SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

金本にダル弟子入り!最高峰の“競演”

 北海道日本ハム・ダルビッシュ有投手(23)が阪神・金本知憲外野手(41)に弟子入りすることが21日、明らかになった。金本の練習方法を学びたい-。ダルビッシュのそんな強い要望を金本が受け入れた。当人同士の意向で日時や場所などは一切極秘、マスコミも完全シャットアウトして行われる合同トレ。アニキとダルの超豪華コラボレーションが年明けに実現する。
  ◇  ◇
 球界最高の右腕が世界一の鉄人に弟子入りを志願した。「金本さんから学びたい」。日時、場所などは明かさない方針で、超豪華コラボが実現する。ダルビッシュの金本に対する配慮もあり、マスコミにも極秘の合体。そこまでしてでも鉄人トレを間近で見てみたい。ダルビッシュが「本気」で金本の胸に飛び込む。
 金本とダルビッシュ。野球界の枠を飛び出すスター同士だが、年齢差は18。面識はあっても特別親交が深かったわけではない。交流戦や球宴で顔を合わせれば、ダルビッシュが金本へあいさつに出向く程度だったが、今回はダルビッシュが、両者が所属する事務所「エイベックス」を通じて金本の連絡先を入手。12月に直接電話で自身の意向を伝えた。
 「金本さんのトレーニングを見せていただけないでしょうか」。金本には一瞬驚きもあったが、ダルビッシュの熱意を歓迎し、年明けの合同トレが決まった。
 最近ではイチローと清原、杉内と岩田ら、チームの垣根を越えた競演が話題を呼んだが、一流同士といえど、野手と投手となれば異色中の異色。金本、ダルビッシュともに、ごく親しい関係者にしか今回の一件を漏らしていないため、詳しい練習の中身はベールに包まれたままだが、超一流のトレーニング談議に投打の垣根は必要ないのかもしれない。
 金本はこれまでダルビッシュを「日本球界では岩隈と並ぶ最高の右腕」と話してきた。「一番はスライダーの精度。コントロール、速さ、角度、どれをとっても一級品」とその宝刀に賛辞を惜しまない。公式戦通算では16打数2安打(・125)と抑え込まれている天敵だが、07年の交流戦(甲子園)で逆転3ラン。球宴でも1度きりの対戦で本塁打を放つなど、貫禄も見せてきた。両者にとっては、互いの心理を語り合う有意義な時間になるだろう。
 プロ5年間ですでに63勝(防御率2・20)。23歳にして最高右腕の称号を得たダルが金本に何を学ぶのか。今季は球宴で巨人・ラミレスの打球を右肩に受けるなど故障にも泣かされた。強い肉体を追求したい-そんな思いも強い。10年以上1イニングも代役を立てず試合に出続ける肉体と精神の伝授。金本とダルビッシュが、球界最高の師弟コンビを結成する。




虎、来季も米視察…第2の城島探す

 阪神が、今夏に行った米国球界視察を来年以降も継続することが21日、分かった。今年8月には、メジャー流の球団経営視察のために渡米した南信男球団社長(54)らが、現地でマリナーズ・城島の日本復帰の動きをキャッチ。オフの電撃獲得につながった。来季も、エンゼルスと1年契約を結んだ松井秀ら、補強面でも動向に注目が集まる選手も多く、虎の視察団が“アングラ情報”を探るべく海を渡る。
  ◇  ◇
 いくら情報技術が発達しても、米国には海を渡らねば分からない情報が眠っている。これが虎の得た教訓だ。阪神球団幹部は、来季以降の渡米視察について「メンバーは未定だが、来年も継続することになる」との方針を示した。
 今夏の渡米は、当初は南球団社長らがヤンキース、ブレーブスなどを訪れ、メジャー球団、球場の運営ノウハウを視察することにあった。だが、現地で米球界関係者らとの会食の中で、予想外の情報をゲット。マ軍・城島に日本復帰の動きがある-。思わぬ収穫を得た。帰国後に本格的に城島周辺の調査を開始。オフに城島がマ軍退団を表明した直後に、名乗りを上げ、獲得に成功した。
 今オフにはメジャーから、城島だけでなく、小林雅、薮田、高橋建らが日本球界に復帰。オリックスも現在、田口獲得を目指している。来季以降も補強面で、日本人メジャーリーガーの日本復帰の可能性を探ることが不可欠となりそうだ。
 エンゼルスに移籍した松井秀は1年契約。ヤンキース・井川はマイナー生活が長期化している。
 また、城島のように複数年契約の中に、日本復帰限定の特約条項が含まれている可能性もある。松坂、岡島、黒田、川上、岩村、上原、松井稼、福留らの動きは?当然、外国人補強に関しても、米球団とのパイプ作りは必要だ。来夏に再び、虎が特命視察団を米国に送り込む。




安藤“罰ゲーム”パンチパーマ

 高級腕時計をかけた「金本賞」に来季も挑戦する阪神の安藤優也投手(31)が21日、10勝未満の罰ゲームがパンチパーマになることを明かした。
 三度目の正直で高級腕時計を目指した今季は8勝に終わり、“丸刈りの刑”に処せられた安藤。11月末の納会で金本に再挑戦の意思を示し、話し合いの結果、13勝以上と例年より高級腕時計へのハードルは白星一個分下がった。
 だが罰ゲームは「丸刈りはもう許してもらえない」と家に引きこもりたくなるようなパンチパーマ。想像を絶する“厳罰”に「パンチはきついよ~」とこぼすものの「来年こそは取りたいな。楽しみです」と超高級腕時計ゲットへ目を輝かせる。秋季キャンプから取り組んでいる肉体強化に成功すれば、安藤の実力からしても十分に達成できるはずだ。




江草、星野氏直伝カーブ完全習得だ

 阪神・江草仁貴投手(29)が21日、前阪神投手コーチの星野伸之・現オリックス投手コーチ直伝のカーブでGキラーぶりに磨きを掛ける考えを明かした。この日は大阪市内のホテルで行われたファンクラブイベントに出演した。
 昨季は対戦防御率8・18と巨人戦を大の苦手とした左腕だが、今季は0・56という抜群の数字。「どうせ打たれるなら自分の投球をしようとしたのがいい結果につながった」とリベンジの要因を振り返る。「油断することなく来年も抑えていきたい」と左腕。そのための武器として挙げたのが、タテに大きく割れるカーブだ。
 今季まで阪神で投手コーチを務めた星野氏直伝の新兵器。現状では未完成の状態だが、開幕までに完全習得を目指す考え。緩急自在の投球で、宿敵との好相性にさらに拍車を掛ける。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.