SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

稲本 潤一

稲本 潤一(いなもと じゅんいち、1979年9月18日 - )は、鹿児島県姶良郡湧水町生まれ、大阪府堺市育ちのサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(DH、CH)。Jリーグ・川崎フロンターレ所属。

目次 [非表示]
1 来歴
2 所属クラブ
3 評価・プレースタイル
4 エピソード
5 経歴
6 個人成績
7 個人タイトル
8 代表歴
8.1 出場大会など
8.2 試合数
8.3 ゴール
9 出演
9.1 CM
9.2 映画
10 その他
11 脚注
12 関連項目
13 外部リンク


来歴 [編集]
生後まもなく鹿児島から大阪に転居。6歳の時に堺市の青英学園SCでサッカーを始める。1997年、ガンバ大阪の下部組織からトップチームであるガンバ大阪に昇格し、17歳6ヶ月の当時最年少でJリーグ初出場。17歳7ヶ月で初得点している。

1999年には、FIFAワールドユースで準優勝を果たし、シドニーオリンピック・サッカー日本代表、A代表にも招集されてAFCアジアカップやFIFAコンフェデレーションズカップに出場。日本代表の主力選手に成長した。CAP数71は歴代13位。

2001年、以前Jリーグでクラブの監督をしていたアーセン・ベンゲルに見込まれて、イングランドプレミアリーグの強豪チームの一つアーセナルFCに移籍。しかし出場機会は、ほとんど得られなかった。

2002年、日韓W杯代表に選出され、W杯に初出場。ベルギー戦、ロシア戦で得点する。

W杯後、出場機会を求めてプレミアリーグのフラムにレンタル移籍した。この年はW杯での活躍などからバロンドールにノミネートされた(日本人としては中田英寿に次ぎ2人目)。UEFAカップ出場権を争うインタートト・カップのボローニャ戦で、欧州では日本人初のハットトリックを達成。完全移籍目前とも言われたが、2004年のイングランド戦で左足を骨折する重傷を負った事で交渉が決裂し解雇される。その後ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、カーディフ・シティにレンタル移籍する。

2006年6月、ドイツW杯に招集される。第2戦のクロアチア戦の後半に途中出場。第3戦目のブラジル戦、稲本からの左サイドへのサイドチェンジは玉田圭司のゴールの起点となった。チームは2敗1分でグループリーグ突破はならなかった。2006-07シーズンはトルコ1部リーグのガラタサライに移籍。UEFAチャンピオンズリーグの本大会に出場し、2007-08シーズンも残留する予定であったが、監督退任に伴い退団する。

2007年5月、同期の高原直泰が当時所属していたドイツのブンデスリーガ、フランクフルトへ2年契約で移籍。移籍会見翌日にキリンカップのための日本代表合宿に合流し、オシムジャパン初招集となる。2009年6月、フランス1部リーグのスタッド・レンヌに移籍。2009年9月9日の親善試合・ガーナ戦では岡崎慎司の同点ゴールをアシストし、自身6年半ぶりの代表での得点となる決勝ゴールを挙げる活躍を見せた。

2010年1月12日、レンヌより川崎フロンターレへの完全移籍が発表された。

所属クラブ [編集]
ユース経歴
1992年 - 1994年 ガンバ大阪ジュニアユース
1995年 - 1997年 ガンバ大阪ユース(堺上高等学校→向陽台高等学校)
プロ経歴
1997年 - 2001年 ガンバ大阪
2001年 - 2002年 アーセナルFC (レンタル移籍)
2002年 - 2004年 フラムFC (レンタル移籍)
2004年 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン
2004年 - 2005年 カーディフ・シティ (レンタル移籍)
2005年 - 2006年 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン
2006年 - 2007年 ガラタサライ
2007年 - 2009年 アイントラハト・フランクフルト
2009年 - 2010年 スタッド・レンヌ
2010年 - 現 在 川崎フロンターレ
評価・プレースタイル [編集]
攻撃的ボランチと位置づけられることが多いが、守備能力は高く、特に、激しいタックルや後ろから相手選手のボールを奪うなど対人プレーに強く、高いボール奪取能力を持つ。攻撃面においては、パスを散らすタイプというよりも、三列目からの効果的な飛び出しや自らボールを奪いそのまま攻撃参加などダイナミックなプレーを特徴とし、ミドルシュートも強力である。

もともと中学時代まではトップ下を本職としていたが、同年代の小野伸二の華麗なプレーに衝撃を受けてボランチに転向した過去がある。攻撃的センスについては釜本邦茂も、「稲本は攻撃の選手。トップ下からボランチに下げるのではなく、フォワードに上げて育てるべきだった」と発言している。ボランチに転向以降はサイドチェンジの練習に取り組み、それによって自陣中盤の深い位置から敵陣逆サイドの深い位置に出すストレートのロングパスは稲本の強い武器になっている。

エピソード [編集]
10代の頃から女性人気が非常に高く、ガンバ大阪時代はアイドルのようなルックスもあって“浪速のプリンス”と呼ばれていた。ちなみに、彼の若い女性ファンは“イナギャル”と呼ばれている。
2002年W杯日韓大会時に当時ブロンド(金髪)で、丸々と太った稲本の縫いぐるみが欧米で売り出された。熊のような愛らしさから女性に人気で大売れであった。
テレビゲームの桃太郎電鉄シリーズが好きでよく一人でやっているらしい。
経歴 [編集]
J初出場:1997年4月12日・対ベルマーレ平塚戦(万博)
J初得点:1997年4月20日・対清水エスパルス戦
UEFAチャンピオンズリーグ初得点:2006年11月22日対FCボルドー戦(UEFAチャンピオンズリーグ編成後、日本人2人目の得点)
W杯2得点は日本人単独得点王である(2006年大会終了時)
個人成績 [編集]
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1997 G大阪 29 J 27 3 6 0 3 0 36 3
1998 G大阪 6 J 28 6 4 0 1 0 33 6
1999 G大阪 6 J1 22 1 0 0 2 0 24 1
2000 G大阪 6 J1 28 4 4 1 2 0 34 5
2001 G大阪 6 J1 13 2 3 0 - 16 2
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2001-02 アーセナル 19 プレミア 0 0 2 0 - 2 0
2002-03 フラム 6 プレミア 19 2 2 0 2 0 23 2
2003-04 フラム 6 プレミア 22 2 1 0 2 1 25 3
2004-05 WBA 33 プレミア 3 0 - - 3 0
2004-05 カーディフ - FLC 12 0 - - 12 0
2005-06 WBA 33 プレミア 22 0 2 1 2 0 26 1
2006-07 WBA 33 FLC 3 0 - - 3 0
トルコ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2006-07 ガラタサライ 23 シュペルリガ 25 0 3 0 - 28 0
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2007-08 フランクフルト 20 ブンデス1部 24 0 - 2 0 26 0
2008-09 フランクフルト 20 ブンデス1部 19 0 - 1 0 20 0
フランス リーグ戦 リーグ杯 フランス杯 期間通算
2009-10 レンヌ 6 リーグ・アン 5 0 0 0 0 0 5 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2010 川崎 J1
通算 日本 J1 118 16 17 1 8 0 143 17
イングランド プレミア 66 4 7 1 6 1 79 6
イングランド FLC 15 0 - - 15 0
トルコ シュペルリガ 25 0 3 0 - 28 0
ドイツ ブンデス1部 43 0 - 3 0 46 0
フランス リーグ・アン 5 0 0 0 0 0 5 0
総通算 272 20 27 2 17 1 316 23
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
UEFA UEFA杯 UEFA CL
2001-02 アーセナル 19 - 2 0
2002-03 フラム 19 6 0 -
2006-07 ガラタサライ 23 - 5 1
通算 UEFA 6 0 7 1

1997年は2種登録選手
その他、フラム時代の2002-03にUEFAインタートトカップで4試合4得点。
個人タイトル [編集]
1999年 - JリーグオールスターサッカーMIP受賞
2000年 - Jリーグ ベストイレブン
2000年 - AFC(アジアサッカー連盟)月間最優秀選手賞受賞
2002年 - AFC(アジアサッカー連盟)月間最優秀選手賞受賞
代表歴 [編集]
出場大会など [編集]
1995年 FIFA U-17世界選手権 エクアドル大会(グループリーグ敗退)
1999年 FIFAワールドユース ナイジェリア大会(準優勝)
2000年 シドニーオリンピック・サッカー(ベスト8)
2002年 FIFAワールドカップ 日本・韓国大会(ベスト16)
2006年 FIFAワールドカップ ドイツ大会(グループリーグ敗退)
試合数 [編集]
国際Aマッチ 74試合 5得点(2000 - )



日本代表 国際Aマッチ
年 出場 得点
2000 14 0
2001 11 1
2002 10 2
2003 10 1
2004 6 0
2005 10 0
2006 4 0
2007 3 0
2008 2 0
2009 4 1
通算 74 5

ゴール [編集]
# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2001年7月4日 日本、大分市 ユーゴスラビア ○1-0 親善試合
2. 2002年6月4日 日本、さいたま市 ベルギー △2-2 2002 FIFAワールドカップ
3. 2002年6月9日 日本、横浜市 ロシア ○1-0 2002 FIFAワールドカップ
4. 2003年3月28日 日本、東京 ウルグアイ △2-2 親善試合
5. 2009年9月9日 オランダ、ユトレヒト ガーナ ○4-3 親善試合

出演 [編集]
CM [編集]
スカイパーフェクTV!「決めてくれ-!スカパー! キャンペーン」(2002年) - 中田英寿、小野伸二との共演
キリン「麒麟淡麗 生」(2003年)
ナイキ
「NIKE FREESTYLE "stickman"」(2003年) - ロナウジーニョとの共演
「NIKE BUKATSU」(2005年)
スズキ「スイフト ZC/ZD型」(2004年 - )
明治製菓「ザバスコンディショニングウォーター」 (2004年 - 2005年)
シュガーレディ(2006年) - 中村俊輔との共演
映画 [編集]
スチームボーイ(2004年公開)
その他 [編集]
MOTTO-MOTTO INAMOTO - ユーロビートレーベルHI-NRG ATTACK(ハイエナジーアタック)のフランツトルナード&バズーカガール「カバレロ・ウィズ・ソンブレロ」を使った稲本応援歌。「SUPER EUROBEAT VOL.159」などに収録。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.