SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

坂元弥太郎

坂元 弥太郎(さかもと やたろう、1982年5月24日 - )
横浜ベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)。


経歴

プロ入り前
広島県広島市で男ばかり四人兄弟の第二子として生まれ、埼玉県川口市で育つ。中学卒業直前に実母が胃癌で逝去(享年44)。

浦和学院高校時代では1年の夏からベンチ入りし、2年生の夏からエースナンバーを背負うが、その緊張もあってか当時は公式戦や練習試合でも打ち込まれてしまう事が多く、選抜出場を目指して迎えた秋季大会でも早々と敗退してしまった。

3年時(2000年)は春季大会で埼玉栄高校に打ち込まれ敗退したが、夏の大会で一変し、急成長を遂げ夏の甲子園に出場。埼玉県大会決勝では中里篤史を擁して優勝候補筆頭だった春日部共栄高校をサヨナラで降した。なおこの時のサヨナラの中前打で本塁を陥れたのは坂元で、非凡な走塁も見せている。

甲子園でも滋賀県立八幡商業高校戦で1試合19奪三振(56年ぶりのタイ記録)を記録した。2回戦で福岡県代表の柳川高校に敗れたが、それでも16奪三振という投球を見せた。同年秋、ドラフト4位でヤクルトスワローズに入団した。

プロ入り後
1年目の2001年は二軍で先発投手として起用され、6勝6敗、防御率3.15の成績を残したが、一軍登板はならなかった。

翌2002年になると開幕一軍メンバーに選ばれ、4月3日に一軍初登板。中継ぎで好投を続け、5月12日には初先発の座を勝ち取る。自身の誕生日5月24日にプロ初勝利。勝ち運に恵まれない中、最終的には3勝9敗ながら、100奪三振、防御率3.68の好成績を残した。第15回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出された。なお、6月13日の読売ジャイアンツ戦では、8回一死まで無安打に抑えながら元木大介に本塁打を打たれてノーヒットノーランを逃した。

2002年9月12日の阪神タイガース戦で先発登板したが、この試合は山部太が先発予定だった。間違えて翌日登板予定の坂元の先発登板が告げられ、急遽登板する事になったものである。

2003年には背番号11を与えられ、次代のエースとしての活躍を期待されるが不振に陥った。この年、平尾博嗣(埼玉西武ライオンズ)の従妹にあたる浦和学院高校の一期後輩の女性と結婚、後に女児を二人設けている。

翌2004年も一軍定着はできなかった。2005年、久々に開幕を一軍で迎えたが、4月半ばに右肩痛により一軍登録を抹消。8月には足首を手術。

2006年に背番号を45に変更。主に中継ぎで一軍30試合、二軍25試合に登板する。ただし先発としては8月18日の阪神タイガース戦で2回持たず8失点と乱れ、翌日には二軍降格を命じられた。

2007年は開幕から二軍で主に抑えとして好投。これが評価され8月3日に約1年ぶりに一軍に昇格。しかし一軍ではパッとせず、程無くして二軍に逆戻りする事になった。その後も二軍で抑えを務め続け、45試合で防御率2.03、イースタン・リーグ新記録となる18セーブで最多セーブ投手のタイトルを獲得した。

2008年1月18日に、川島慶三、橋本義隆、押本健彦との交換トレードで、藤井秀悟、三木肇と共に北海道日本ハムファイターズへ移籍した。キャンプ・オープン戦では好調を維持し、開幕一軍の座を確保。開幕2試合目の3月22日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦の7回表、同点の場面で先発した藤井の後を受けて移籍後初登板したが、コントロールが定まらず敗戦投手となる。しかし以後は立ち直り、主に負けている状態で試合を建て直す役割を与えられ、シーズン自己最多を上回る6勝をマークする活躍を見せている。

2009年11月26日に、加藤武治、松家卓弘、関口雄大との交換トレードで、稲田直人、松山傑と共に横浜ベイスターズへ移籍した。

背番号
63 (2001年 - 2002年)
11 (2003年 - 2005年)
45 (2006年 - 2007年)
30 (2008年 - 2009年)
13 (2010年 - )

個人記録
球成績
初登板:2002年4月3日、対広島東洋カープ2回戦(明治神宮野球場) - 延長12回表に8番手として救援、打者:野村謙二郎
初奪三振:2002年4月9日、対読売ジャイアンツ1回戦(東京ドーム) - 6回裏二死、打者:清原和博
初先発:2002年5月12日、対広島東洋カープ8回戦(長崎県営野球場)
初勝利:2002年5月24日、対横浜ベイスターズ6回戦(明治神宮野球場)
初完投・初完投勝:2002年9月18日、対広島東洋カープ22回戦(明治神宮野球場)
初完封勝:同上
打撃成績
初安打:2002年9月12日、対阪神タイガース27回戦(明治神宮野球場) - 投手:藤田太陽


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.