SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

脇谷亮太

脇谷 亮太(わきや りょうた、1981年11月4日 - )は、大分県大分市出身のプロ野球選手。読売ジャイアンツ所属の内野手(二塁手・三塁手、遊撃手)。

ニックネームは「ワッキー」。

目次 [非表示]
1 プレースタイル
2 経歴
3 エピソード
4 詳細情報
4.1 年度別打撃成績
4.2 年度別守備成績
4.3 背番号
4.4 タイトル・表彰
4.5 個人記録
5 関連項目
6 外部リンク


プレースタイル [編集]
遠投110メートル、50m5秒7の身体能力を持つ。
社会人野球時代は三塁手で、大学時代は二塁手だった。現在は二塁、三塁の両方で起用されている。また、日本シリーズでは遊撃手としても出場した。
経歴 [編集]
柳ヶ浦高等学校2年夏に甲子園出場。控えでベンチ入りも出番はなく、1回戦で松坂大輔擁する横浜高校に敗戦。

2003年、日本文理大学が全日本大学野球選手権大会で大学日本一になった時の主将である。

2005年、NTT西日本から巨人にドラフト5巡目で入団。イースタン・リーグで8打席連続安打を記録するなど活躍し、2006年6月4日の西武戦に怪我で離脱した小久保裕紀に変わり一軍登録、即先発出場を果たした。9回裏に清水隆行のサヨナラ犠飛のきっかけとなった三塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。ヒーローインタビューでは、サヨナラ犠飛を打った清水が「脇谷が一生懸命走ってくれたので」と繰り返し、脇谷が照れ笑いする場面が映し出された。8月15日の東京ドーム対東京ヤクルトスワローズ戦では1番・セカンドでスタメン出場し、5打数4安打の猛打賞の活躍を見せ、プロ入り初のお立ち台を経験した。10月5日の横浜ベイスターズ最終戦(東京ドーム)で土肥義弘からプロ初本塁打。

2006年6月8日の福岡ソフトバンクホークス戦(福岡)で、斉藤和巳の完全試合を阻止する投手内野安打を放つ。しかし牽制でアウトにされ、結果的に打者27人の準完全試合を決められるが、脇谷が放ったのは安打であるため、ノーヒットノーランも阻止した事になる。2007年3月4日のソフトバンク戦(オープン戦)でも、9回2死まで完全試合ペースだったが、再びこれを阻止するこの試合唯一の安打を放っている。

2006年のシーズン後半は1番・二塁としてスタメンに固定され、2番・中堅の鈴木尚広と「ダブル1番」として出場していた(ダブル1番という構想は開幕前から度々原辰徳監督が起用法として口にしていたものであるが、40数通りの組み合わせを経てようやくこの組み合わせに落ち着いた)。この年は後半戦200打席超で打率.270の好成績を残す。

2007年は主に二塁で木村拓也、ルイス・ゴンザレスと併用された。同年9月26日の中日ドラゴンズ戦では朝倉健太から逆転2ランホームランを放ち、勝利に貢献。試合後のファンへのヒーローインタビューでは、「優勝しまーす!応援してくださーい!!」と締めくくった。中日とのクライマックスシリーズでは全試合にスタメン出場を果たすが、守備に精彩を欠き全試合で途中交替となった。11月2日からの若手・中堅選手中心の秋季キャンプでは野手キャプテン・強化指定選手に指名されている。

2008年は同じ二塁の木村拓也の好調によって、脇谷の出番は大きく減少した。しかし終盤では昨年見せたような勝負強い打撃も発揮、課題とされた守備に格段の進歩をみせたが、不振のシーズンに終わり年俸500万減(推定)で契約更改。木村拓也、成長した寺内崇幸の後塵を拝したシーズンとなった。それでも、西武との日本シリーズ第5戦では、同点で迎えた7回表に涌井秀章から決勝の2点タイムリー三塁打を放った。

2009年は木村拓也が不振に陥り二塁でスタメン起用される機会が増え、89試合で打率.268の成績を残した。9月28日にはプロ入り後初めて3番で起用された。クライマックスシリーズ3回戦では、8回裏に浅尾拓也から代打逆転決勝2点タイムリー二塁打を放ち、シリーズMVPを受賞した。

エピソード [編集]
打席に入る時のBGM(出囃子)は2009年シーズン現在は湘南乃風の『親友よ』。2008年シーズンはEXILEの『銀河鉄道999』。2006年シーズンはケツメイシの『さくら』。2007年シーズン前半はFUNKY MONKEY BABYSの『Lovin’Life』、2007年シーズン後半から2008年シーズン開幕直後まではASIAN2の『COUNTRY ROAD』。
全日本大学野球選手権大会で大学日本一になった際には青木宣親の他、田中浩康、武内晋一、越智大祐、鳥谷敬ら後にプロ入りした選手8人を擁する早稲田大学を相手に勝利を収めている。2007年からは青木と同じ背番号「23」を背負うこととなったのは、同学年でなおかつ同じ1番バッターの青木をライバル・目標と置くため。
脇谷自身は「雲の上の人であっても目標は高いほうが良い」と小笠原を目標に設定している。小笠原にはアドバイスを聞いたりしているそうである。
吉川輝昭は大学時代のチームメイト。
元木大介のエキサイトサタデー内で、元木大介から「二代目曲者」を襲名された。
2007年リーグ優勝決定後の祝賀会(ビールかけ)で、セーラー服に「勝利の女神」と書かれたタスキをかけた女子高生コスプレで登場し、周囲を笑わせた。これは、チームメイトにして球界の先輩である木村拓也に着させられたとの事。
巨人の監督、原辰徳に「阿部慎之助の次のキャプテンなんだから自覚を持ってほしい」とハッパをかけられたことがある。
2009年のクライマックスシリーズでは、第三戦に浅尾拓也から試合を決める逆転2点適時二塁打を放ってはいるが、4試合中3試合代打のみの出場、3打数1安打の成績でシリーズMVPを受賞し、「3試合でトータル10分くらいしか試合に出ていないんですけどいいのかな、という気持ちです」と驚きを隠せない様子であった。
詳細情報 [編集]
年度別打撃成績 [編集]

度 球
団 試
合 打
席 打
数 得
点 安
打 二

打 三

打 本

打 塁
打 打
点 盗
塁 盗

死 犠
打 犠
飛 四
球 敬
遠 死
球 三
振 併

打 打
率 出

率 長

率 O
P
S
2006 巨人 60 226 215 22 58 7 2 1 72 11 4 3 1 0 8 1 2 42 1 .270 .302 .335 .637
2007 91 188 177 28 50 6 5 1 69 14 8 1 3 0 5 1 3 30 3 .282 .314 .390 .703
2008 56 130 120 15 25 5 2 1 37 8 4 2 3 0 7 0 0 32 0 .208 .252 .308 .560
2009 89 245 231 26 62 7 2 2 79 16 5 3 1 0 10 1 3 52 0 .268 .307 .342 .649
通算:4年 296 789 743 91 195 25 11 5 257 49 21 9 8 0 30 3 8 156 4 .262 .298 .346 .644

2009年度シーズン終了時
年度別守備成績 [編集]
年度 二塁 三塁 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2006 47 117 144 7 22 .974 9 6 9 0 1 1.000 -
2007 57 94 116 3 16 .986 18 5 7 0 0 1.000 2 0 4 0 0 1.000
2008 21 25 42 0 9 1.000 32 13 44 3 6 .950 -
2009 53 89 120 3 25 .986 40 15 38 2 7 .964 1 1 0 0 0 1.000
通算 178 325 422 13 72 .983 99 39 98 5 14 .965 3 1 4 0 0 1.000

背番号 [編集]
57 (2006年)
23 (2007年 - )
タイトル・表彰 [編集]
クライマックスシリーズMVP:1回(2009年)
個人記録 [編集]
初出場・初先発出場:2006年6月4日、対西武ライオンズ6回戦(東京ドーム)、7番・三塁手として先発出場、4打数2安打
初安打:同上、6回裏に西口文也から中前安打
初盗塁:2006年6月11日、対千葉ロッテマリーンズ6回戦(千葉マリンスタジアム)、4回表に二盗(投手:渡辺俊介、捕手:里崎智也)
初打点:2006年8月13日、対広島東洋カープ15回戦(広島市民球場)、7回表に林昌樹から左前2点適時打
初本塁打:2006年10月5日、対横浜ベイスターズ22回戦(東京ドーム)、5回裏に土肥義弘から右越2ラン

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.