SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

吉岡雄二

吉岡 雄二(よしおか ゆうじ、1971年7月29日 - )
メキシカンリーグのヌエボラレド・オウルズに所属するプロ野球選手(内野手)。
1995年から1997年までの登録名は「吉岡 佑弐」(読み同じ)。


経歴

プロ入り前
帝京高校時代はエース投手。1989年のセンバツでは同校は優勝候補の筆頭に挙げられたが、1回戦で報徳学園に敗退。その悔しさをバネに夏の甲子園では優勝の立役者となった。全5試合に先発し3完封。41回を投げて失点はわずか1だった。高校通算で51本塁打を放っており、打者として注目したプロ球団も多数あった。

その後、同年のドラフトで読売ジャイアンツ(巨人)から3位指名を受けて入団(入団当初は投手)。

巨人時代
ルーキーイヤーの1990年に右肩を手術し、リハビリに2年を費やした。

1992年のシーズン終了後、就任したばかりの長嶋茂雄監督の意向により、内野手に転向。

1994年はイースタン・リーグで本塁打と打点の二冠王に輝く。翌1995年からは1軍に定着し、右の代打などで起用される。

1997年1月、年俸調停を申請した近鉄バファローズの石井浩郎とのトレードが急遽決まり、石毛博史とともに近鉄に移籍。

近鉄時代
移籍2年目の1998年、一塁手のレギュラーに定着し、規定打席に未到達ながら13本塁打を放つ。翌1999年は初めて規定打席に到達し、チーム最多の12盗塁を記録する。

2001年、同僚の中村紀洋と並び3本の満塁本塁打を放つなど、6番打者として勝負強いバッティングでパ・リーグ優勝に貢献。自己最高の26本塁打、85打点を記録した。翌2002年も26本塁打を放ち、全試合に出場。初めてオールスターゲームに選出された。

2003年、5年連続で規定打席に到達し、初の打率3割をマーク。だが、翌2004年のシーズンは3月のオープン戦でアキレス腱断裂の重傷を負い、ほぼ丸一年を棒に振る(チームの本拠地最終戦に代打出場したのみ)。11月、球団合併に伴う選手分配ドラフトで楽天に振り分けられ、同チームへ移籍。

楽天時代
2005年、3番打者として活躍。2年ぶりに規定打席に到達し、チーム2位の52打点を挙げた。翌2006年は前半戦で33試合に出場したものの極度の打撃不振に陥り1軍登録を抹消された。二軍でバッティングフォームの改造に着手。一軍に昇格した8月26日にタイムリーを含むマルチ安打を記録した。その後、復調の気配を見せたものの、またしても不振に陥り、再び1軍登録を抹消される。結局、本塁打0本という不本意な成績に終わった。

2007年、前シーズンにフォーム改造を実施したが、オープン戦の時点では元に戻している。しかし、開幕は二軍スタート、ファームでは好成績を残し、7月3日付で1軍に登録された。同年9月11日、オリックス21回戦(フルキャストスタジアム宮城)に途中出場し、プロ422人目の通算1000試合出場を達成した。

2008年10月、戦力外通告を受ける。現役続行を希望し、11月に12球団合同トライアウトを受けたものの、獲得球団はなかった。

メキシカンリーグ時代
米球界に挑戦するため2月に渡米するも契約がまとまらず、4月にメキシコ入り。メキシカンリーグ数球団のテストを受け、ヌエボラレド・オウルズ(テコロテ・ヌエボラレド)に入団。同リーグで日本人野手の契約は初めて。ヌエボラレドは、4月24日現在10勝16敗で北部リーグ最下位に低迷しており、吉岡の加入で巻き返しを図るものとみられる。

人物
高校時代から打者としての評価の方が高く、「天才打者」と呼ばれていた。

入団当時の藤田元司監督ほかチームの先輩や番記者など、リハビリ中の吉岡が弱気になり打者転向を持ち出すと、つい彼を励まし、あるいは叱咤してしまったことで、長嶋監督が就任するまで打者転向が先延ばしになってしまったそうである。この点は「もう1年藤田監督なら大成していた」と言われる石毛とは対照的といえる。

長嶋茂雄から「あいつはまだ包茎だ」と言われ一皮剥けると、立派な選手になると言われていた。

とんねるずの石橋貴明が帝京高校野球部出身のため、とんねるずの番組によくよばれることがあった。

あまり表情を顔に出さない為、満塁ホームランを放ったにも拘らず、1回ガッツポーズをしただけの時もある。

既婚(夫人は一般人。巨人在籍中に入籍しているが、子供はいない)で犬を二匹飼育していることと、愛犬のうち一匹の命名がケン・グリフィー・ジュニアに由来していることを公表している。

直球に強く、1999年~2003年の5年間に101本塁打を放ち、いてまえ打線の一員として活躍した。近鉄最後の年の2004年にアキレス腱を断裂したこともあり、分配ドラフトでは希望通り楽天へ移籍した。

2001年のダイエー戦、二塁打を打てばサイクルヒット達成という場面で満塁本塁打を放ち、第五打席でシングルヒットを打った。

2003年、自身初の打率3割を記録するが、欠場試合数が多かったことやチャンスでの凡退が多く打点が少ないことを理由に減俸を受け入れている。

2003年頃から広角に打ち分けるバッティングスタイルを加え、2005年は打率2割8分2厘(規定打席以上)と二塁打23本はチーム1位をマーク、チーム創設1年目の手薄な野手陣をカバーした。一塁手としての守備も、リーグ3位の守備率(9割9分4厘)と堅実かつ無難にこなした。

2006年に行ったフォーム改造の内容は、「バットを真っすぐに立て、グリップを低い位置で構えていた以前のフォームを一新し、バットを寝かせてグリップを高く構えるようにした」とのこと。

楽天では故障したアキレス腱の調子と付き合いながらのためか、2006年以降は不振のシーズンとなっている。

楽天の一員としてプレーするにあたり、報道陣からかつて仙台育英の全国制覇を阻んだことに触れられて、「今度は仙台を優勝させるために頑張りたい」と答えたという。

メキシコ移籍後の情報がよく巨人時代の先輩の木田優夫のブログに掲載されている。

記録
初出場・初先発出場:1993年10月2日、対広島東洋カープ23回戦(東京ドーム)、7番・三塁手として先発出場
初安打:同上、6回裏に高橋英樹から
初本塁打:1995年9月2日、対広島東洋カープ21回戦(東京ドーム)、6回裏に望月秀通から
初打点:1993年10月6日、対横浜ベイスターズ25回戦(横浜スタジアム)、5回表に三浦大輔から
初盗塁:1996年4月5日、対阪神タイガース1回戦(東京ドーム)、8回裏に二盗
1000試合出場:2007年9月11日、対オリックス・バファローズ21回戦(フルキャストスタジアム宮城)(422人目)、8回裏に代打として出場
100本塁打:2002年9月11日、対日本ハムファイターズ24回戦(東京ドーム)、9回表に清水章夫から

背番号
61(1990年 - 1993年)
10(1994年 - 1996年)
41(1997年 - 2000年)
3(2001年 - 2008年)
33(2009年 - )


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.