SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

虎 03年米ドラ1・マートン外野手獲得へ

 阪神が、来季新外国人として米大リーグ、ロッキーズのマット・マートン外野手(28)と獲得交渉を進めていることが8日、分かった。ロ軍が同日、マートンを阪神球団に放出することを発表。阪神サイドは、交渉が正式成立していないため慎重な姿勢をみせたが、すでに担当者が最終交渉のために渡米しており、順調なら近日中にも正式契約となる運びだ。
  ◇  ◇
 来季新外国人補強を本格化させた阪神が、左右の中継ぎ投手獲得と同時進行で、右の外野手獲得を進めていることが明らかになった。
 この日、米大リーグのロッキーズがマット・マートン外野手の阪神入団を発表した。ロ軍公式ホームページでも「マートンとの契約を日本の阪神タイガースに販売した」と伝えている。
 これに対し、阪神・沼沢球団本部長は、外野手補強を進めていることは認めた。ただし、ロ軍の発表について「それは正確ではありません」とあくまで正式決定でないことを強調。どうやら、ロ軍側の発表がフライング気味だったようだが、同本部長は「向こうには、向こうのやり方がありますから。外国人に関しては、うちのほうから進展があれば発表します」と話した。
 ただし、マートン獲得の進捗状況については「担当者が7日に渡米しているので、交渉が進んでいるのは確かですけどね」と話し、今後の交渉が順調に進めば今週中にも阪神・マートンが誕生することになりそうだ。
 マートンは03年にドラフト1巡目で将来を嘱望されてレッドソックス入団。06年はカブスの主力として144試合に出場し、打率・297、13本塁打の数字を残している。今季まで、メジャー通算346試合で打率・286、29本塁打のアベレージヒッターだ。
 ロッキーズでプレーした今季は、メジャー出場は29試合にとどまったが、3Aでは97試合に出場、打率・324、12本塁打をマーク。29試合連続安打の“好打者”ぶりも発揮している。
 外野手補強に乗り出した経緯について、沼沢本部長は「ブラゼルが内野にいるので、野手を獲るなら外野。桜井、葛城、林らがレギュラーをとってくれるに越したことはないが、戦力に厚みが出るでしょう」と説明。赤星も含め、虎の外野戦争が、助っ人入団でさらに激しくなることに期待した。
 阪神は、ここ2年、右の助っ人外野手を補強したが、フォード、メンチともに、ほぼ戦力にならないままに解雇された経緯がある。その反省を踏まえて調査リストを精査したうえで白羽の矢を立てたのがマートン。虎の安打製造機となることを信じて、正式契約を目指す。




福原 制限超えの大幅ダウンでサイン

 阪神の福原忍投手(33)、金村暁投手(33)が8日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、ともに野球協約で定められた減額制限(25%)を超える大幅ダウンでサインした。福原は3300万減の3900万円、金村は2700万減の4500万円。ともにFA権を持ちながら、阪神残留を選択した両ベテラン右腕は、背水となる来季へ強い覚悟を口にした。
  ◇  ◇
 球団から提示された額は今季年俸7200万円からの46%ダウン。野球協約で定められた25%の減額制限をはるかに超えていたが、ベテラン右腕は黙って判を押した。「本当に結果を出してないんで。頑張って何とか1軍で1年間ローテを守りたい」。来季にかける強い覚悟が、言葉の節々にこめられていた。
 今季は開幕ローテ入りを果たしたが、3勝10敗と結果を残せなかった。06年に12勝を挙げた右腕も、ここ3年間でわずかに8勝。「何年も結果を出してないんで、頑張るだけ。そういう気持ちでやる」と安芸で行われた秋季キャンプに9年ぶりに参加するなど、来季へ向け徹底的に体をいじめている。
 今オフの自主トレ先について「まだいろいろ考え中」としながらも「甲子園と鳴尾浜を使って、一からスタートすることも考えている」と語った。復活の場所も「言われたところでというのもあるけど…はい」と先発へ強いこだわりを示した。
 昨年までは代理人同席で交渉に臨んでいたが「いろいろ考えて、自分でやろうかなと」と単身で交渉のテーブルについたベテラン右腕。今季は右の先発が手薄だっただけに、トラ年のV奪回には福原の奮起が必要だ。




金村「クビかけた勝負になる」

 阪神の金村暁投手(33)が8日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、野球協約で定められた減額制限(25%)を超える2700万減の4500万円でサインした。
  ◇  ◇
 このワンフレーズに金村暁の思いが凝縮されていた。「来年はクビをかけた勝負になると思いますので、精いっぱい頑張りたいと思います」。悲壮感はなかった。金村暁はしっかりと現実を受け止め、来季を見据えた。
 9月に移籍初勝利を挙げたとはいえ、2700万減(37・5%減)となる4500万円の提示に「ここ数年は活躍していないので納得しています」とサインした。来季の再起を目指し、自己改革はすでに始まっている。「初めてプロテインを飲んでいる」と語るように、下柳をモデルに肉体改造していることを明かした。
 「最近は鏡を見ながらウエート(トレを)している。自己満足じゃないけど、胸板はだいぶ厚くなった」と金村暁。これまでは球界の慣例に倣い、筋肉をつけることを敬遠してきた。さらに「これまでは開幕に合わせてたけど、競争を勝ち抜くためには3月が勝負。3月に良い状態へ持っていく」。プロ15年間で培ってきた経験、概念をすべて取り払い、ベテラン右腕は勝負の年へ臨む。




エースの自覚!安藤 3年連続開幕投手や

 阪神・安藤優也投手(31)が8日、西宮市内でラジオ番組の収録に参加し、3年連続の開幕投手を目指すことを誓った。今季はローテの先頭に立ち、相手チームのエース級と激突。ハードな仕事をこなしてきたからこそ「もちろんそれを目標に来年もやるつもりです」と改めて、激務にトライする気概をみせた。
 安藤には苦い記憶がある。今季、9月21日の横浜戦で四回途中7失点でKOされた試合のことだ。この試合後にゲームを投げた態度が表に出たことを、あるコーチから厳しく注意された。「ある意味(エースの存在意義を)気づかされた。目が覚めたというか、まだまだ足りないなと感じました」。ベテランとなったいま、あえて苦言を呈された意味をかみしめた。
 だからこそ、またエースとしてマウンドに立ち続けたいと心に誓った。「自分の中であの試合があったからこそ、来年にいい成績が残せたんだなと思いたい」。今季の8勝12敗、防御率3・90は到底、納得のいく数字ではない。来年3月26日の開幕、横浜戦(京セラ)から安藤のリベンジの旅が始まる。




育成・高田 早くも鳴尾浜で自主トレ

 阪神育成ドラフト1位の高田周平投手(24)=BCリーグ信濃=が8日、西宮市の鳴尾浜球場で自主トレに励んだ。1月中旬の入寮前、しかも入団発表の翌日に球団施設で練習を始めるのは異例中の異例だ。
 見慣れない選手の姿に、グラウンドに顔を出した若虎も驚いていた。「高田です。よろしくお願いします」。一人一人に丁寧に頭を下げながら、ぎこちなくフェンス沿いを走る。育成ルーキー高田が自主トレ拠点に選んだ場所は、2軍練習施設の鳴尾浜球場だった。
 実家が“近所”だったことが幸運だった。通常なら新入団選手は、前所属チームや、母校などで自主トレするケースが多い。だが現在は甲子園にほど近い西宮市内の実家で暮らしており、所属していたBCリーグ信濃は遠方すぎることで、練習場所がなく、困っていたところに球団が手を差し伸べてくれた形だ。
 「素晴らしい環境です。これまで1人だったので、練習する人を見るだけで刺激になるし、モチベーションが上がる」
 前日までは武庫川の河川敷を走り、近隣のトレーニングジムで汗を流す程度だった。「キャッチボールさえできなかった」環境からようやく脱出。20往復のポール間走、キャッチボール、ウエートトレーニングなど約4時間、精力的に汗を流した。今後は1月中旬の入寮日まで、実家から15分の距離を自転車で通い、支配下選手登録を目指し、鍛え抜く。




アッチソンがRソックス入り

 米大リーグ、レッドソックスは7日(日本時間8日)、前阪神のスコット・アッチソン投手(33)と1年契約を結んだと発表。AP通信によると年俸は42万ドル(約3740万円)。来季は松坂とのリレーが見られるかもしれない。アッチソンは今季阪神で75試合に登板し5勝3敗、防御率1・70。阪神は来季の残留を望んでいたが、家族の問題などがあり、本人が米国でのプレーを希望していた。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.