SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

篠原貴行

篠原 貴行(しのはら たかゆき、1976年9月7日 - )
横浜ベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)である。


プレースタイル
若手の頃はキレのある速球中心の豪快な投球であったが、故障により一度フォームを崩してからはスライダーを主体に変化球で打ち取る技巧派へ転身している。左のワンポイントリリーフで起用されることが多い。

経歴
広島県広島市生まれ、福岡県福岡市育ち。幼少期よりぜんそくに悩まされ、小学4年生次より体力をつけるためにと両親が勧めた野球を始める。地元のダイエー(現ソフトバンク)を逆指名し1997年ドラフト2位で入団。細身の身体ながら、キレのある速球一本で打者を抑え込む投球で1年目から頭角を現し51試合に登板した。

2年目の1999年にはセットアッパーとして活躍。キレの良い速球は「わかっていても打てない」と言われた。また勝利投手の権利を先発から取ってしまうことが多く、同僚の工藤公康からは『死神』とあだ名された。9月25日、リーグ優勝を決めた対日本ハム戦で中継ぎ登板のみでの14連勝を記録した。同年ルーキーの松坂大輔と最多勝を争っていたが、消化試合の近鉄戦でかつてホークスに所属した山本和範の現役最終打席に決勝ホームランを打たれて敗戦投手になり、勝利数では松坂に及ばなかった。シーズン60試合に登板し防御率1.25、14勝1敗で最高勝率のタイトルを獲得。ダイエー初のリーグ優勝、日本一に貢献した。

2000年にもセットアッパーとして活躍、9勝を挙げてチームのリーグ連覇に貢献した。同年オフに先発転向に挑戦。王貞治監督や尾花高夫コーチからは「中継ぎの方が向いている」と反対されるが、本人の意向で先発転向の為にチェンジアップの習得に励む。しかしチェンジアップの習得から投球フォームを崩し、怪我で離脱。公式戦では先発していない。

2003年シーズン後半、抑え投手を固定できないチーム事情もあり再びリリーフで一軍定着。岡本克道とのダブルストッパーとしてチームのリーグ優勝、日本シリーズ制覇に貢献した。かつての速球で押す投球からスライダーなど変化球を駆使し、防御率2.32、10Sと安定した投球を見せた。9月30日の千葉ロッテ戦(千葉マリン)で胴上げ投手になっている。

2004年、2005年は故障などでほとんど登板できなかったが、2006年からは三瀬幸司・馬原孝浩の台頭もあり、再び中継ぎ投手として活躍している。

2006年7月5日の西武戦(ヤフードーム)では延長12回裏2死の場面でフリオ・ズレータの代走として出場(控えの野手を全て使い切ったため)。またこれが王監督休養前の最後の采配となった。

2009年、10月3日に戦力外通告を受けた。その後、横浜ベイスターズに入団することが決まった。

背番号
16 (1998年 - 2009年)

タイトル・表彰
最高勝率(1999年)
オールスターゲーム出場(1999年、2003年)

個人記録
初登板:1998年4月8日、対西武ライオンズ2回戦(福岡ドーム)、2回表に救援登板
初奪三振:同上、3回表にブライアン・ラービーから
初勝利:1998年6月20日、対近鉄バファローズ12回戦(福岡ドーム)、6回表に救援登板
初セーブ:1998年8月4日、対日本ハムファイターズ17回戦(福岡ドーム)
初ホールド:2005年9月24日、対西武ライオンズ19回戦(インボイスSEIBUドーム)


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.