SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

山口鉄也

山口 鉄也(やまぐち てつや、1983年11月11日 - )
読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(投手)。チーム内での愛称は「ぐっさん」。


来歴
横浜市立の小学校1年時から少年野球チームで野球を始める。中学校では軟式野球部に所属。3年時にはエースとして全日本少年軟式野球大会ベスト4進出。横浜商業高校3年夏にはエースとして県大会ベスト8進出。

高校卒業後は大学に進学する意向だったが、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのスカウトから誘いを受けマイナー契約。ルーキーリーグのミズーラ・オスプレイで4年間プレーしたが、シングルAにすら一度も昇格できなかったため帰国を決意。

2005年10月、横浜ベイスターズと東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けるが不合格。最後に受けた読売ジャイアンツの入団テストで合格し、同年に初めて開催された育成選手ドラフトでの指名を経て巨人に育成選手として入団。

2006年
イースタン・リーグで25試合に登板、防御率1.61の成績を残した。2006年オフにも支配下登録契約が結ばれると報道されたが、選手枠などの事情から見送られた。

2007年
2軍で5試合に登板し無失点と好投を続け、4月23日に支配下登録。巨人で育成選手から支配下選手登録された選手は松本哲也に次いで2人目。4月29日に1軍初登板、1回無失点に抑える。巨人における育成選手枠での入団選手として初の1軍公式戦出場選手となった。5月9日、甲子園での阪神戦に4番手として登板し初勝利。育成選手枠出身の選手で初の勝利投手になった。その後も林昌範の故障で空いた左の中継ぎというポジションを1人で担い、巨人の優勝に大きく貢献。

2008年
シーズン序盤から先発陣が苦戦する中、西村健太朗・越智大祐とともに中継ぎの柱としてチームを支え、首脳陣からの信頼を得る。最終的にシーズン通算で67登板・11勝を挙げ、巨人のリーグ連覇に大きく貢献。全て中継ぎ登板での2桁勝利は巨人史上初。この11勝のうち、リード時の登板で同点にされ、後の打線援護で勝利投手になる、いわゆる「勝ち星泥棒」はわずか1回しかなく、「山口が抑えれば直後に打線が打つ」という抜群の勝ち運を誇った。新人王を獲得。

2009年
WBC日本代表に選出される。中継ぎとして4試合に登板し、無失点に抑え日本チームの2連覇に貢献。オールスターゲームファン投票でセ・リーグ中継ぎ部門1位となり、育成枠出身選手初の球宴出場。 シーズンでもリリーフとしてリーグ屈指の安定感を見せ、チームトップの73試合に登板し防御率1.27 9勝1敗、44ホールドポイントを挙げ最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。育成枠出身選手初のタイトルホルダーとなった。

プレースタイル
リーチの長い腕から放たれる、140km/h台中盤~最速152km/hのストレート・ツーシームとキレのあるスライダーを左打者の外角へ集める。 2008年、2009年はWHIPが1.00を切るなど制球も抜群である。
2007年に1軍昇格後にはシンカーを習得(チェンジアップだとも言われる)、他にカーブを投げることもある。
長い腕を活かした、左打者の「背中から来る」ようなクロスファイヤー投法だが、2007年は右打者に対しては制球に苦しむ傾向があり、左打者に対するワンポイント起用が多かった。2008年は、前年から右打者対策として習得していたシンカーの制球が良くなったこともあり左右の差を殆ど苦にしなくなり、ロングリリーフを任される機会も増えた。2009年は左打者対策としてシュートを習得し、更に投球の幅を広げている。

人物
少年野球時代はエースとして活躍していたが、当時の山口が投じる球は自然にシュートがかかってしまう(ナチュラルシュート)為、変化球を禁止とするリーグにおいて、上級生になってからはリーグ運営側から「ピッチャー禁止」という警告を受けた。

横浜市立横浜商業高等学校野球部引退後、陸上部に頼まれて横浜市大会に出場し、走り幅跳びで優勝した。その際、遊び半分で仲間と出場したため、ユニフォームを着ないで体育着とランニングシューズで出場していた。

ルーキーリーグ時代は高校も校庭を貸してくれなかった事から練習場所は公園。

プロに入る前はお金がなくアルバイト漬けだった。また、育成選手時代の月給は10万円だった。

プロテストを受ける際は、投手力の弱いチームを狙って横浜ベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスを選んだもののいずれも不合格となり、「どうせなら、最後は強いところを受けよう」と、記念受験感覚で巨人の入団テストを受けて合格した。当時2軍監督だった吉村禎章が、「スライダーを伸ばせば1軍の左の中継ぎとして使える」と原辰徳監督に推薦したことが合格の決め手となったという。しかし清武英利球団代表によると、育成枠での獲得を進言したのは、入団テストで山口が投げたチェンジアップシュートに可能性を感じた小谷正勝2軍投手コーチとのこと。

育成契約出身の中で、1軍で完全な定位置をつかんだ初めての選手であり、育成選手初の新人王獲得という実績、さらにプロ入り以前の波乱に富んだ経歴から「育成の星」という言葉でしばしば評される。清武英利の球団代表就任後、従来の大型補強路線から若手育成路線への転換を推し進めている巨人にあっては、坂本勇人や越智大祐、松本哲也らと共に、「巨人の若手育成の象徴」と目されることも多い。

スポーツ報知にて同期で同じく2008年に飛躍し、プライベートでも仲が良い越智大祐とのコンビ名を募集され、1月29日に「風神雷神」と決定した。

広島東洋カープのマイク・シュルツとは山口がアメリカ・ルーキーリーグ時代に面識があり、2008年に6年ぶりに再会した。同じくヤクルトスワローズのジェイミー・デントナとも面識があり、2009年に再会。両者とも試合前の練習中に談笑する姿が目撃されている。

2009年10月20日のスポーツ報知にてバック転をしている姿が掲載されるなど身体能力に長けている。

背番号
102 (2006年 - 2007年途中)
99 (2007年途中 - 2007年シーズン終了)
47 (2008年 - )

タイトル・表彰
新人王(2008年)
最優秀中継ぎ投手(2009年)
東京ドームMVP特別賞(2008年)
ゴールデン・ルーキー賞(2008年)

個人記録/span>

投手記録
初登板:2007年4月29日、対東京ヤクルトスワローズ5回戦(明治神宮野球場)、8回裏に救援登板・完了、1回無失点
初勝利:2007年5月9日、対阪神タイガース8回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に救援登板
初奪三振:同上、8回裏に鳥谷敬から
初ホールド:2007年8月29日、対東京ヤクルトスワローズ20回戦(札幌ドーム)
初セーブ:2008年4月22日、対横浜ベイスターズ3回戦(宇都宮清原球場)

打撃記録
初安打:2008年10月8日、対阪神タイガース24回戦(東京ドーム)、7回裏にスコット・アッチソンから左前安打



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.