SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

細山田武史

細山田 武史(ほそやまだ たけし、1986年4月29日 - )
横浜ベイスターズに所属するプロ野球選手(捕手)。


来歴

プロ入り前
小学校5年生の時に警察官の父親が転勤する都合でチームが移った際、たまたま休んでいた正選手の代わりに捕手を務め始めた。

鹿児島城西高校から早稲田大学スポーツ科学部に進学。2年生の秋にレギュラーの座を確保し、2007年春季リーグ戦首位打者・4季連続ベストナインに選ばれるなど、中心選手として活躍した。

細山田が3年生時に入学してきた斎藤佑樹ともバッテリーを組んでいたため、“斎藤佑樹の恋女房”と報道される機会も多かった。斎藤本人も細山田に厚い信頼を寄せていた。リーグ通算70試合出場、214打数60安打、打率.280、1本塁打、32打点。

2008年秋のドラフト会議で横浜ベイスターズに4位指名を受け入団。契約金5500万円、年俸1000万円(金額は推定)。

プロ入り後
2009年、新人ながら同期の松本啓二朗、山崎憲晴とともに開幕一軍入りを果たす。4月8日の巨人戦でプロ入り初ヒットとなる中越え二塁打を放つが、工藤公康とのバッテリーは5回で8失点、4被本塁打に終わった[1]。その後しばらくはFAで移籍してきた野口寿浩がスタメンマスクを被っていたが、野口は捕逸や許盗塁が多く、衰えが顕著だったため4月の後半からは細山田がスタメンで起用されるようになる。そして5月8日、9日の阪神戦での連続完封に貢献するなど、主にリード面で三浦大輔やライアン・グリンら投手陣や首脳陣の信頼をルーキーながら勝ち取った[1]。競争相手の野口はその後二軍に降格となり、細山田が事実上の正捕手となった。

しかし大矢明彦監督の休養で監督代行となった田代富雄が指揮を執るようになると、スタメン捕手には新沼慎二・武山真吾も起用することが多くなり細山田との併用になった。

2009年9月9日に怪我から復帰した新沼と入れ替わりで湘南シーレックスに降格。以降は2軍戦での負傷もあり1軍再昇格はならなかったが、ルーキーシーズンの細山田は横浜捕手陣で最も出場試合が多かった。 今後は打撃はもちろん、スローイングの確実性の向上が求められる。

プレースタイル
遠投120mの強肩。打撃ではスイングはそれなりの速さを誇っているが、初球から積極的に打ちにいかず、結果追い込まれて凡打、という打席が多い。このため現状では試合終盤のチャンス時に代打を出されることも多い。キャッチングやリードなど捕手としての評価は高く将来の正捕手として期待されている。

人物
明るい性格で、大学のチームメイトで、同じベイスターズに入団した松本啓二朗曰く「誰とでも仲良くなれるタイプ」と評されている。また彼とは早大の受験場で初めて会話を交わした人物で、一緒にゲームをするなど非常に仲が良い。

早稲田大学在学中に、入団当時の横浜監督であった大矢明彦の著書、『大矢明彦的「捕手」論』を読んで配球面などをリーグ戦の参考にしていたそうで、リーグ戦で非常に役に立ったと語っている。それ以来、大矢のことをとても尊敬しており、細山田自身も「大矢監督の分身としてグランドに立てるように頑張っていきたい」と語っている[2]。

横浜入団後の打席入場曲は鳥羽一郎の「兄弟船」。これは「亡き父が好きだった曲」という理由で決めたという。

背番号
36 (2009年 - )

個人記録
初出場:2009年4月4日、対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)
初安打:2009年4月8日、対読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム) 5回に福田聡志から中越え二塁打
初打点:2009年4月26日、対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)1回に由規から押し出し四球


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.