発させたものと思われる(その時の捕手は的山哲也)。
犠打の名手であり、通算歴代7位の279個を記録しており、1997年、2001年、2004年と3度もリーグ最多犠打を記録している。近鉄バファローズに在籍した14年間で球団史上最多の通算犠打261、シーズン最高犠打数42(1997年)を樹立。
名選手ではあるが、大島公一、金子誠、井口資仁らに阻まれ、ベストナインやゴールデングラブ賞などタイトルを一度も獲得していない。
2003年、シアトル・マリナーズはイチローの次を打つ2番バッターが固定できず苦しんでいた。そのシーズン中、イチローがインタビューを受けた際、日本人選手に(自分の後ろの打順である)二番を打ってもらえるなら誰が良いかと訊かれて「水口さん」と答えている[要出典]。
2007年12月号の雑誌『BUBKA』(コアマガジン)に、既婚者であるにも関わらず、ベッドで裸で女性と写った写真が流出してしまうスキャンダルに見舞われた。

背番号
32(1991年~1994年)
10(1995年~2004年)
7(2005年~2007年)
90(2008年~)

個人記録

初記録
初出場:1991年5月11日、対福岡ダイエーホークス6回戦(長岡市悠久山野球場)、9回表に遊撃手として途中出場
初安打:1991年5月14日、対西武ライオンズ7回戦(藤井寺球場)、7回裏に渡辺智男から
初先発出場:1991年5月16日、対西武ライオンズ8回戦(藤井寺球場)、9番・遊撃手として先発出場
初犠打:同上、9回裏に石井丈裕から
初打点:1991年6月8日、対ロッテオリオンズ10回戦(藤井寺球場)、4回裏に荘勝雄から
初盗塁:1991年6月9日、対ロッテオリオンズ11回戦(藤井寺球場)、3回裏に二盗
初本塁打:1994年4月22日、対オリックスブルーウェーブ1回戦(日生球場)、4回裏に星野伸之から

節目の記録
1000試合:2001年8月29日、対千葉ロッテマリーンズ23回戦(大阪ドーム)、2番・二塁手として先発出場 ※史上374人目
200犠打:2002年6月19日、対オリックスブルーウェーブ11回戦(グリーンスタジアム神戸)、5回表にエド・ヤーナルから ※史上21人目
1000本安打:2004年5月3日、対西武ライオンズ7回戦(西武ドーム)、3回表に帆足和幸から左前安打 ※史上217人目
250犠打:2004年6月8日、対西武ライオンズ13回戦(大阪ドーム)、1回裏に西口文也から ※史上8人目
1500試合:2006年8月30日、対西武ライオンズ17回戦(スカイマークスタジアム)、7番・一塁手として先発出場 ※史上146人目


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

zxyuqvxg@gmail.com

パネライ ラジオミール

2013.09.09| URL| ブランド時計ランキング #EBUSheBA [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.