SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

【動画】江夏の21球

1979年11月4日、大阪球場で行われたプロ野球日本シリーズ第7戦、近鉄バファローズ(以下近鉄)対広島東洋カープ(以下広島)の9回裏の

場面である。

両チーム3勝3敗で迎えた第7戦は、小雨が降る中試合が進み、7回表を終了した時点で4対3と広島がリードしていた。

広島・古葉竹識監督は万全を期すため、絶対的なリリーフエース、江夏豊を7回裏からマウンドへ送っていた。

迎えた9回裏、近鉄の攻撃。この回を抑えれば広島は優勝、球団史上初の日本一となる。

ところが、同じく初の日本一を目指す近鉄もただでは終わらなかった。

先頭の6番打者・羽田耕一が初球にヒットを放ち、にわかに場面は緊迫する。

以下は、この回に江夏が投じた全21球とそれに伴う試合の様子である。

江夏の21球

1球目 6番 羽田耕一
S○○
B○○○
O○○
0-0
0アウト

ヒット 羽田、初球をセンター前にヒット。無死一塁。近鉄・西本幸雄監督は羽田に代え、シーズン代走盗塁記録を持つ切り札・藤瀬史朗を代走に送る。

2球目 7番 クリス・アーノルド
S○○
B○○○
O○○
0-0
0アウト
1塁:藤瀬

ボール 初球、広島バッテリーは盗塁を警戒して外し、ボール。

3球目 7番 クリス・アーノルド
S○○
B●○○
O○○
0-1
0アウト
1塁:藤瀬

ボール 広島バッテリー、もう1球外す。ボール。

4球目 7番 クリス・アーノルド
S○○
B●●○
O○○
0-2
0アウト
1塁:藤瀬

ストライク 見逃し、ストライク。

5球目 7番 クリス・アーノルド
S●○
B●●○
O○○
1-2
0アウト
1塁:藤瀬

ボール 藤瀬がスタート。投球はボール。捕手・水沼四郎が二塁へ送球するがこれが悪送球となり、藤瀬は一挙に三塁へ達する。無死三塁。ボールカウントも1ストライク3ボールとなった。

6球目 7番 クリス・アーノルド
S●○
B●●●
O○○
1-3
0アウト
3塁:藤瀬

ボール 事実上敬遠となるボール。アーノルドは四球となり、一塁へ。無死一・三塁。西本はアーノルドに代え代走にこれも俊足の吹石徳一を送る。この投球の後、広島ベンチから池谷と北別府がブルペンへ。リリーフエース江夏の心理に微妙な変化が生じる。

7球目 8番 平野光泰
S○○
B○○○
O○○
0-0
3塁:藤瀬
1塁:吹石

ボール 初球はストレートが高めに浮いてボール。

8球目 8番 平野光泰
S○○
B●○○
O○○
0-1
0アウト
3塁:藤瀬
1塁:吹石

ストライク 平野はハーフスイングを取られてストライク。

9球目 8番 平野光泰
S●○
B●○○
O○○
1-1
0アウト
3塁:藤瀬
1塁:吹石

ボール 一塁走者・吹石がスタート。投球はボール。藤瀬の本塁突入を警戒して、水沼は二塁へ送球せず。吹石盗塁成功。無死二・三塁、すなわち一打サヨナラの場面となる。

10球目 8番 平野光泰
S●○
B●●○
O○○
1-2
0アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬

ボール 水沼が立ち上がり、敬遠開始。ボール。

11球目 8番 平野光泰
S●○
B●●●
O○○
1-3
0アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬

ボール ボール。敬遠四球で平野は一塁に歩く。無死満塁となる。

12球目 9番 佐々木恭介
S○○
B○○○
O○○
0-0
0アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬
1塁:平野

ボール 9番には投手・山口哲治が入っていたが、西本は前年首位打者でこの年も打率.320を記録していた「左殺し」の異名を持つ切り札・佐々木恭介を代打に送る。その右打者佐々木への初球は内角に大きく外れるカーブでボール。

13球目 9番 佐々木恭介
S○○
B●○○
O○○
0-1
0アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬
1塁:平野

ストライク 2球目は見逃しのストライク。ド真中のストレート。

14球目 9番 佐々木恭介
S●○
B●○○
O○○
1-1
0アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬
1塁:平野

ファウル 3球目、内角ギリギリ、ベルト付近のストレート。佐々木が強振し、バウンドした打球は三塁線へ。三塁手・三村敏之がジャンプするも届かず、ヒットかと思われたが、結果はファウルボール。

15球目 9番 佐々木恭介
S●●
B●○○
O○○
2-1
0アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬
1塁:平野

ファウル 捕手とのサイン交換の前に一塁手衣笠がマウンドの江夏のもとへ駆け寄る。衣笠に励まされた江夏はリリーフエースとしてのプライドのことはふっ切れ、開き直ることができた。投球は内角高めのストレートで、またもやファウルボール。

16球目 9番 佐々木恭介
S●●
B●○○
O○○
2-1
0アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬
1塁:平野

ボール 内角低めのストレートが外れてボール。野村克也曰く捨て球。文春Numberビデオ「江夏の21球」で江夏自身は「この日最高のボール」と語っている。江夏曰く、このボールが思ったところに投げられたからこそ、次の決め球であるカーブが生きたという。

17球目 9番 佐々木恭介
S●●
B●●○
O○○
2-2
0アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬
1塁:平野

ストライク 前の球と同じ球道から内角に食い込むカーブが膝元に入り、佐々木は空振り。三振。一死満塁となる。「Sports Graphic Number」初代編集長の岡崎満義が文春ビジュアル文庫「豪球列伝」に記したところでは、江夏が「野球人生最高の1球」としてこのカーブを挙げているという。

18球目 1番 石渡茂
S○○
B○○○
O●○
0-0
1アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬
1塁:平野

ストライク 初球、カーブを見逃しのストライク。

19球目 1番 石渡茂
S●○
B○○○
O●○
1-0
1アウト
2塁:吹石
3塁:藤瀬
1塁:平野

ストライク 3走者がスタート。石渡がスクイズの構えをする。水沼が立ち上がる。江夏は外した球を投げる。石渡は飛び付くようにバットを出してスクイズを試みるが、ボールは水沼のミットの中へ。スクイズは失敗。藤瀬は三塁に戻ろうとするが、既に二塁走者の吹石が三塁に達しており、戻り得ず、水沼にタッチされ、アウト。このスクイズ失敗によって二死二・三塁となる。

江夏の21球

20球目 1番 石渡茂
S●●
B○○○
O●●
2-0
2アウト
2塁:平野
3塁:吹石

ファウル ファウルボール。

21球目 1番 石渡茂
S●●
B○○○
O●●
2-0
2アウト
2塁:平野
3塁:吹石

ストライク 空振り、三振。試合終了。広島初の日本一決定。

江夏の21球

江夏の21球 (1979年) 動画
playrank


阪神タイガース 江夏豊 オールスター 9連続三振 動画
playrank


江夏豊投手 全盛期の記録映像集 動画
playrank



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.