SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

稲田直人

稲田 直人(いなだ なおと、1979年11月6日 - )
横浜ベイスターズに所属するプロ野球選手(内野手)。
広島県廿日市市出身。
底抜けに明るい性格で、ファイターズ時代は、ムードメーカー的な役割で、チームを引っ張っていた。



経歴

プロ入り前
中学までは投手だったが、広陵高校で遊撃手に転向。2年次の夏からレギュラーとなり、秋季は中国地区大会にも進出したが、準々決勝で敗れてセンバツ出場はならなかった。3年の夏の県大会では3回戦で瀬戸内高校に敗れている。駒澤大学では1年次からレギュラーを務め、4年秋に大学日本一となった。なお、大学の1学年上には日本ハム時代の同僚、武田久がいた。

大学卒業後はNKKに進み、一番打者として2002年の第73回都市対抗野球大会ベスト8進出に貢献し「若獅子賞」を獲得した。NKKと川崎製鉄との経営統合によりチームがJFE西日本硬式野球部となった2003年の第74回都市対抗野球大会では1回戦で敗退したが、遊撃手としての守備力が買われ、同年秋のドラフト会議で日本ハムに5巡目指名された。

プロ入り後
日本ハムに入団当初は、正遊撃手の金子誠を脅かす即戦力として期待されたが、2004年、2005年ともに一軍出場なし。二軍では2005年に打率.273を残した。出場機会を増やすため二塁手を中心に内野の4ポジションすべてで起用された。

2006年に二軍で打率.357の好成績を残すと、6月半ばに一軍昇格。7月1日にプロ初打席で二塁打を放ち初のお立ち台も経験した。7月9日に三塁手として一軍初先発起用され、以降はホセ・マシーアス,飯山裕志との併用で三塁手として先発出場する機会も増えた。

この年の稲田は日本シリーズにも3試合に先発出場した。このうち第3戦(10月24日)はテレビ朝日系列で生中継されたが、稲田は1、2打席目はCM中に凡退、3打席目は代打を出され、守備機会も無かったため画面には殆ど映らなかった(他の試合では画面に映る機会があった)。しかし日本ハムが同シリーズ優勝を決めた第5戦(10月26日)では初めてテレビに映った5回裏の第2打席で同点の足掛かりとなる二塁打を放ち、試合後に、「家族が来ていたし、テレビにも映ったし、日本一にもなれたし最高」とコメントしている。後日談として、稲田本人は祖母からの「直人、怪我でもしたのかい?」との電話を受けたことで、映っていなかったことを理解したという。
2007年は開幕から一軍入りし、一塁手または三塁手、代打などで起用された。一軍初の二塁守備も経験。9月からは一塁手のレギュラーとして起用され、ポストシーズンでも10試合中8試合に先発出場。先発でない試合でもベンチでムードメーカーとしての役割を果たし、初めて一度も二軍落ちせず1年を通じて一軍に定着した。

2008年も開幕から一軍登録も死球による手の骨折で一時離脱、その後もスーパーサブとしてベンチを暖めることが多かった。開幕から打率が1割台の時期が長かったが、6月17日に広島球場最後の年となった、対広島カープ戦2連戦の初戦にてスタメン起用されると、その試合で猛打賞を記録、これをきっかけに打率は上昇していった。尚、その広島戦ではヒーローインタビューも受け、故郷に錦を飾った。

2009年は一塁・高橋信二と三塁・小谷野栄一がともに好調であったため、自身の出場機会は減るが、終盤の守備要員をこなすだけでなく、打撃の方でも8月6日に西武ドームの対埼玉西武ライオンズ戦で9回表に2死満塁から決勝の2点タイムリーヒットを放つなど、代打要員としても貴重な働きを見せた(代打打率は4割を超えた)。11月25日に、加藤武治、松家卓弘、関口雄大との交換トレードで、坂元弥太郎、松山傑と共に横浜ベイスターズへ移籍した。

バントが巧く、森本稀哲や田中賢介のバント練習を指導したこともある。

50m走のタイムが5秒7の俊足に加え、内野すべてを守ることが可能。しかし打撃に関しては、主力選手としてはまだまだ物足りないレベルであり、更なる向上が求められる。座右の銘は、少年時代に父から教わった「練習中は自分が一番下手だと思え、試合では自分が一番上手と思え」。

エピソード
稲田入団時のチーム野手の顔でもある稲葉篤紀との混同を避けるためか、応援の際は同じ「稲田」性の選手がいないにも関わらず、「直人」と呼ばれている。
2006年7月1日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初安打、プロ初得点を記録して初のお立ち台を経験、そのお立ち台では北海道弁と広島弁をあわせて「なまら最高じゃけんのう!」と言って球場を沸かせた。
また2008年6月17日には、北海道日本ハムファイターズにとっては年に2度しか試合を行わない広島市民球場での広島東洋カープ戦で、稲田の活躍によって日本ハムが勝利して彼がヒーローとなった時に、地元や母校の広陵高校にエールを送っていた。
2007年4月1日の西武ライオンズ戦に自身プロ一軍初の一塁手としての先発出場をしたが、このとき渡邉孝男(2004年まで北海道日本ハムに在籍)に貰った一塁手用ミットを使用した。
2007年6月17日の中日ドラゴンズ戦ではプロ入り初のサヨナラ安打を記録。祝福の際に駆け寄ってきた同僚の稲葉篤紀や鶴岡慎也らにサヨナラヒットを打った打者に通常掛けられるはずのミネラルウォーターではなく、たまたま手に持っていたコーラをかけられてしまい、ヒーローインタビューで「コーラ臭いですよ!」と叫んだ。その後、試合中継を見ていた北海道コカ・コーラボトリング社がそのかけられたコーラ製品が「コカ・コーラ」だった事に喜び、社長が自ら出向き稲田と稲葉に感謝状を贈るというシーンが展開される一幕もあった。
なお、この一件以降チームの選手サヨナラ打を打つと必ず誰かがコーラをかけることが恒例となっている。
北海道での人気は高く、FFFFF(HTB)にてローソンとのコラボレーションにより故郷広島の食品をプロデュース弁当なまら最高じゃけんのぅシリーズを発売した。ぞっこん!スポーツ(STV)では稲田のミニコーナー『Go5(Go)直人』もある。尚UHBでもタカアンドトシのどぉーだ!やFの炎に出演経験がある。
2008年、ファンフェスティバルで開催されたJR北海道プレゼンツ卓球王座決定戦にて、森本稀哲との決勝戦でデュースに次ぐデュースの末下し、初代卓球王座に輝いた。尚、この試合で準決勝をかけた2回戦で地元の後輩である中田翔と対戦し勝利、ヒロ福地から『空気が読めない』と言われる。12月15日札幌グランドホテルで、プロ野球界初となる球団マスコットBBのディナーショーが開催され、稲田本人が特別友情出演し、BBのピアノ伴奏でクリスマスソングを熱唱した。

背番号
54 (2004年 - 2007年)
5 (2008年 - 2009年)
32 (2010年 - )

個人記録
初出場:2006年6月18日、対広島東洋カープ6回戦(札幌ドーム) 9回裏に代走
初安打:2006年7月1日、対東北楽天ゴールデンイーグルス9回戦(札幌ドーム) 8回裏無死、二塁打、投手:一場靖弘
初打点:2006年7月6日、対オリックス・バファローズ10回戦(札幌ドーム) 8回裏二死、投手:歌藤達夫
初先発出場:2006年7月9日、対西武ライオンズ11回戦(インボイスSEIBUドーム) 七番・三塁手
初盗塁:2008年7月12日、対福岡ソフトバンクホークス13回戦(札幌ドーム) 7回裏一死、投手:陽耀勲、捕手:高谷裕亮


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.