SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

金本『G倒戦闘色』なんとオレンジ色

 阪神・金本知憲外野手(41)の2010年ラッキーカラーが「蛍光オレンジ」に決まった。17日、用具メーカーの久保田スラッガー社が、新カラーのアイテムをデイリースポーツに発表。宿敵巨人の伝統色を身にまとった金本が、05年以来の優勝へ、打倒巨人の象徴になる。
  ◇  ◇
 雪辱を期す2010年。金本は宿敵のチームカラーを身にまとい、グラウンドに立つ。
 金本は風水で導かれたラッキーカラーを戦闘アイテムに採用し、シーズンを全うしてきた。06年山吹色、07年桜色、08年空色、09年金色。そして来季は…。
 「蛍光オレンジらしい」。告げられた瞬間、思わず苦笑した。言わずと知れた巨人の伝統色。チームとともに自らも復活を期す来季、金本は身の回りをオレンジで固め、幸運を呼び込む。
 打撃用の革手袋やリストバンド、ひじ当て、練習用バット、グラウンド用バッグ…手帳やファイテン社製のチタンネックレスも蛍光オレンジに変わる。11月初旬に金本から発注を受けたメーカー各社は、この日までに用具の製作をほぼ完了。金本はオーダー過程で「あまりにジャイアンツの色に似せるのもな…」と阪神ファンの心理を察し、配色に独自のアレンジも加えた。
 05年以来、チームは歓喜から遠ざかっている。立ちはだかるのはリーグ3連覇で黄金時代を築くGの壁。今季は史上初の巨人戦5カード連続勝ち越しで戦績を五分に持ち込んだが、チームは3年連続のCS進出を逃した。巨人の完全優勝を阻んで“意地を見せた”などと胸を張る金本ではない。
 04年以来5年ぶりのBクラス転落は、暗黒時代の入り口にもなりうる。赤星の電撃引退にジェフ、アッチソンの退団…。城島の獲得はプラス材料ではあっても、依然、マイナス要素のほうがはるかに大きい。金本は危機感を絶やさない。
 鍵を握るのは来季も変わらず金本だ。前回優勝した05年、金本は対巨人で圧倒的な打率・396を残した。優勝から遠ざかる4シーズン、金本の巨人戦打率は3割超えを果たせていない。キーマンになるべく、今オフも広島や甲子園でトレーニングを積んでいる。既に上半身の筋力数値は自己最高ペース。左ひざ手術で出遅れた過去2年とは比べものにならない仕上がりが、主砲の再浮上を予感させる。
 「ジャイアンツより輝くオレンジだよ」。金本はラッキーカラーをそう説明する。「巨人の色」ではない。来季、オレンジは巨人より輝く金本の象徴になる。




野原祐 焼き肉ガマンで体を絞ります!

 阪神・野原祐也外野手(24)が17日、身体強化のため食事改革を行っていることを明かした。広島市内のジム「アスリート」の平岡代表から指摘されたもので、体脂肪を現状の15%から1けた台まで落とすのが目標。大食漢で恵まれた体格をもつ若トラが、「食」を改善して2年目の飛躍を狙う。
  ◇  ◇
 “虎のおかわり君”の呼び名は、もう必要なし?時には、ごはんを茶わん7杯分食べていたほどの野原祐。だが、今オフは食事改善で新しい自分の体を求めていく。
 「体脂肪が多いんで、脂っこいものをなるべく避けています」
 アドバイスは、金本との合同自主トレ先である広島市内のジム「アスリート」でもらったものだ。現在、野原祐の体脂肪率は15%。ジムの平岡代表は、これを1けたにすることを勧めた。その目標を達成するためにも、食生活から変えていく。「(焼き肉も)食べ過ぎないように気をつけています」と野原祐。食事全体の量を落とすことはないが、脂の多いものを少量にし、栄養バランスを考えて摂取していくつもりだ。
 もちろん、練習への姿勢は変わらない。シーズン中は、必ず休日返上でトレーニングを行ってきた野原祐は、この日も鳴尾浜球場で黙々と自主トレ。30分間のランニングを行った後には、10本の坂道ダッシュと精力的に汗を流した。
 今後は12月後半に広島の「アスリート」で再びトレーニングを行う予定。「(ジムでは)レベルアップするトレーニングなんで勉強になる。あとは、(ジムに)行ってガンガンやるだけです」と充実した表情を浮かべた。自己改革を推進し、2年目の飛躍を目指していく。




浅井『ポスト赤星』へクセモノぶり発揮

 目指すはクセモノ切り込み隊長だ-。阪神・浅井良外野手(30)が17日、MBSラジオ「ノムラでノムラだ♪GO!GO!エキストラ」(毎週火曜から金曜午後5時55分から放送)に生出演。「赤星さんの穴を埋められるよう頑張りたい」と、改めてポスト赤星への決意を表明した。
 売りは個性だ。「あまり緊張とかするタイプではない。パンチ力もあるかなとも思うし、自分なりには細かいこともできると思う」。今季の得点圏打率・571が示す通りの強心臓。バントも苦にしない。赤星が負傷離脱中の9月16日、巨人戦(東京ドーム)で先頭打者本塁打を放った意外性も他選手にはない才能だ。
 今季はCS争いがし烈を極める中、赤星の代役として1番中堅で活躍したが、勝負どころで右太もも裏を痛め、戦線離脱した。今オフは「1年間出続ける体力」を付け、定位置獲りを本気で狙いにいく。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.