SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

三浦大輔

三浦 大輔(みうら だいすけ、1973年12月25日 - )
横浜ベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)。
リーゼントの髪型がトレードマークで、通称「ハマの番長」。


経歴
真菅北小学校時代、2人の弟と共に真北リトルズで活躍する。

橿原中学校卒。中学時代は、北大和シニアで野球をしていた。高田商高校では甲子園出場は無く、1991年の県大会は春・夏ともに決勝で谷口功一率いる天理高校に敗れる。

1991年ドラフト6位で横浜大洋ホエールズに入団。1993年9月4日、広島戦で初勝利。1995年から先発ローテーションに加わる。1997年は初の二桁勝利(10勝3敗)。翌1998年には12勝をあげ日本一に貢献した。2002年オフに2008年までの6年契約の複数年契約を結ぶ。6年の複数年契約は投手では最長記録である。

2004年はアテネオリンピックの日本代表として銅メダルを獲得。2005年、プロ14年目にして初のタイトル(最優秀防御率、最多奪三振)を獲得。4年ぶりの二桁勝利(12勝9敗)。2007年6月20日~7月27日、35イニング無失点で連続イニング無失点の球団記録更新(それまでの記録は平松政次の33回1/3)。2008年オフにFA宣言し、阪神タイガースが獲得に動いたが、残留を表明した。

人物

プレースタイル
武器は抜群の制球力と多彩な変化球で、かつてはスローカーブが特徴であったが、近年はカットボール、フォークであり、2005年にはシュートも会得。豊富なスタミナの持ち主で完投能力も高い。二段モーションの先駆け・代表格であったが、2006年以降の2段モーション禁止により、投球モーションの変更を余儀なくされた。直球も全盛期より多少威力は衰えたとはいえ、今でもコンスタントに145km/h前後記録する。

開幕戦未勝利
三浦は2009年時点で7回も開幕投手の栄誉にあずかっているが、結果は0勝7敗といずれも敗戦投手となっている。投球内容自体は好投している試合も多く、7連敗は打線の援護の無さが大きいという見方がある一方、開幕戦は通例両球団のエースと呼ばれる投手が登板するため、相手投手に力負けした結果でしかないという厳しい見方もある。開幕登板での7連敗はプロ野球記録である。

1999年 - 横浜スタジアムのヤクルト戦(相手投手:石井一久) 6回まで1-1の同点から7回に力尽きる。しかもこの年は開幕から6連敗を経験して、14試合目の登板で初勝利だった。さらに2ケタ勝利を逃し(9勝止まり)、トレードマークのリーゼントを切りスポーツ刈りにした。
2002年 - 広島市民球場の広島戦(佐々岡真司) 8回途中を2失点と好投するも援護に恵まれず。
2004年 - 明治神宮野球場のヤクルト戦(ジェイソン・ベバリン)7回を3本のソロ被弾で3失点、援護を得られず。
2005年 - ナゴヤドームの中日戦(川上憲伸) 0-0で迎えた9回裏、アレックス・オチョアにサヨナラ満塁本塁打を打たれる。この時は8回まで0点に抑えながら味方の援護がなかったことに加えて、9回裏に先頭の立浪和義を平凡なレフトフライに打ち取ったものを鈴木尚典が捕球できず後逸(記録は三塁打)、満塁策を取った挙げ句に本塁打を打たれたものであり、開幕戦における不運の象徴的な試合となった。
2006年 - 東京ドームの巨人戦(上原浩治) 初回に4失点、3回にも2失点し、4回を6失点でノックアウト。
2007年 - 横浜スタジアムの巨人戦(内海哲也) 高橋由伸にセ・リーグ初の開幕戦初球先頭打者本塁打を許すなど、逆風が吹き荒れる天候にも関わらず6回を3本のソロ被弾で3失点。
2009年 - ナゴヤドームの中日戦(浅尾拓也) 2年ぶりに開幕投手となるが和田一浩に2本塁打を喫するなど7回で計4本のソロ本塁打を許し4失点。7連敗で東尾修を抜きプロ野球記録となった。

エピソード
三浦は、小学校時代から弟剛と共にリトルリーグ真北リトルズ[1]で投手としてプレーをしていた。
エルヴィス・プレスリーにあこがれて始めたリーゼントスタイルの髪型から「ハマの番長」のニックネームを持つ。しかし、本人は不良というわけではなく、礼儀正しくまじめな性格であり、初めの頃はあまりこのニックネームを快く思っていなかった。
自著によると若手時代でのキャンプの帰り、スポーツ新聞のカメラマンに「バイクに跨ってくれ」とお願いされた。三浦は言われるままに宿舎前に置いてあったバイクに跨り、カメラマンの撮影に応じたが、翌日の新聞に「昔はバイクで140キロ出していました。今は投げて140キロ出せます」と銘打たれた三浦の写真が掲載された(ジャンクSPORTSでも語っている[2])。この写真を見て激怒した三浦は球団広報を通じて新聞社に抗議した。ところが番長のニックネームは着々と定着し、ある日の試合で横浜ファンの小さな女の子に「ばんちょー」と声をかけられたのを契機に番長のニックネームを受け入れる決心がついたとのこと。
登板日の朝に5分でセットする。
ちなみに「番長」のニックネームの元祖は、チームの先輩であり、福岡ダイエーホークスでも活躍した山崎賢一。
ベイスターズの実質的な番長は佐伯貴弘である。詳細は佐伯の項参照。
肝機能障害の持病をもっているため、夏場は大きく調子を崩してしまうことが多かった。
本人曰く、NANDA!?では西本聖が「シュートを覚えれば2桁はいける」というのを放送で見て以来シュートを覚えるようになり、2005年は2001年以来となる2桁勝利を果たした。
他の回のNANDA!?に出演した際に、二段モーションは予備動作的に1回足を上げる事で勢いがつき、2回目に足を上げる時は足をより高く上げる事ができ、その結果下半身のブレを減らし投球フォームを安定させるために行っているのであり、打者を欺くために行っているものではないと説明した。その説明を聞いた南原が二段モーションを試してみると、三浦の説明通りに下半身の安定を実感した。
幼少期は大阪の玉造で過ごし、実家の花屋の配達でオリックス・バファローズ監督の岡田彰布宅を訪れた事もある。岡田も地元でずば抜けた才能を持っていた三浦少年を評価しており、ドラフトで指名しなかった阪神球団に対し激怒したという。この縁で2008年にFA宣言した際、阪神から手厚いスカウトを受けるきっかけになった。
演劇集団キャラメルボックス所属の俳優、三浦剛は実弟。アテネオリンピック出場時には、当時キャラメルボックスで上演されていた公演のグッズであるタオルマフラーを使用していたこともある。また自身のラジオ番組に兄弟で共演を果たす。剛はプロ野球の始球式で投げたことがある。
新日本プロレスの蝶野正洋が率いるヒール(悪役)軍団「nWoジャパン」のメンバーとなり、鈴木尚典と共に蝶野の入場に随伴したことがある。また、同じくプロレスラーである橋本真也とも交遊があった。また魔界倶楽部の星野勘太郎総裁から、魔界18号と命名された。
エイベックス・ネットワークと野球以外の芸能活動に関するマネジメント契約を結んでいる。同会社所属のロックバンド、ロードオブメジャーの2007年2月7日にリリースしたシングル「PLAY THE GAME」のプロモーションビデオに出演。
2007年5月31日の「世界禁煙デー」において禁煙に成功し、タバコ問題に関して前向きな発言をしている著名人として「卒煙表彰」を受けた。
2007年6月9日の千葉ロッテ2回戦(横浜スタジアム)では成瀬善久と投げ合い、6回2死まで無失点の好投で3勝目をあげ、この年公式戦で成瀬に唯一投げ勝った投手となった。援護率の悪さもあってその試合前まで2勝6敗と伸び悩んだものの、その後上述の通り35イニング無失点で、連続イニング無失点の球団記録を更新するなど好調。最終的には負け越したものの11勝13敗と健闘し、自身6度目の2桁勝利を飾った。
2008年12月1日の「IZAゆけ!八木裕」で中日ドラゴンズの荒木雅博が苦手と発言。現に荒木は対三浦の打率が7割となっており、原因は全くわからないらしい。

オフタイム
球界でも屈指のプロレス好きとして知られ、チームメイトの鈴木尚典と共に、新日本プロレス・蝶野正洋の友人である。また、橋本真也と深く交流があり、橋本が40歳の若さで亡くなった2日後の2005年7月13日の広島戦の際に、登場曲を橋本の入場曲「爆勝宣言」に代えて登板(通常、入場曲は初回のみ流れるが、広島の了承を得た上で毎回流した)。無四球10奪三振と目覚しい投球内容で3年ぶりの完封勝利を飾り、お立ち台で涙ぐみながら橋本への想いを語った。
矢沢永吉のファンとしても知られる。
シーズンオフにテレビ出演する際、イメージにあわせてBGMには「ツッパリ系」の曲をリクエストすることが多い。
野球選手が老人・身障者ホームの慰問や小学校への訪問を行うことは珍しくないが、三浦は野球選手である自分が、地元に対して貢献できる事が何であるかを人一倍よく理解しており、そういった活動に特に率先的である。こうした社会貢献活動が評価され、第9回ゴールデンスピリット賞を授与されることとなった。
卓球が苦手らしく、ウッチャンナンチャンが司会を務めていた炎のチャレンジャーの正月特番で、共演していたスポーツ選手たちが入れ替わりラリーを続ける中、ミスを連発した。
上方漫才の大木こだまと親交がある。
関西ローカルの痛快!明石家電視台(毎日放送)にほぼ毎年ゲスト出演しており、三浦と何らかのかかわりのあるプロ野球選手と共に出演する。
2006年 小笠原道大(日本ハム・アテネ五輪でチームメイト)
2007年 門倉健(巨人・前年まで横浜でチームメイト)
2008年 関本賢太郎(阪神・同じ奈良県橿原市出身)

タイトル・表彰
最優秀防御率:1回(2005年)
最多奪三振:1回(2005年)
最高勝率(表彰対象ではない):1回(1997年)
最多完封勝利(表彰対象ではない):3回(2005年 - 2007年)
月間MVP:3回(2000年8月、2005年8月、2007年7月)
優秀JCB・MEP賞:1回(2005年)
第9回ゴールデンスピリット賞(2007年度)
スピードアップ賞(2009年度)
オールスターゲーム出場:3回(2002年、2004年、2006年)
オールスターゲーム優秀選手賞:2回(2002年第1戦・2006年第1戦)
オールスターゲームSANYO賞:1回(2006年第1戦)

個人記録
初登板:1992年10月7日、対読売ジャイアンツ26回戦(横浜スタジアム)
7回表から救援登板、2回無失点
初奪三振:同上、8回表に篠塚和典から
初勝利・初完投:1993年9月4日、対広島東洋カープ21回戦(北九州市民球場)
1000投球回:2000年9月10日、対広島東洋カープ24回戦(横浜スタジアム)
1回裏に東出輝裕を右飛で2アウトをとって達成 ※史上284人目
1000奪三振:2002年6月6日、対ヤクルトスワローズ8回戦(横浜スタジアム)
2回表に坂元弥太郎から ※史上109人目
1500投球回:2004年6月19日、対中日ドラゴンズ13回戦(ナゴヤドーム)
※史上152人目
100勝:2006年5月9日、対東北楽天ゴールデンイーグルス1回戦(横浜スタジアム)
先発で8回2失点 ※史上119人目
1500奪三振:2006年6月18日、対西武ライオンズ6回戦(インボイスSEIBUドーム)
6回裏に和田一浩から ※史上47人目
2000投球回:2007年3月30日、対読売ジャイアンツ1回戦(横浜スタジアム)
6回表に小坂誠を投ゴロで1アウトをとって達成 ※史上36人目
2500投球回:2009年9月21日、対阪神タイガース22回戦(横浜スタジアム)
2回表に安藤優也を捕邪飛で2アウトをとって達成 ※史上44人目
2000奪三振:2009年10月3日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム)
4回表に堂上剛裕から ※史上19人目

背番号
46(1992年 - 1997年)
18(1998年 - )
17(2004年 アテネオリンピック時 )

著書
横浜ベイスターズ三浦大輔の心・技・体(ベースボール・マガジン社) 2006年・11月 ISBN 4-583-61424-1
打てるもんなら打ってみろ!(ロングセラーズ) 2008年・6月 ISBN 4-8454-2119-4


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.