SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

金本知憲

金本 知憲(かねもと ともあき、1968年4月3日 - )
阪神タイガースに所属するプロ野球選手(外野手)。
ファンやマスコミからの愛称はアニキ(兄貴)、平成の鉄人、西の番長など、友人からはかねもっちゃん、カネ。
右投げ左打ちの打者としては日本プロ野球歴代最多の本塁打を放っており、連続フルイニング出場試合数、連続出場イニング数の世界記録を更新中。名実共に球界を代表する選手の1人。


来歴
プロ入り前
広島県広島市南区青崎出身。小学校4年時にリトルリーグの広島中央リトルで野球を始めたが、練習についていけず1年で退部。その後は町内会のソフトボールや中学校の軟式野球部でプレー。広陵高校に進学し硬式野球部に入部、2年からクリーンナップに座り外野手・三塁手・投手を兼任したが、当時は同校の低迷期で甲子園出場はなかった。高校通算20本塁打。

その後、中央大学の野球部セレクションを受験するが不合格となり、1年間の浪人生活を経験した。この間、ヤクルトの入団テストを受けたがまたも不合格。失意の中、知人から当時は無名だった東北福祉大学を紹介され一般受験で入学。恩師として名前を挙げる伊藤義博監督の下で1年からレギュラーとなり佐々木主浩、大塚孝二、矢野輝弘、斎藤隆、浜名千広ら後にプロ入りするメンバーと共に主力として4年連続で全日本大学野球選手権大会に出場。1988年第37回大会では決勝で近畿大学に逆転負けを喫して準優勝。第38回大会では連続優勝した近畿大学に3回戦で敗れ、第39回大会では小池秀郎、高津臣吾、川尻哲郎らを擁する亜細亜大学に決勝で敗れて準優勝。翌1991年、4年時の第40回大会では3度目の決勝で関西大学と延長17回の末に勝利し初優勝を達成。左手首をはく離骨折していながら勝ち越しの2点適時打を放ち、初優勝の立役者となった。同年、第20回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、チームの勝利に貢献。後にチームメイトとなる桧山進次郎と同室になり、本人曰く「人に話せないようなことを色々した」という。これが縁となって阪神入団後に雑誌で2人の対談が行われた。この部屋で洗濯係だった鳥越裕介は「金本さんにめちゃくちゃいじめられた」と後に語っている。秋のドラフト会議で広島東洋カープから斉藤肇の外れ4位指名を受け入団。

プロ入り後
入団後の2年間は芽が出ず年下の前田智徳、江藤智らに追い抜かれ、打撃は当時のコーチから転がして足を活かせと言われるほど非力で、外野守備も送球を地面に向かって投げてしまう悪癖から「モグラ殺し」のあだ名を付けられるなど、本人曰く「クビを覚悟していた」という。それらの悔しさから筋力トレーニングを本格的に取り入れ、地道な身体作りを行う。山本一義コーチと出会ったことも転機となり、1994年後半から頭角を現し17本塁打を放つなどレギュラーに定着。1995年にベストナインを受賞。以降、主に5番打者として1996年に初の打率3割を記録すると、1997年には2年連続3割、初の30本塁打を達成、1998年には不振に陥るが、1999年4月24日にはサイクルヒットを達成し、初の全試合出場をするなど復活。同年オフから毎年精神力を鍛えるために鹿児島市の最福寺で、火柱のすぐそばに座り不動真言を唱える護摩行を始めた。

2000年に前年まで不動の4番だった江藤が読売ジャイアンツにFA移籍した事で4番に抜擢され、史上7人目のトリプルスリーを達成。2001年には39年ぶりに毒島章一の記録を大きく更新する1002打席連続無併殺打の日本記録を樹立、それまで王貞治が10位まで独占していた個人年間四球数歴代5位となる128四球と主砲として活躍。

2002年オフ、FA権の行使に悩み球団幹部に「今季は成績が悪かったので年俸は1000万円減で構わないが、FAの再契約金を100万円でいいから出してほしい」と相談した。しかし、球団は厳しい財政事情から再契約金高騰の前例が作られる事を懸念してFA権を行使しての残留は認めない方針を曲げず、最終的には権利を行使して阪神へ移籍した。当時阪神の監督だった星野仙一は後に「非公式に阪神よりも高い年俸でオファーをしていた球団は他にもあったのに、金本はよくウチに来てくれた」と他球団からもオファーがあったことをにおわせた。

2003年に阪神の球団改革の一端として移籍し、過去に藤田平、和田豊らが着けていた背番号6を引き継げて嬉しいと話し阪神ファンの心を掴んだ。もっとも、本当は大学時代に着けていた5番を着けたかったと話しており、当時阪神への移籍が取り沙汰されていた中村紀洋のため6番にしたという。かつて広島から巨人にFA移籍した川口和久や江藤が広島市民球場で激しく野次られるのを見ていたため自分も野次られるのではないかと恐れていたが、移籍後初の広島市民球場での試合で逆に声援を受け安堵したと語っている。同年は開幕から3番に定着し、2番赤星憲広をアシストして盗塁王獲得に協力すると共に主軸として活躍し、18年ぶりのリーグ優勝に貢献。日本シリーズでは4本塁打、3試合連続本塁打、1試合2本塁打と3つのシリーズタイ記録を達成したが、チームは日本一に届かなかった。

2004年は岡田彰布新監督の意向で開幕から4番として起用され長打を量産。7月29日の中日ドラゴンズ戦で左手首に死球を受け軟骨損傷をした後は自分の物より軽い久慈照嘉のバットを借りて出場を続け、8月1日には連続試合フルイニング出場の日本新記録を樹立。最終的に打率、本塁打(1999年と同数)、打点の3部門で自己最高記録を達成し、初タイトルとなる打点王を獲得する。左手首の故障についてシーズン後「この時だけは記録のために出続けた」と語ったが、故障後は本塁打のペースこそ落ちたが打率はむしろ上がっている。

2005年6月10日北海道日本ハムファイターズ戦で入来祐作から本塁打を放ち史上4人目の全球団から本塁打を達成。過去の3人はいずれもセ・パ各4球団以上に所属して記録したが、金本は同年から導入された交流戦のおかげで2球団に所属しただけで達成できた。6月28日には米子市民球場での広島戦で本塁打を放ち、現役選手では最多の32球場でアーチをかけた。この記録は2007年に田中幸雄が33球場で本塁打を放ち現役1位は一旦譲ったが、田中が同年限りで引退し再び現役1位となっている(日本記録は山内一弘の39球場)。8月11日の中日戦では1000試合連続出場、8月25日の広島戦で1000得点、9月9日の広島戦で1000打点、10月4日に阪神では1986年のランディ・バース以来、日本人選手では1985年の掛布雅之以来、阪神甲子園球場のラッキーゾーン撤廃後は初となる40本塁打を達成。打率、本塁打、打点の3部門で前年の自己記録を更新し、チームも優勝してMVPに選ばれた。

2006年3月31日にカル・リプケンの8243イニング連続出場を更新。4月9日の横浜ベイスターズ戦でリプケンを抜く、904試合連続フルイニング出場の世界新記録を達成し、8月15日に同カード、同球場の試合で1000試合に伸ばした。オフの契約更改では推定年俸5億5000万円と日本人選手では球界トップとなった。

2007年7月8日の中日戦で1死満塁から金本の安打で生還しなかった二塁走者の鳥谷敬に対し「あのヒットで1人しか還ってこれないなんてもったいない」「足の速い若い選手が緊張感とか集中力がないのかなと思う」と叱咤。後輩に対して苦言を呈する事はあまりないことから、翌日のスポーツ新聞各紙では大きく取り上げられた。同年はシーズン中に左膝半月板損傷の大怪我をしながら2004年同様強行出場を続け、31本塁打95打点を記録したが打率は.265と4年ぶりに3割を下回った。なお、左膝はオフの10月に人生初という手術を受けた。

2008年は左膝のリハビリテーション優先のため1月後半からアメリカに滞在し、2月後半の安芸キャンプからチームに合流。4月6日に1999本目の安打を記録してから3試合18打席無安打だったが、4月12日の横浜戦で史上37人目の通算2000本安打を達成、リーチをかけてから連続打席無安打の歴代最長記録だった。この試合では広島からFA移籍したばかりの新井貴浩も1000本安打を達成した。5月13日の広島戦では阪神所属(達成時点)及び右投げ左打ちの選手として初の通算400本塁打を達成した。6月に自身3度目となる月間MVPに選出され、最終的に2年ぶりに3割、3年ぶりに100打点に到達した。オフには2年連続で左膝の手術をした。また、同年からエイベックス・エンタテインメントと業務提携契約を結んだ。

2009年は手術の影響でオープン戦にはほとんど出場できなかったが、41歳の誕生日でもある4月3日のヤクルトとの開幕戦でリーグ最年長記録となる開幕戦本塁打を放った。4月8日の広島戦、4月10日の巨人戦で3打席連続本塁打を記録し、史上初となる月間2度の3打席連続本塁打を達成した。前者では稲葉篤紀、後者ではグレッグ・ラロッカも同日に3打席連続本塁打を放つ珍しい記録となった。4月に自己最多となる月間30打点を記録し、自身4度目となる月間MVPに選出された。しかし5月以降は不振で、最終的な成績は打率.261と阪神移籍後ではワーストで、本塁打数も21本に留まった。この年は積極的に次の塁を狙ったため、盗塁数は増えている。

人物
両親は朝鮮人で、自身は在日韓国人3世にあたる。2001年に日本人女性と結婚する際に日本へ帰化した。帰化前の本名は金知憲(キム・ジホン)で、高校時代の1986年には在日韓国人学生野球団の一員として渡韓した。

少年時代に博成(ひろなり)から知憲に改名している。ファンやマスコミからは「アニキ」と呼ばれるが、実生活では4人兄弟の末っ子である。

公私混同を嫌い、2001年に結婚した際も夫人を写さないことなどを条件に取材を受けている。ただし、一度週刊誌に撮られて公開されたことはある。

広島中央リトル時代のチームメイトに野村弘樹と山本圭一がおり、山本の実家には当時の写真が保管されている。また、高校時代のライバル校県立広島工業高校には同学年の高津がいたが、高津の方が控えで直接対決はなかった。広島在籍時には一緒に飲むこともあったという。野球界の他では島田紳助と仲が良い。

明るくチームのムードを大事にし、多くのチームメイトにいたずらを仕掛ける。和田豊コーチによると「調子の良さに比例していたずらも増える」とのこと。そのいたずらの矛先は2006年までヘッドコーチだった平田勝男にまで向けられたことがあった。連続フルイニング出場試合数の世界新記録達成時には「セレモニーを見て、オレ引退するのか?と思った」と発言するなどインタビューでも度々ジョークを言う。

1学年上の桑田真澄と清原和博のKKコンビは当時多くの高校球児にとって憧れの存在で、金本も高校入学前の春休みに甲子園へ清原を見に行くなど学生時代は清原マニアであったことを自認しており、常々、「俺のアニキは清原さん」「俺にとってのスーパースター」と公言している。現在は清原自身と深い交友関係にあり、清原の引退試合に駆けつけ花束を贈呈した際には頭が真っ白になったという。

金本の阪神移籍以前に阪神の監督をしていた野村克也は、著書で「金本の獲得でタイガースは大きく変わった」「今のプロ野球界で本当にチームリーダーと呼べる存在なのは金本だけ」と金本のことを高く評価している。

甲子園では「金本兄貴のスタミナハラミ丼」という弁当が販売されている。金本が大学時代によく食べていたという弁当を本人の協力をもとに再現したものであるが、大学でルームメイトだった大塚光二からはe2 by スカパー!のe2プロモチャンネル内で同弁当が紹介されたときに「食べているのを見たことない。アイツそんな金あったのか?」と言われている。

大変な努力家であり天才スカウトと呼ばれた木庭教が「足が速い以外は特に目立つ所は無かった。あの子は努力の子」とその努力を絶賛した。

肉体年齢は25歳前後と診断されたこともある。年中筋力トレーニングに励み、体脂肪率は8~9%を維持しているが、自らを「ストイックなタイプではない」と評するようにビールは水のように飲む酒豪で、好物の芋焼酎「森伊蔵」の酒量もさほど減っていない。しかし上記のようなトレーニングをはじめ、サプリメント、鍼灸、アンチエイジング治療、どんなに飲んでいても自分が決めた睡眠時間はキープするなどの体調管理が肉体を支えている。自身が通っているスポーツジム「アスリート」の金本専用ベルトには、広島時代の背番号10と共に名前が書いてあり、名前の上のフリガナがヒクソン・グレイシーとなっている。

プレースタイル
スイング時のヘッドスピードは155km/hを誇り、振り遅れていても引っ張った打球が打てる。
連続フルイニング出場の記録を継続しているが度々故障しており骨折しても強行出場することが多い。
長打力はもちろんのこと、打点をしっかり稼ぐ巧打も目立ちチャンスにも強い選手である。また選球眼にも優れる上チャンスに強いことから勝負を避けられる場面も多いため出塁率は毎年優秀である。
2000年に30盗塁を記録したように足も阪神移籍直後くらいまではかなり速い部類である。

タイトル
MVP:1回(2005年)
打点王:1回(2004年)
ベストナイン:7回(1995年、2000年、2001年、2004年 - 2006年、2008年)
表彰
日本シリーズ敢闘賞:1回(2003年)
優秀JCB・MEP賞:5回(1996年、2000年、2004年、2006年、2007年)
セ・パ交流戦優秀選手賞(日本生命賞):2回(2005年、2008年)
月間MVP:4回(1996年9月、2005年5月、2008年6月、2009年4月)
オールスターMVP:2回(1996年第3戦、2003年第2戦)
個人記録
初記録
初出場・初打席・初三振:1992年6月2日、対阪神タイガース9回戦(岡山県野球場)
3回裏に石貫宏臣の代打として出場、中込伸から三振を喫する
初安打:1993年8月8日、対ヤクルトスワローズ16回戦(広島市民球場)
7回裏に西山秀二の代打として出場、山田勉から右前安打
初打点・初本塁打:1993年9月4日、対横浜ベイスターズ21回戦(北九州市民球場)
8回裏に町田公二郎の代打として出場、三浦大輔から右越ソロ
初先発出場:1993年9月5日、対横浜ベイスターズ22回戦(下関球場)
7番・左翼手として先発出場
初盗塁:1994年6月1日、対阪神タイガース8回戦(阪神甲子園球場)
8回表に二盗
節目の記録
100本塁打:1997年9月9日、対阪神タイガース23回戦(広島市民球場)
9回裏に藪恵壹から右越2ラン
150本塁打:1999年8月22日、対中日ドラゴンズ22回戦(ナゴヤドーム)
6回表に山本昌から決勝右越ソロ ※史上109人目
200本塁打:2001年7月7日、対阪神タイガース14回戦(広島市民球場) 
3回裏に谷中真二から右越2ラン ※史上73人目
1000試合:2001年8月15日、対阪神タイガース20回戦(大阪ドーム)
4番・左翼手として先発出場 ※史上372人目
1000本安打:2001年9月2日、対読売ジャイアンツ25回戦(広島市民球場)
8回裏に岡島秀樹から中前適時打 ※史上207人目
250本塁打:2003年5月31日、対読売ジャイアンツ11回戦(東京ドーム)
9回表に木村龍治から3ラン ※史上45人目
1000三振:2004年9月4日、対読売ジャイアンツ25回戦(阪神甲子園球場)
4回裏に久保裕也から ※史上37人目
1500本安打:2005年4月2日、対ヤクルトスワローズ2回戦(大阪ドーム)
3回裏に坂元弥太郎から適時三塁打 ※史上87人目
300本塁打:2005年4月9日、対横浜ベイスターズ2回戦(阪神甲子園球場)
4回裏に斎藤隆から2ラン ※史上30人目
1500試合出場:2005年5月14日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦(阪神甲子園球場)
4番・左翼手として先発出場 ※史上143人目
1000得点:2005年8月25日、対広島東洋カープ16回戦(広島市民球場)
6回表に今岡誠の満塁本塁打により記録 ※史上32人目
1000打点:2005年9月9日、対広島東洋カープ17回戦(阪神甲子園球場)
6回裏に黒田博樹から右越ソロ ※史上26人目
3000塁打:2005年9月13日、対読売ジャイアンツ19回戦(長崎ビッグNスタジアム)
2回表に高橋尚成から右越満塁本塁打、史上39人目
300二塁打:2006年7月5日、対横浜ベイスターズ11回戦(阪神甲子園球場)
3回裏に門倉健から ※史上45人目
350本塁打:2006年7月12日、対広島東洋カープ9回戦(阪神甲子園球場)
8回裏に横山竜士から左越ソロ ※史上20人目
1000四球:2006年8月29日、対中日ドラゴンズ14回戦(阪神甲子園球場)
6回裏に久本祐一から ※史上12人目
3500塁打:2007年8月10日、対横浜ベイスターズ14回戦(横浜スタジアム)
8回表に横山道哉から右前安打 ※史上21人目
2000本安打:2008年4月12日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)
7回表に寺原隼人から右前安打 ※史上37人目
400本塁打:2008年5月13日、対広島東洋カープ6回戦(富山アルペンスタジアム)
9回表に横山竜士から右越2ラン ※史上15人目
350二塁打:2008年7月4日、対横浜ベイスターズ9回戦(横浜スタジアム)
9回表にマットホワイトから ※史上26人目
2000試合:2008年8月16日、対横浜ベイスターズ15回戦(京セラドーム大阪)
4番・左翼手として先発出場 ※史上39人目
4000塁打:2009年8月6日、対中日ドラゴンズ14回戦(ナゴヤドーム)
1回表に川井雄太から右翼線適時二塁打 ※史上13人目
1500三振:2009年9月21日、対横浜ベイスターズ22回戦(横浜スタジアム)
3回表に三浦大輔から ※史上8人目
400二塁打:2009年9月29日、対東京ヤクルトスワローズ20回戦(明治神宮野球場)
3回表に由規から右中間適時二塁打 ※史上10人目
日本シリーズ・オールスター
日本シリーズ4本塁打(2003年)※シリーズタイ記録
日本シリーズ3試合連続本塁打(2003年)※シリーズタイ記録
オールスター出場:9回(1995年 - 1997年、2000年、2001年、2003年 - 2006年、2009年)
その他の記録
サイクルヒット:1999年4月24日、対中日ドラゴンズ5回戦(広島市民球場)
トリプルスリー:1回(2000年)
1330試合連続フルイニング出場(1999年7月21日 - 継続中 2008年シーズン終了時)※世界記録。
1475試合連続出場(1998年7月10日 - 継続中 2008年シーズン終了時)※歴代2位。
1002打席連続無併殺打(2000年5月12日 - 2001年9月28日)※日本記録。
1試合5四球(2001年10月11日)
1イニング5打点(2003年5月31日)
安打数1999本から2000本になるまでの打席数:19打席 ※日本記録
月間2度の3打席連続本塁打:2009年4月8日・4月10日 ※プロ野球史上初
登場曲
Darude「Sandstorm」(ヴァンダレイ・シウバテーマ曲、2003年・2004年、2006年~現在)
マドンナ「ダイ・アナザー・デイ」(映画『007 ダイ・アナザー・デイ』主題歌、2005年)


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.