SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

早川 大輔

早川 大輔(はやかわ だいすけ、1975年6月3日 - )は、横浜ベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)である。

目次 [非表示]
1 経歴
1.1 プロ入り前
1.2 オリックス時代
1.3 ロッテ時代
2 プレースタイル
3 エピソード
4 詳細情報
4.1 年度別打撃成績
4.2 記録
4.3 背番号
5 脚注
6 関連項目


経歴
プロ入り前
兵庫県伊丹市に生まれるも、ほどなく千葉県浦安市に転居。千葉県立船橋高等学校から立教大学へ進学。東京六大学リーグ通算62試合出場、206打数48安打、打率.233、1本塁打、9打点、44盗塁。

卒業後、本田技研に入社。在籍した4年間で都市対抗野球に3度出場し、2000年には新日鐵君津、2001年には日本通運の補強選手としてそれぞれチームのベスト4進出に貢献した。

同年オフに5巡目でオリックス・ブルーウェーブに入団。

オリックス時代
2002年
外野のレギュラーが決まらないチャンスを生かし、ルーキーながら55試合に出場。打率1割台と打撃はまったく振るわなかったが、6盗塁を記録し、強肩も披露するなど守備・走塁では十分戦力になることをアピールした。
2003年
育成期間としてシーズンのほとんどを2軍で過ごすも、課題の打撃を徐々に向上させた。一軍では守備固めとしての出場が多かった。
2004年
左打ちに専念して一軍に定着。アテネオリンピック代表の村松有人不在時は1番中堅手として活躍し、規定打席未満ながらも打率3割、2桁盗塁、プロ初本塁打を記録した。
2005年
球団合併でライバルが増えたが、前年に続き打撃好調で、前半は3割を超える高打率を維持し、一気にレギュラーを獲得するかに思えた。しかし5月から絶不調に陥り、後半は守備固め要員に戻ってしまった。
2006年
自身の故障や平野恵一の外野コンバート、村松の好調などに押され代走・守備要員としての出場に留まった。2割に満たない打率で二軍暮らしのほうが長くなってしまったが、二軍では打率.271、14盗塁(チームトップ)と活躍した。
秋季キャンプからテリー・コリンズ監督の助言で再びスイッチヒッターに挑戦したが、その矢先の11月、辻俊哉との交換トレードで千葉ロッテマリーンズに移籍した。
ロッテ時代
2007年
外野の層の薄いロッテへの移籍が早川にとって大きなチャンスとなり、打撃も好調で移籍してからは2番センターに定着。前半は3割を維持し、1番・TSUYOSHIとの両打ち俊足1・2番コンビで高い出塁率を誇った。オールスターゲームにも監督推薦で出場する事が決まったが、前半戦最終戦で指を負傷して直前で登録抹消されたこともあり、ベンチ入りしたものの出場する機会は無かった。
この年の三塁打数はリーグトップ。自身初の規定打席にも到達した。さらにオフの契約更改では高評価を受け、旧年俸の倍以上の提示(218%)に一発サインをした。その後の会見で来期の目標は3割・30盗塁と公言した。
2008年
打率を落とし、規定打席にはあと一歩及ばなかったが、この年も133試合に出場し前年を上回る18盗塁をマークするなど存在感を示した。
また、8月14日のソフトバンク戦(千葉マリン)では、新垣渚からプロ入り初の満塁本塁打を放った。
2009年
出場は84試合に終わりシーズンオフに横浜ベイスターズへのトレード移籍(金銭トレード)が発表された。[1]
プレースタイル
走者をおいた打席でランナーが走った際、明らかに故意的にバットを放り投げて捕手に当てて妨害するプレイが数回ある。
2008年5月5日のオリックス戦、6回表ノーアウトランナー1塁、カウント1-0の場面で1塁ランナー西岡が盗塁した際に捕手日高へ向けてバットを投げる。試合は一時中断したが球審柿園の判定はファウルチップで試合再開、西岡の盗塁も認められた。スローで見ても捕球後のタイミングでバットを投げている行為である。
2008年7月3日の楽天戦の9回の打席で、エンドランの際に投球はピッチドアウトで大きく外れていたにも関わらず、嶋基宏捕手が二塁へ送球するタイミングでバットを放り投げ(捕手がうまくかわし、二塁へ送球した為結果は盗塁死となったが)、解説者からは守備妨害になってもおかしくないとの指摘を受けている。
2009年4月5日の西武戦において、捕手の細川亨に対して上記のような状況でバットを放り投げ、捕手に当たった。細川は右手首を痛がる様子を見せ二塁に送球することができなかった。このプレーに対し守備妨害が宣告されアウトとなった。
バットを故意に投げつけてるように見える危険なプレイがYouTubeなどにアップロードされ批判が集中、ロッテファンが運営している応援ブログでも批判コメントが殺到し、日本野球機構にも問い合わせが来ていた。ロッテは公式ホームページで「外角外れたボールに何とかバットを当てようとした結果、バットが捕手に当たってしまった」と主張した[2]。なお、早川はインタビューで「バットを投げること自体は悪くない。」と答え、「退場になってもおかしくないプレイで捕手には謝罪した。」と答えた[3]。
2007年5月11日のソフトバンク戦、早川が遊内野安打を放ち1塁を駆け抜けた際に松中信彦内野手の足に接触、接触した松中は7回守備で途中退場した。退場後のインタビューで松中は早川との接触について「早川にベース上で蹴られた感じで、最初より痛みがひどくなってきた。」と述べた[4]。
エピソード
この節に雑多な内容が羅列されているので、本文として組み入れるか整理・除去する必要があります。(2009年2月貼付)
この節の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。出典を明記するためにご協力をお願いします。このタグは2009年4月に貼り付けられました。

闘志あふれるプレーが持ち味。自分より身体の大きい捕手に対しても平気で体当たり、外国人選手にも臆せず向かって行く。甘いマスクと闘志溢れるその姿勢で、ファンやチームメイトからは「昭和の男前」「宴会部長」「早川部長」と呼ばれるが、激しいプレーが加熱する余り、物議を醸すこともしばしばである。
ヒットの相当数が内野安打であり、俊足を生かした打撃が持ち味。厳しいコースの球でもとにかく転がしてヒットにすることが多い。
県立船橋高・立教大学へは一般入試で進学している(早稲田大学第一文学部・教育学部を受験するも失敗、高校受験では早稲田実業にも落ちている)。
理想の野球選手は、ナムコの野球ゲーム「プロ野球ファミリースタジアム」シリーズに登場するピノ(ナムコスターズ)。(東京スポーツ・2007年7月5日付。ただし冗談の可能性もある)
2007年のクライマックスシリーズでは日本でも1, 2を争うほど広い札幌ドームで本塁打を放つなど、パンチ力も見せた。
新天地でのあまりの活躍ぶりに、放出したオリックスの宮内義彦オーナーは、「早川は私が(トレード責任者から)聞いていた情報とは全然違った」と嘆いていたほどだった。
詳細情報
年度別打撃成績

度 球
団 試
合 打
席 打
数 得
点 安
打 二

打 三

打 本

打 塁
打 打
点 盗
塁 盗

死 犠
打 犠
飛 四
球 敬
遠 死
球 三
振 併

打 打
率 出

率 長

率 O
P
S
2002 オリックス 55 124 113 8 20 4 0 0 24 1 6 4 3 0 2 0 6 34 2 .177 .231 .212 .444
2003 19 13 12 5 4 2 0 0 6 1 0 2 0 0 1 0 0 4 0 .333 .385 .500 .885
2004 68 250 215 35 66 8 3 4 92 21 14 4 13 1 12 0 9 32 1 .307 .367 .428 .795
2005 87 199 177 24 50 5 2 1 62 18 6 2 3 0 14 0 5 41 1 .282 .352 .350 .702
2006 21 55 46 10 9 2 0 1 14 3 5 1 5 0 1 0 3 11 0 .196 .260 .304 .564
2007 ロッテ 133 536 459 72 130 17 8 5 178 44 16 8 23 4 34 2 16 74 3 .283 .351 .388 .739
2008 133 416 369 53 92 14 4 5 129 32 18 8 13 3 18 0 13 60 7 .249 .305 .350 .655
2009 84 189 175 30 39 6 1 1 50 12 5 4 6 1 6 0 1 34 0 .223 .251 .286 .537
通算:8年 600 1782 1566 237 410 58 18 17 555 132 70 33 66 9 88 2 53 290 14 .262 .321 .354 .676

2009年度シーズン終了時
各年度の太字はリーグ最高
記録
初出場:2002年4月4日、対日本ハムファイターズ3回戦(東京ドーム)、8回表に代走として出場
初安打:2002年5月11日、対西武ライオンズ7回戦(西武ドーム)、2回表に西口文也から
初盗塁:同上、5回表に二盗
初打点:2002年5月15日、対福岡ダイエーホークス7回戦(台北市立天母棒球場)、2回表に山田秋親から
初本塁打:2004年8月6日、対福岡ダイエーホークス21回戦(Yahoo!BBスタジアム)、6回裏に斉藤和巳から
3試合連続三塁打(2007年8月3日 - 5日) - パ・リーグ記録。
背番号
23(2002年)
37(2003年 - 2006年)
44(2007年 - )
脚注
^ 早川大輔選手のトレードについて
^ スコアボード:埼玉西武vs千葉ロッテ(2009/04/05) 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト
^ ロッテ早川、バットで“殺人未遂”も「悪くないでしょ」 ZAKZAK 2009年4月8日閲覧
^ 松中選手、左足首を負傷し途中交代 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2007年5月12日閲覧

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.