SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

補強が凄い勢いの横浜について…w

さて今オフの補強が著しい横浜ベイスターズに関して個人的感想を綴ってみようと思います…

まず今シーズンの開幕オーダーが…

1 (中) 松本啓二朗
2 (二) 仁志敏久
3 (一) ジョンソン 左
4 (左) 内川聖一
5 (右) 吉村裕基
6 (遊) 藤田一也
7 (捕) 野口寿浩
8 (三) 山崎憲晴


こんな感じで、後半のオーダーは

1 (中) 金城龍彦
2 (二) 藤田
3 (左) 内川
4 (三) 村田修一
5 (一) 佐伯貴弘
6 (右) 吉村
7 (遊) 石川雄洋
8 (捕) 武山真吾

こんな感じですかね?

村田がWBCの関係で出遅れた事を差し引いても名前だけを見た感じで昨シーズンの首位打者と本塁打王が並んでる打線ですから相手の投手も気が気ではないでしょうね。

続いて今シーズンを通してほぼ出場し続けた藤田が大きな収穫の一つかと。

守備に関しては内野をほぼ全て守れる利便性の高さと安定性、打率に関しても300打席を超えて2割後半と最低限はクリアしている状態です。

まぁ欲を言えばもう少し四球等を選べる様になって出塁率を上げれれば良い2番打者になるかなと。その上で盗塁なんかを出来る様になれば1番に固定したい選手なのかな。と思います。

このチームは3番内川、4番村田と主軸の球界トップクラスの打者が名を連ねているので周りを如何に固めるかがポイントだと思うのですが、その中で先述の藤田の使い方、成長と今シーズンは不調だった吉村の復調具合が気になるところです。

吉村に関しては2008年こそ大ブレークした様に見えますが元々、三振の少なくない打者ですので主軸というより6番7番あたりを打たせる事が出来ればもっと活きる打者なのかなとも思いますが、チーム事情がそうはさせませんでした。

そんな中、今オフの横浜は未だかつてない程の補強への姿勢を見せており、既にFAのロッテ・橋本将、ロッテ清水直行那須野巧斉藤俊雄のトレード、加藤武治松家卓弘関口雄大稲田直人坂元弥太郎松山傑のトレード、ソフトバンク・篠原貴行、元ロッテ・杉原洋の両名の獲得と既にこれだけの補強をしており、スレッジもほぼ内定の状態です。

さらにカスティーヨを獲得する予定もあるとかないとか・・・敵ながら素晴らしい動きっぷりですね!!

しかもこのカスティーヨなのですが、メッツのルイス・カスティーヨと勘違いしていた私は
「おいおい!!こんなん来たらクリーンアップ最強すぎるやろ!!スレッジ取る必要ないやん!!」

とか思ってたのですが、実はホセ・カスティーヨでした。っていう・・・w

誰やねんそれ!?と思い調べたトコロ身体能力は高いが色々と荒削りといった感じの元阪神のバルディリスの様な選手みたいです。

まぁそんな感じでカスティーヨまでを含めて来期のオーダーを勝手に予想してみたいと思います。

1 (中)金城
2 (遊)藤田
3 (一)内川
4 (三)村田
5 (左)スレッジ
6 (右)吉村
7 (二)カスティーヨ
8 (捕)橋本

と言った感じでしょうか…

まず内川スレッジの守備に関してはどちらがどちらかは読めませんがスレッジがレフトのイメージ強いんでそれでw

1番、悩んだのが1番打者なんですけど、横浜を見渡した感じで1番に当てはまる選手って少なくないですか?

確かに昨年のドラフトで取った松本なんかは適正的には悪くないですけどまだ成長段階ですし、藤田は先述の状態。

ってなると金城しかいないんですよね…

7番に置いたカスティーヨあたりが安定した出塁率を誇る様になれば1番もありかも知れませんが過去データを見ている感じでは打ちたい感じの選手で三振が多く四球が多い出塁率の低いタイプなんですよね。

クリーンアップが固定され下位打線に吉村、橋本が控えている状態で凄く理想に近い打順が組めるのでほんとに1番2番の出塁率次第で打線は過去のダイナマイト打線を越える可能性を秘めていると思います。

控えに関してもトレードで獲得した稲田がユーティリティーな存在で内野を全て守れる選手ですし下園辰哉石川雄洋細山田武史山崎と楽しみな逸材も少なくありません。

続いて投手陣です。

まずは先発ローテーションは

三浦大輔以外に年間通じてローテーションを守りきったと言えそうな投手がいない状態でしたが後半加入したランドルフの目処がたった上で左腕なのが大きいです。

そこにロッテから清水直行を獲得し先発が3枚となっているのですが、実はこの後が続いてない様に見えます。

寺原隼人吉見祐治藤江均桑原謙太朗吉川輝昭などなど…素材はいますが安心は出来ない状態かと…

まぁその分、中継以降の経験者の補強は進んでいる様で篠原貴行坂元弥太郎を獲得しましたが加藤武治工藤公康が出て行っているので数的には+-ゼロかと…

今年は投手力の差がもろに出た気がするんですがそこの補強があまり進んでない様に感じます。

まぁ打線は水物ですので蓋を開けるまでは解りませんが投手力はある程度、安定性のあるものなのでこのままでは来年も横浜は…



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.