SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

岡島秀樹

岡島 秀樹(おかじま ひでき、1975年12月25日 - )は、ボストン・レッドソックスに所属するプロ野球選手(投手)。京都府京都市伏見区出身。血液型はO型。

愛称は日本では「オカジ」、アメリカでは「Oki(e)(オーキー)」「Oka(オカ)」。背番号は37。

目次 [非表示]
1 人物
2 経歴
2.1 プロ入り前
2.2 巨人時代
2.3 日本ハム時代
2.4 レッドソックス時代
3 年度別投手成績
4 タイトル・表彰・記録
5 背番号
6 独特の投球フォーム
7 エピソード
8 関連項目
9 脚注
10 外部リンク


人物 [編集]
1995年から2005年まで、読売ジャイアンツに在籍し、スターター、セットアッパー、クローザーとして活躍した。2006年に北海道日本ハムファイターズへ移籍し、優勝に貢献。同年末にFA権を行使し、ボストン・レッドソックスと契約。

投げる際、リリースの瞬間にキャッチャーを見ないという独特の投球フォームで知られている、使い減りしない左腕リリーフ投手である。かつては、ドロップ(縦割れカーブ)が軸の投手だったが、メジャーリーグではオキ・ドーキー(Oki-Doke)と呼ばれるチェンジアップを多投するようになる。家族は、フリーアナウンサーの栗原由佳夫人と1男1女。

経歴 [編集]
美豆小学校・大淀中学校・東山高卒業。

プロ入り前 [編集]
京都の東山高に所属し、2回選抜に出場(92年、93年)。最高で142km/hの球速を計測するも、制球難から自滅するケースが多く、甲子園を去っている(最高はベスト16)。93年は国士舘高相手に、初回いきなり死球・四球・暴投と完全に一人相撲で敗れてしまう形であった。

巨人時代 [編集]
1993年にドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。球威ある変則フォームの軌道から、大きく揺れ落ちるカーブと、148キロ前後の速球を武器に台頭。

1996年5月7日に、プロ初勝利を挙げた。その試合のウイニングボールを持って帰ろうとしたが、来日後初セーブを記録したマリオ・ブリトーもそのボールを欲しがったため、2人で話し合いが行われ、「マリオがセーブを記録したことをボールに記入する」という条件付きで、岡島が譲り受けた。1997年開幕前の燦々会で長嶋監督から注目の若手として斉藤宜之と共に大々的に紹介され初の開幕一軍を果たし6番目の先発投手としてローテーション入りを果たした。その後、先発ではあまり結果が出なかったため中継ぎとして起用されることが多くなった。

1999年8月31日の対中日ドラゴンズ戦1回表ツーアウト[1]の場面、先発の斎藤雅樹が怪我のため降板し、2番手として登板。その後9回まで投げ抜いて0点に抑えた。これにより1試合最多リリーフポイント4.15を記録した。

2000年にはクローザーとして優勝に貢献し、2001年にも抑えを務めた。球威ある速球と「空振りを取れるカーブ」を絶賛される反面、制球難からくる被打率・防御率の高さを指摘されていた(2002年までチームメイトとして巨人に在籍し、メジャーリーグで対戦した松井秀喜も、「あそこまでコントロールのいいイメージはなかった」と評している)。

2002年以降はセットアッパーに回り、球速を140キロ前後に抑えながらも制球を重視したフォームに修正、四死球も半分近くに減少する。しかし持ち味の球威が不足し、頼みのカーブの効果も減少するなど悪循環に陥り、新球を試すなど試行錯誤を繰り返した。

2006年3月24日の開幕直前に實松一成、古城茂幸両選手との1対2の交換トレードで北海道日本ハムファイターズへの移籍が決まった(巨人河本育之⇔日本ハム中村隼人(隼人)以来2年半ぶりの巨人と日本ハムのトレード)。

日本ハム時代 [編集]
4月25日に一軍に昇格。札幌ドームなどパリーグの大型球場を戦場としたことで、制球重視フォームのデメリットだった球威不足が劇的に解消されることになる。前年2桁を記録した被本塁打は半分に減り、奪三振率、被打率、与四球率も良化。巨人時代にもなしえなかった防御率2.14の好成績を残した。

1年でFAを取得する選手の獲得には疑問視する声も日本ハムにはあったが、シーズン中盤以降は右のセットアッパー武田久とともに主に7~8回を担当する左のセットアッパーとして、チームの優勝および日本一に貢献した。

レッドソックス時代 [編集]
2006年オフFA権を取得・行使し、11月30日にボストン・レッドソックスと2年契約を交わす。契約内容は2年250万ドルで、3年目については球団側が175万ドルの選択権(2年間で計115試合登板すると自動的に選択権が行使)を持つ。しかし、アメリカのメディアは「松坂の話相手」と評し、岡島の評価は低かった。日本時代の岡島は、大きく縦に割れるカーブを武器にしていたが、メジャーの滑るボールではカーブがコントロール出来ずに、新たにチェンジアップを習得する[2]。

4月2日、開幕戦のカンザスシティー・ロイヤルズ戦カウフマン・スタジアムがメジャーデビューとなった。最初の打者ジョン・バックに初球本塁打を打たれた。これはメジャー史上7人目である。(ワールドシリーズ第4戦でもホームランを打たれており、シーズンの初球と最後の投球でホームランを打たれるという珍記録を作った)この被弾から岡島は短期間でカットファストボールを習得する。その後は制球が安定し、5月22日まで19試合連続で無失点に抑えた。4月、防御率0.71の好成績でア・リーグ月間最優秀新人賞を獲得。日米を通じて初の公式タイトル受賞。

6月2日、ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初勝利。オールスター前まで13試合連続無失点で折り返す。7月、MLBオールスターに最終インターネット投票(32人目)で選出されるが、登板機会は無かった。7月19日に失点し、連続無失点が15試合でストップ。8月以降は失点する試合が増える。9月のヤンキースで4失点された後、ポストシーズンに備え休養を与えられた。半月後のミネソタ・ツインズ戦に復帰登板し、2試合連続無失点に抑え、最終的にシーズン最多登板の66試合3勝2敗5セーブ防御率2.22でレギュラーシーズンを終えた。

ポストシーズンは、ワールドシリーズ第3戦マット・ホリデーに本塁打を打たれるまでは無失点に抑えるなど、ワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。特にアリーグ優勝決定戦第7戦では、松坂大輔の後に6回から2番手で登板し、1点差を死守し、この試合の公式MLBのインパクト・プレイ・オブ・ザ・ゲームに選ばれた。ワールドシリーズ第2戦では、6回1死1, 2塁からカート・シリングの後2番手で登板し、2回2/3を無安打無失点4三振で完璧に抑えた。また、この試合の全米スポーツ番組が選ぶプレイ・オブ・ザ・ゲームに選ばれた。

ア・リーグ3位の27ホールドを記録、走者を置いたときの被打率はリーグ2位の.168だった。オフには、MLB公式ウェブサイトによるファンが選ぶ最優秀セットアップ投手(得票率45%。2位はジャバ・チェンバレンの16%)に選ばれた。

2008年新球「ドキドキボール(ツーシーム系)」を開発してオープン戦で投げるが、このボールが災いして手首を痛めてしまう。3月26日、東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕戦で勝利投手となる。5月には手首の痛みが悪化し、ストレートは球威が無く、チェンジアップは変化せず、月間防御率9.64と打ち込まれ、ブルペンでの信頼を失う。しかし、6月からは、前述のとおり封印していたカーブの握りをメジャー球に対応すべく改良して使用したり、投球フォームに緩急を付けて打者のタイミングを外したりするなど工夫を重ね、徐々に成績が向上。後半戦からは手首の痛みも和らぎ、ブルペンの信頼も回復し、ピンチでの登板も増えた。結果的にはシーズン防御率2.61とまずまずの成績をおさめた。手首痛の原因は疲労性腱炎と診断されたため、11月から投球行為は自粛している。

2009年15試合連続無失点を記録するなど好調だった。しかし、結局は防御率3.39と去年より悪い成績となったが、6勝0敗とセットアッパーとして君臨。ポストシーズンではエンゼルスとの第3戦、9回表逆転された場面より登板し、打者一人を抑えた。 ドジャースから移籍した斎藤隆とのリレーもあった。

年度別投手成績 [編集]

度 球
団 登
板 完
投 完
封 無

球 勝
利 敗
戦 セ

ブ 勝
率 投

回 被

打 被


打 与

球 与

球 奪

振 暴
投 ボ

ク 失
点 自

点 奪


率 防


1994年 巨人 一軍登板なし
1995年 1 0 0 0 0 0 0 .000 5.0 5 0 2 0 9 0 0 1 1 16.20 1.80
1996年 5 0 0 0 1 0 0 1.000 12.2 13 0 9 1 8 1 0 2 1 5.90 0.71
1997年 25 2 1 0 4 9 0 .308 109.1 92 7 59 4 102 3 0 47 42 8.41 3.46
1998年 14 0 0 0 3 6 0 .333 62.1 61 7 32 2 54 3 1 31 30 7.83 4.33
1999年 37 0 0[3] 0 4 1 0 .800 69.2 42 6 28 3 77 3 0 25 23 10.01 2.97
2000年 56 0 0 0 5 4 7 .556 72.1 53 4 31 2 102 5 0 26 25 12.73 3.11
2001年 58 0 0 0 2 1 25 .667 62.0 62 5 39 2 70 2 0 21 19 10.16 2.76
2002年 52 0 0 0 6 3 0 .667 55.2 42 8 22 3 58 4 0 21 21 9.46 3.40
2003年 41 0 0 0 2 3 0 .400 38.2 45 6 20 1 29 1 0 22 21 6.83 4.89
2004年 53 0 0 0 4 3 5 .571 46.2 33 5 20 1 53 2 0 16 16 10.32 3.09
2005年 42 0 0 0 1 0 0 1.000 53.0 55 10 19 4 56 1 0 31 28 9.51 4.75
2006年 日本ハム 55 0 0 0 2 2 4 .500 54.2 46 5 14 1 63 6 0 14 13 10.46 2.14
2007年 BOS 66 0 0 0 3 2 5 .600 69.0 50 6 17 1 63 0 0 17 17 8.22 2.22
2008年 64 0 0 0 3 2 1 .600 62.0 49 6 23 1 60 2 0 18 18 8.71 2.61
NPB:13年 439 2 1 0 34 32 41 .515 642.0 549 63 295 24 681 31 1 257 240 9.55 3.36
MLB:2年 130 0 0 0 6 4 6 .600 131.0 99 12 40 2 123 2 0 35 35 8.45 2.40
日米通算 569 2 1 0 40 36 47 .526 773.0 648 75 335 26 804 33 1 292 275 9.36 3.20

タイトル・表彰・記録 [編集]
月間新人MVP 2007年4月(MLB)
NPBオールスターゲーム出場 3回 (2000年、2001年、2002年)
MLBオールスターゲーム選出 1回 (2007年、出場機会無し)
MLB公式ウェブサイトにおけるファン投票による最優秀中継ぎ投手[4] 1回(2007年)
背番号 [編集]
37(1994年 - 1997年、2007年 - )
28(1998年 - 2005年)
40(2006年)
独特の投球フォーム [編集]

岡島の投球フォーム。
これはリリースの直前であるが、顔はほぼ真下を向いている。岡島の投球フォームはボールがリリースされる瞬間に顔を下に向けてホーム方向を見ずに投げる独特な投法である。ただし、リリース前と後にはホームベース方向を向いている。これは、それぞれ投球方向の確認と、打球がピッチャーへ飛んで来た場合前を見ていないと危険であるため。
このフォームを編み出したきっかけは高橋陽一の漫画「エース!」で、主人公の相羽一八が投球する際に帽子が脱げ落ちることに感化され、帽子を落とすために編み出した投法だった(岡島もインタビューの際には必ずこのエピソードを話している)。この為、2007年「エース!」の文庫本発売の際にはPRに一役買っている
様々なコーチが実務レベルで岡島の特異なフォームを矯正・修正しようと取り組んだが、結局フォームの改造は成功しなかった。その後、投手コーチに就任した鹿取義隆は岡島のフォームを「子供の頃、石ころを投げていたときからのフォームだ。今更変えられないし、彼にとって一番いい投げ方」と評し、悪いコントロールの原因とされたフォームのまま才能を伸ばす方針を取った。結果、球を投げる瞬間に腕をできるだけ地面と垂直の位置にするリリースポイントのコツを掴み、変則投手として大成した。
独特なフォームについて、福本豊は「あっち向いてホイ投法やね」、元チームメイトのJ.C.ロメロは「彼は自動操縦だな(He's on autopilot, man.)」、アレックス・コーラは「彼の目は首についてる(His eyes are in his neck.)」と言っている。星野仙一は「あんな投げ方でようストライクが入るね」。巨人時代の元監督堀内恒夫は「子供は真似しちゃいけません」と解説で発言している。角盈男は「バッターからするとどこに飛んでくるかわからない、ぶつけられるかもしれない、恐怖心を煽るフォーム」と指摘している。ボストン時代の監督テリー・フランコーナは、「あんな投げ方でコントロールできるのか?」と聞きそびれているうちに、本人が実績を残し聞くに聞けなくなったという。
投球開始前、帽子を取り中に書かれている夫人からのメッセージを見つめ、気持ちを集中させている。
チームメイトの捕手・ジェイソン・バリテックは、SHEILAからのインタビューで「岡島(秀樹)さんみたいな(独特な)投げ方って捕球しにくくない?」という質問に対して、「大丈夫だよ、ミットめがけて投げているから(笑)」とユーモラスにコメントしている。[5]
エピソード [編集]
この節に雑多な内容が羅列されているので、本文として組み入れるか整理・除去する必要があります。(2008年3月貼付)

由佳夫人とは、2000年の日本シリーズ(10月28日)の後のビールかけの取材の際に出会った。同年の日本シリーズで、20世紀最後の胴上げ投手となっている。そして、その同じ日の1年後には由佳夫人と結婚し、更に7年後には、ワールドシリーズを制覇した。
スポーツ雑誌のインタビューで「野球はお仕事。単なる就職先であって、メジャー挑戦も海外転勤という感じで捉えている」と語るなど、若干ドライな一面を持つ。レッドソックス入団を決めたのも、「本当は生活面を考えると日本の球団でやりたかったのだけど、FA宣言をしてもあまりいいオファーをもらえなかった。そこへレッドソックスからいい条件提示があったので、やってみてもいいかなと思った」というビジネスライクな理由であった。後にテレビ出演した由佳夫人も夫のメジャー移籍に関して「(メジャーに)行きたくても行けない人がいる中で、この人が行っちゃってもいいんだろうかと思った」と笑いながら振り返っている。その後、メジャー3年目の始動の際に、「日本もいいけど、家族のサポート面を考えればメジャーがいい。ボストンが好きなので残れれば1番」と来年以降もメジャーでのプレーを希望している。
SMAPの中居正広と歯医者が一緒である。
巨人時代は「タクシー代がもったいないから」という理由で、一軍定着してもしばらくは合宿所から電車で東京ドームに通っていたという。[6]
2001年6月26日、日本ハムの本拠地である札幌ドーム初の公式戦対中日でセーブを記録した。
オールスターゲーム・ファン投票で2001年からクローザー部門が創設され、最初に選出された。
巨人時代のチームメイトの桑田真澄を、オーストラリア・ケアンズでの自主トレに毎年同行するほど、尊敬している。もともとは左の先発候補として球団が桑田に指導を託していた投手のため、中継ぎとして伸び悩んでいた頃、桑田ファンからは先発転向を期待する声も多かった。
短期間で現在の決め球を習得しているように、試行錯誤を繰り返していた2004年にはチェンジアップ(現在の決め球とは投げ方が違う)をアレンジし、「沈むシュート」として使うなど、技術は柔軟な投手。自主トレの取材でも、桑田の持ち球を同様に投げ、2人でMLB公式球の曲がりを確かめるような映像が残っている。
日本ハムの入団会見では「監督はじめSHINJO選手などファンサービスに積極的な球団、日本ハムに移籍で関西系のノリで自己表現できれば」と語る。
(同じ変則左腕で2006年まで日本ハムに在籍した)楽天イーグルス吉崎勝は高校の後輩に当たる。
MLBデビュー当初は、通訳が付いていなかったが、月間新人MVPを獲得した活躍によって5月から専属通訳が付くようになった。通訳はジェフ山口である。
2007年7月17日のデイリースポーツを逆取材し、阪神のジェフ・ウィリアムスを「自分より凄い」「実は僕、阪神ファンなんで頑張ってほしいですよ」と絶賛した。
2007年9月から本拠地フェンウェイパークでマウンドに上がる際に曲がかけられるようになり、『Okajima Oki-Doke』(オカジマ・オキドーキー)という地元ファンでバンドのTATAMI(ジェフ山口通訳の友人でもある。)が作ったアップテンポのテクノ調リズムの曲[7]で、本人も「僕も歌っちゃう感じ。音楽で皆を元気づけることができれば、いいんじゃないですか」と大喜びであった。また、対戦相手として聞いた松井秀喜は「笑ってしまう」と発言していた。
日本人投手で初めてワールドシリーズの登板が実現した。また、同日に日本人同士の初対戦も実現した。(対戦相手は、松井稼頭央。結果は、空振り三振。)更に、日本人で初めて日本シリーズとアジアシリーズ、ワールドシリーズ制覇を経験した。
2007年の活躍で日本プロ野球在籍時より知名度は飛躍的に向上し、2007年年末年始の時期にテレビ出演に消極的な松坂とは対照的にNHK『第58回NHK紅白歌合戦』の特別審査員を始めとして多数の番組に出演した。
2008年、友人とホノルルマラソンに出場。25キロ地点から休憩を挟みながらも6時間8分35秒で完走した。「ワールドシリーズに出場できなかったら参加する」と約束しており、シーズンオフから練習を積んでいたという。
インタビューや番組出演において、『本当に(ね)…』とよく言うのが口癖である。
関連項目 [編集]
ウィキメディア・コモンズには、岡島秀樹に関連するカテゴリがあります。京都府出身の人物一覧
読売ジャイアンツの選手一覧
北海道日本ハムファイターズの選手一覧
日本人メジャーリーグ選手一覧
日本人メジャーリーガーが獲得したタイトル・表彰一覧
小田幸平 -中日ドラゴンズ在籍。 岡島と共に桑田の自主トレに必ず同行した。
エース! - 投法の元になった作品。
脚注 [編集]
[ヘルプ]
^ http://www.npb.or.jp/CGI/cl/kiroku_put.cgi?id=00129&type=1
^ 「変化球握り大図鑑 チェンジアップ 岡島秀樹」 『週刊ベースボール』2009年6月22日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20444-6/22、14頁。
^ http://bis.npb.or.jp/players/51353889.html
^ http://boston.redsox.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20071217&content_id=2328549&vkey=news_bos&fext=.jsp&c_id=bos
^ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/column/200707/at00014054.html
^ 週刊ベースボール誌・石田雄太「閃・球・眼」
^ http://umpbump.com/press/okajima-okie-dokie/

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.