SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

二神&藤原 阪神史上初開幕Wローテある

 阪神の1、2軍合同スタッフ会議が21日、西宮市の鳴尾浜球場で行われ、ドラフト1位の二神一人投手(22)=法大=と、同2位の藤原正典投手(22)=立命大=の1軍キャンプスタートが決まった。2人のブルペン投球を視察した真弓明信監督(56)は「十分に1軍レベルでやれる」と高評価。ルーキー2投手が開幕ローテを勝ち取れば1965年のドラフト制度以降、球団史上初の快挙となる。
  ◇  ◇
 待ちわびた歓喜の一報も、通過点に過ぎなかった。午後1時から始まったスタッフ会議で、二神と藤原の1軍キャンプ参加が正式決定。ルーキー2投手の1軍スタートは、阪神では01年の藤田(現西武)、伊達以来、実に9年ぶりとなった。
 「目標としてやってきましたけど、そこがゴールじゃない。いままでと変わらず、必死にアピールしていきたいです」
 二神がドラフト指名時に掲げた『開幕1軍』。挑戦権を与えられ、スタートラインに立った今、一層の奮闘を誓った。サバイバルキャンプには、同期でライバルの藤原も参加する。「僕は僕だし、二神は二神。甘えずやっていきたいし、自分自身に期待してます」。変則左腕も決意を新たにした。
 球団創設75年。長きにわたる猛虎列伝で、いまだ記録にないデータがある。新人2投手の開幕ローテ入りだ。過去のドラフトを振り返っても、即戦力投手の2人同時獲得は難しかった。だが、今季は二神と藤原。『大学No.1』と称された左右の大型投手を獲得できたことで、球団史上初の快挙達成に期待が膨らむ。
 午前の合同自主トレでは、真弓監督が見守る中でブルペン入り。藤原が「緊張したけど昨日より良かった」と、右打者の胸元にクロスファイアーを次々と投げ込めば、二神も「集中して投げることができた」と納得の表情を浮かべた。現状でローテが確約されているのは安藤、能見、岩田の3人。ルーキー2人には1年目から活躍が期待されているだけに、指揮官には十分なデモンストレーションになったはずだ。
 首脳陣は会議上で、ルーキー2人の育成方針も確認した。当面は技術指導を封印して、自主性を促す考えで「1年間は何も(指導)しません。育てるじゃなく、育つものだから」と山口投手コーチ。2人の潜在能力を高く評価した上で、あえて“放任主義”を決めた。
 「1軍選手がどういう調整をして、ボールを投げているのか。見て聞いて感じて欲しいね」
 火の玉ストレートを持つ藤川に、40歳を超えてなお第一線で活躍する下柳。沖縄キャンプでは、トップレベルを肌で感じることができる。「実績がない新人だけど、少ない枠を目指して頑張っていきたい」と二神。目指せ開幕1軍-。左右の即戦力投手が、快挙へ向けてスタートラインに立った。




蕭一傑 ハム戦で「19」継承魂見せる

 阪神・蕭一傑投手(24)が21日、沖縄1軍キャンプに帯同することが決まった。2年目の右腕に対する期待は大きく、久保投手コーチは、故・小林繁氏の追悼試合となる可能性のある2月13日の練習試合・日本ハム戦(宜野座)での登板も示唆。小林氏と同じ背番号「19」を背負う男が、開幕1軍を目指してアピールを図る。
  ◇  ◇
 待望の沖縄行きのチケットを手にして、胸が躍った。巡ってきたチャンスは逃さない。「僕も2月1日から飛ばしていけるようにしたい」。スタッフ会議の前には、鳴尾浜のブルペンで30球の熱のこもった投球を披露。見守った山口投手コーチを「すごい気合が入ってた」とうならせたのは、今季にかける蕭の意気込みの表れ。それが実る形となった
 ようやく、アピールの場が訪れた。昨年は、ウエスタンで7勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。1軍での登板機会はなかったものの、1軍首脳陣からは高い評価を受けていた。だからこそ、久保投手コーチは早期の実戦登板を示唆した。
 「蕭のことは、ファームの首脳陣の方々は見ていましたから。早い段階で、敵チームと対戦させたいですね」
 1軍キャンプ帯同のチケットを与えられただけでなく、今季初の対外試合となる、2月13日の日本ハムとの練習試合で登板はもちろん先発する可能性も十分だ。さらに、この試合は故・小林繁氏の追悼試合になることも検討されている一戦。小林氏と同じ背番号「19」を背負う蕭にとって、単なる練習試合ではない。
 「オープン戦か、2月のキャンプ中の試合で投げたいです。(小林氏とは)同じ背番号ということもありますし、友達とか周りの人にもよく言われます」。偉大な先輩の追悼試合が、「1軍デビュー戦」となる可能性があることも何かの縁か。真弓監督も「今年は1軍でやってくれないかなということ」と話すなど期待は高い。
 「去年は、1軍に1度も上がれずに悔しい思いをした。その悔しさを今年にぶつけたい」と蕭。チームとしても若い力が望まれる中、台湾出身の右腕が、先発ローテ入りをかけて南国の地で大暴れする。




岩田 関大一門で“日本一ジャック”だ

 阪神・岩田稔投手(26)が21日、母校・関大の後輩たちとの“日本一ジャック”に強い意欲を見せた。この日は、大阪市内のホテルで行われた関西運動記者クラブ選出の「第53回関西スポーツ賞」の表彰式に出席。大学日本一達成により団体表彰を受けた関大アメリカンフットボール部と同じ壇上で、特別表彰の記念品が授与された。
  ◇  ◇
 後輩たちの活躍が、そのまま左腕の飛躍へのモチベーションとなる。壇上で今季の抱負を問われた岩田が、力強い口調で関大一門での“日本一ジャック”に闘志を燃やした。
 「アメフットでは関大が大学日本一、高校サッカーでは関大一高が頑張りましたからね。(スケートの)高橋大輔、織田信成もバンクーバー五輪に出場するし、僕もその流れに乗って頑張りたい」
 後輩たちの健闘を称えながら、自らさらなる飛躍を誓った。「後輩の活躍はうれしい。僕も負けられないです」。うっすらとひげをたくわえた口元に、今季にかける思いがにじむ。15勝、200イニング登板という個人目標とともに、今秋の日本一奪取への決意を口にした。
 ソフトバンク・杉内らと臨んだ鹿児島での自主トレを18日で打ち上げ。投げ込み開始への下地は、すでに十分に整っている。「WBCではケガもあったし納得していない。次は自分が主戦で呼ばれるように頑張ります」。猛虎の柱として、チームを支え抜く。そして母校の後輩たちとともに、各界の頂点を埋め尽くす。




新井「中心をとる」…池口法主から助言

 阪神・新井貴浩内野手(32)が21日、京都市内で開かれた池口恵観法主を囲む新年会『新春のお祓いと集い』に金本知憲外野手(41)とともに出席。15日から取り組んだ鹿児島最福寺での護摩行で、池口法主から昨季不振の原因を「中心をとれていなかった」と説法を受けたことを明かした。
 中心をとる。一般には聞き慣れない言葉だが、何事もこの精神抜きに成功はなしえない。そういう教えを池口法主から授かった。「恵観先生から『去年は中心がとれてなかった』と言われました。中心とは今やらなければいけないこと。一番大事なこと。使命。僕にとっての中心は野球。『食事中も忘れてはいけない』と言われました」。
 05年から毎年1月に鍛錬する鹿児島最福寺での護摩行は今年で6度目。昨年は4日で7度の護摩行を完遂し、移籍2年目のシーズンに臨んだが、結果はさんざん。「しっかり中心をとりなさい。そうすれば、何をしなければならないか見えてくる」。法主は愛弟子の不振をもどかしく感じながら、その原因を明確に悟っていた。
 毎年修行を完遂すると池口法主から「四字熟語」を授かる。昨年は「背暗向明」。一昨年は「常在戦場」。今年は「中心をとる」ことが、新井復活の鍵になる。




安芸組の甲斐&藤川俊“追加招集”ある

 阪神・真弓明信監督(56)が21日、ドラフト3位・甲斐雄平外野手(22)、同5位・藤川俊介外野手(22)の1軍キャンプへの“追加招集”を示唆した。両選手はこの日発表された1軍キャンプメンバーから漏れたが、「決めかねている。まだ(枠に)1人ぐらい余裕があるし、そこに入るチャンスはあるかもしれない」と真弓監督。キャンプイン直前の招集や、キャンプ中の1軍昇格に含みを残した。
  ◇  ◇
 見てみたい、競わせたい。その思いが強いからこそ、真弓監督は含みを残した。甲斐、藤川俊。1軍キャンプスタートが内定していたが、合同コーチ会議で最終的に選から漏れた2人の処遇だ。「決めかねている。(枠に)1人ぐらい余裕がある。そこに入ってくるチャンスはあるかもしれない」。即戦力コンビの“追加招集”の可能性を、指揮官は自ら口にした。
 ポスト赤星。その候補者としてマートン、浅井、柴田がまず1軍キャンプでしのぎを削る。ただ真弓監督はルーキー2人にも、競争の輪に割って入る力があると判断している。遠投120メートルの強肩、高い身体能力が魅力の甲斐、50メートル5秒97の俊足で実戦肌の藤川俊。必ずどこかで頭角を現すという期待感を持っている。だからこそ2人を、「バックアップ要員」の最右翼に位置付けている。
 「今入っている選手も決定じゃない。25日の荷物出しまでに変わることもある。故障だったり、調子落ちでメンバーが代わることもある」
 真弓監督はこうも言った。マシン打撃など実戦的なメニューが増える今後の新人合同自主トレの動き次第では、キャンプ前に“繰り上げ選出”の可能性も当然ある。キャンプ序盤の早期昇格のケースも十分にある。「やることをやってアピールしたい」と甲斐。「沖縄でも高知でも、やることは一緒です」と藤川俊。2人がポスト赤星争いに加わる日を、指揮官も待っている。




真弓監督 新人コンビにホレた!!

 ブルペン後方で腕を組み、じっくりと2人の投球に見入った。力強さの二神、切れ味の藤原。初めて投球を見届けて、阪神・真弓監督は若き両腕の1軍キャンプスタートを正式決定した。「腕の振りがいい。今の段階で十分に1軍のレベルに付いていけるんじゃないかな。キャンプでじっくり見たい」。今後の上積みを思えば、期待感がさらに膨らんだ。
 まだ固まっていない先発ローテ。候補者が複数乱立する争いに、2人が新風を巻き起こしてくれると指揮官は信じている。
 「(ローテ争いが)激しくなるし、激しい争いのレベルを上げてもらいたい」。二神、藤原の切磋琢磨(せっさたくま)は投手陣全体の底上げにもつながる。1軍切符は手渡した。次なる舞台は南国の地。指揮官は両者の躍動を、熱いまなざしで見守り続ける。




杉山先発食い込め!真弓監督激しくゲキ

 昨季登板1試合に終わった阪神・杉山直久投手(29)の1軍キャンプスタートが決まり、真弓監督が名指しで奮起を促した。プロ8年目右腕に対し、先発候補の1人として激しくゲキを飛ばした。
 「経験もしているし、何とか『先発ローテの中に食い込むんだ』という気持ちを出して欲しい」
 潜在能力を認めるからこそ、ローテ奪取の挑戦権を与えた。昨季、背水覚悟で臨んだ能見がキャンプで結果を残し、シーズンで一気にブレーク。今年で30歳を迎える杉山にも、能見に続け-と、中堅の意地に期待する。
 自身にも期する覚悟がある。春先に調子を崩す“弱点”を克服するため、今年はブルペン入りの時期を早めるなど、改善策を探っている。「直球以外にもう一つ、自信が持てる変化球を見つけたい。とにかく期待に応えたい」と杉山。2年ぶりの沖縄キャンプから、がむしゃらに開幕ローテ奪取を狙う。




野原将 早々2軍落ち08年の雪辱だ!!

 阪神・野原将志内野手(21)と上本博紀内野手(23)の1軍キャンプスタートが決まった。ともに昨秋の安芸キャンプで真弓監督の目に留まった成長株。野原将は08年以来2年ぶり、上本は2年目で初の1軍キャンプ発進だが、開幕1軍生き残りに向けた2人の競争は初日から熱くなりそうだ。
 野原将にはリベンジの場となる。1軍に抜てきされた08年は沖縄滞在中に早々と2軍落ちが決定。大和と一緒に安芸へ飛ばされた。当時の岡田監督に「元気がない」と覇気の面で怒られたためだ。同じ過ちは繰り返さない。「2年前は忘れたわけじゃないけど、過去のこと。違うところを見せて最終的に開幕1軍を目指します」と話した。
 一方、新人の昨年は1軍出場を果たせなかった上本は武者震い。硬い表情ながら「練習でも実戦でもその時、その時で力を出せるよう頑張っていきたい」と視線を鋭くした。




平田2軍監督 し烈サバイバル予告

 第2の能見、出てこい-。阪神・平田勝男2軍監督(50)が21日、安芸での2軍キャンプ参加選手の競争意識をあおって、サバイバルを予告。勝ち残った選手には、1軍首脳陣へのアピールのチャンスの場を積極的に与えていく方針だ。
 「(選手は)光るものを見せないといけない。(1軍合流後の)20、21日の紅白戦は、安芸組の調子の良い選手をどんどん見てもらう。真弓監督にも確認を取ったから」と平田2軍監督。安芸での日々は、調整の場ではない。一つ一つの練習で、いかにアピールできるか。毎日が戦いの日々であり、勝負となる。
 チーム内には、最高のお手本とも言える存在がいる。昨年、安芸キャンプスタートとなった能見と筒井は、キャンプでのアピールが実ってシーズン中も1軍の舞台で活躍。平田2軍監督は、今季もその「再現」を望む。
 「去年、筒井と能見が安芸からブレークしたみたいに、チャンスはなんぼでもある。推薦も頻繁にしていく」。安芸キャンプ中には練習試合も3試合組まれた。2軍キャンプスタートの選手にも、まだ多くのチャンスが残されている。




若トラ3選手 成人飛躍誓う

 今年成人式を迎えた阪神・高浜、清原、森田の3選手が、球団事務所で南球団社長から記念品のキーケースとパスケースを贈られた。次代を担う若虎たちだが、ここまでの2年間はいずれも故障に悩まされた。「今年は2軍戦開幕からスタメンで出られるように」と高浜。森田も「ファームで4番を打って2ケタ本塁打を打ちたい」と力強く飛躍を誓った。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.