SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

岩隈久志

岩隈 久志(いわくま ひさし、1981年4月12日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。愛称は「クマ」。[1]

目次 [非表示]
1 来歴
1.1 近鉄時代
1.2 楽天時代
2 プレースタイル
2.1 年度別投手成績
2.2 背番号
2.3 タイトル・表彰
2.4 個人記録
3 登場曲
4 著書
5 関連項目
6 脚注
7 外部リンク


来歴 [編集]
小学1年時より野球を始める。西武沿線に住んでいたこともあり、小さい頃は、ファンクラブに入って西武ライオンズ球場に通い詰めるほどの熱烈な西武ファンだった。その後堀越高等学校に進学し、3年夏は西東京大会ベスト4。

1999年
ドラフトにて大阪近鉄バファローズより5巡目指名を受けて入団。

近鉄時代 [編集]
2000年
一軍登板なし。二軍戦に2試合、2イニングに登板。シーズンオフに黒潮リーグに参加し、149km/hを記録するなど首脳陣から期待を受ける。

2001年
5月29日の日本ハム戦で8回裏1点リードの状況で初登板し、9回裏に小笠原道大にソロホームランを浴びて同点に追いつかれた。しかし、延長10回表に近鉄打線が爆発し、中村紀洋のこの日3本目の本塁打となる満塁弾などで大きく勝ち越し、結果近鉄が17-12で勝利して岩隈はプロ初登板初勝利を挙げた。岩隈の試合後のコメントは「自分が抑えていればすんなり勝てている状態だったのに打たれてしまいチームに申し訳ない」という内容であり、プロ初勝利の喜びの声はなかった。この年の後半戦に活躍し、最終的には完封1つを含む4勝2敗。手薄であった近鉄投手陣に貢献し、チームのリーグ優勝への力となった。日本シリーズでは第2戦に先発している(勝敗つかず)。

2002年
先発ローテーションの一角として23試合に登板し8勝7敗をマークする。12月、21歳で西武ライオンズ・広橋公寿打撃コーチ(当時)の長女と結婚。きっかけは東京都内の美術館で、広橋一家と偶然出会ったことから。愛妻家として有名。トレードマークである青いグラブには、妻と娘の名前が縫われている。

2003年
背番号を48から21に変更。15勝10敗、最多完投、最多無四球を記録する。

2004年
球団新記録となる開幕12連勝を達成。最終的に15勝2敗となり、最多勝利と最優秀投手のタイトルを獲得。またアテネオリンピック野球日本代表に選出される。オールスターのファン投票ではパ・リーグの先発部門でトップとなり、球宴第1戦の先発投手となる。日米野球の第5戦でも7回1失点の好投で勝ち投手となる活躍を見せる。

この年6月に明らかとなった大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの球団合併と、シーズン終了後楽天の新規参入に伴う選手分配ドラフトで、合併球団オリックス・バファローズに分配された。しかし、岩隈は合併に際しての労使「申し合わせ」を引き合いに入団を拒否。オリックス側は説得を試みたが失敗し、合併新球団と岩隈双方の今後を考えたオリックス・宮内義彦オーナーの判断で、楽天に金銭トレードで譲渡された(選手分配ドラフトについてはプロ野球再編問題の当該項参照)。なお、オリックスは、読売ジャイアンツ高橋尚成とのトレードも視野に入れていた。

楽天時代 [編集]
2005年
球団初年度の開幕投手を任せられ、千葉マリンでのロッテ相手に1失点完投で球団初の勝利投手に。その後、1年間に亘り先発ローテーションを守ったが、シーズン途中から肩の故障等もあり(肩の違和感は前年からあり、2004年には何度か登板をスライドさせていた)、防御率は規定投球回到達投手の中でワーストとなる4.99。勝利数も2桁には届かず(9勝15敗)、自身にとっても球団にとっても不本意な成績に終わった。

2006年
禁止事項となった2段モーションを修正するためにフォームを変更。しかしフォームが固まらず、また前年に痛めた肩の故障の影響などで開幕に間に合わず。8月半ばまで二軍で調整を続ける。8月29日日本ハム戦で一軍復帰。9月12日、ロッテ戦(千葉マリン)でようやくシーズン初勝利。結局、最終的には6試合に登板し、防御率3.72。1勝2敗に終わった。このオフ、東北のステキなお父さんを選ぶ「第1回ベストファーザー in 東北」に選出された。

2007年
2年ぶりに開幕投手を務める。また、1週間後のホーム開幕戦でも先発投手に選ばれたが、試合開始直前(スタメン発表後)に背中の違和感を訴え登板回避、川岸強が急遽登板する事態に。翌日に登録抹消。4月下旬に一軍復帰し、1勝を挙げるも、5月中旬に左脇腹の肉離れを起こし、再び戦線離脱。後半戦に一軍復帰し、7月31日の千葉ロッテ戦(千葉マリン)で2勝目を挙げる。その後、シーズン終了まで先発ローテーションの一角を務め、最終的には16試合に登板し、5勝5敗(防御率3.40)。シーズン終了後の10月に右肘の手術を受ける。

8月23日の千葉ロッテ戦(千葉マリン)で、野村克則コーチ(当時)と乱闘寸前の小競り合いを起こした。4回途中でKOされ7回途中までロッカーに閉じこもっていたところを、野村コーチに注意され激高。コーチ陣が割って入り事態は収まったが、その様子はCS放送で中継された。その後、岩隈は試合中に野村コーチに対して謝罪した(2人は高校の先輩と後輩であり仲はとても良い)。後に娘が発熱し、自宅に連絡していたことが原因であったとブログで公表している。

2008年
2年連続4度目の開幕投手を務めた(7回1失点の好投を見せるも、チームはサヨナラ負け。自身には勝敗は付かなかった)。3月27日のオリックス戦では楽天移籍後初の完封勝利を無四球で挙げた。その後も勝ち星を量産し、6月15日の巨人戦で4年ぶりの10勝目を無四球完封で挙げる。8月16日、千葉マリンでのロッテ戦で自己最多となる16勝目。さらに、9月22日、西武ドームでの西武戦で、パ・リーグでは2003年の斉藤和巳以来となる20勝目に到達。そして、シーズン最終登板となった10月5日、Kスタ宮城でのソフトバンク戦でも勝利し、1985年の佐藤義則以来23年ぶりの21勝投手となり、最多勝を獲得。楽天のシーズン65勝のうち、1/3近くを一人で挙げた。また、同試合で防御率ではダルビッシュ有を抜き、勝率では同率であった小松聖をかわして単独投手三冠を達成。リーグ最多投球イニングも記録し自己最高のシーズンとなった。特筆すべきは被本塁打であり、200投球イニング以上で被本塁打が3本であった(うち2本はセ・パ交流戦で許したもので、パ・リーグチーム相手に許した本塁打は9月29日、ソフトバンクの松田宣浩に打たれた1本のみ)。200投球回数以上で被本塁打3本以下という数字は、1958年に秋本祐作が記録して以来50年ぶりの快挙であった。

オフの各表彰では、チームが5位であったにもかかわらず、沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀バッテリー賞など、投手関連の主要な賞を独占した。最優秀選手のBクラスチームからの選出は、1988年の門田博光以来。 12月26日契約更改交渉に臨み、3年総額10億円の複数年契約でサインした。

2009年
この年からチームの3代目選手会長に就任。1月に第2子の長男が誕生。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され、先発の三本柱(松坂・ダルビッシュ・岩隈)とされ期待される。一次ラウンドの韓国との一位決定戦に先発するも、5回1/3を1失点に抑えるも打線の援護なく、5回表に打たれた韓国4番のイ・デホの一打に泣く結果となり、チームは0-1で惜敗した。二次ラウンドの初戦キューバ戦では2番手として登板、1回を2個の三振を奪って抑える。そして、敗退か準決勝進出かがかかった二次ラウンド、キューバとの敗者復活戦で6回を無失点に抑え、チームは5-0で勝利。この試合では霧深い悪質なグラウンドコンディション(事実、キューバのセンターは小笠原の飛球を落球した)であったが、守りやすくしようと「フライを打たせないようにした」と低めにスライダーやシュートを制球し、事実アウトの15/18は内野ゴロで打ち取り、一次リーグで最もHRの多かったキューバ打線を完全に手玉に取って準決勝進出に貢献した。決勝の韓国戦では、日本戦2勝の日本キラーのボン・ジュングンと投げ合い、7回2/3を2失点に抑える快投を見せる。この7回2/3という記録は、WBC史上最高投球回数(第2回大会当時)である。試合は8回を終わって3対2と日本リードであったが、9回裏から登板したダルビッシュが同点とされたため勝利投手の権利は得られなかった。

大会に出場した全投手中最多の合計20回を投げ、3失点、防御率1.35。全試合で好投したものの打線の援護は計6点と少なく、また救援失敗などもあって1勝(1敗)しかあげられなかった。MVPは3戦に先発し3勝した松坂大輔であったが、松坂本人はMVPは岩隈だと思ったらしく「クマにちょっと悪いな」と語っており、MVP級の活躍であった。投手としての優秀選手賞を松坂とともに受賞した。また決勝戦直後のシャンパンファイトでは、チームメイトらから「クマ!クマ!クマ!」のかけ声で胴上げを受けた。

シーズンでは開幕戦でダルビッシュと投げ合い、6回1失点で4年振りとなる開幕戦勝利を挙げる。しかしWBCの影響からか開幕戦は6回59球での降板であり、前半戦は100球前での降板が目立った上に6月末には一旦登録を抹消され、更に7月17日のホークス戦では自身ワーストの1試合4被本塁打を浴び、被安打はリーグ最多を記録する等、やや精彩を欠いた。だがそれでもチーム2位タイとなる13勝を挙げ、チーム初の2位に大きく貢献した。

プレースタイル [編集]
近鉄時代は右腕をダラリとたらす独特なタメから投げ込む特徴的なフォームがトレードマークだったが、二段モーションが禁止されてからは試行錯誤を繰り返し、現在のような、スリークォーターに近いオーバースロー型に変化した(脚のタメ方などに前モーションの名残が見られる)。

右投げ右打ちであるが、元々は左利きであり、食事やペン等は左手を使っている(例外はゴルフ・ボウリング・ビリヤード)。野球が右投げ右打ちであることについては、「自分が野球を始めた頃、周りの人は皆右投げ右打ちだったから僕もそうした」と語っている。

故障前はMAX153km/hのキレのある直球と大きく曲がる縦のスライダーを武器にした、いわゆる典型的な本格派の完投型スライダー投手と言えるスタイルだったが、故障してからは肩に負担の大きい縦スライダーを多投しないようになり、左右自在に落とす140km/h台の高速フォークを中心に、変化の小さい横のスライダーや内角へ切り込むシュート、120km/h台で打者のタイミングを外すカーブなどを使って、近鉄時代から定評のある打たせて取る投球を更に進化させた。ストレートの球速も2009年現在もMAX152km/hをマークする。

本人も低めへの制球力は故障前よりも現在のほうが良くなったと週刊ベースボール誌のインタビューなどで答えており、2008年シーズンにはその低めへのコントロールを生かし、失投を減らして、登板200イニング以上で被本塁打3本という驚異的な成績を残している。

プロ野球スカウティング・レポート2009(アスペクトムック)では、「150km/hを超える直球を持っており、変化球も主力のよく曲がるスライダーと速いフォーク、強打者をつまらせるシュート、緩急のカーブを全てキレよく揃え、四球も非常に少なく低めの制球にも優れている。打者の左右に成績が振り回されることもない。弱点が全くない投手」と評されている。

クイックモーションは早い方である。

ちなみに2008年に放映されたNHK「スポーツ情熱大陸」で岩隈のことが放映された。練習ではラグビーボールを一回り小さくしたボールでキャッチボールし、ヒジを位置を確認しながら投げている。これにより、ヒジの位置が前年と比べて高くなり、フォークの落差が大きくなったと語っている。

近鉄時代は日本ハム戦に特に強く、2003年から2004年にかけて11連勝した。また、2004年は西武戦にも強く、当時の梨田昌孝監督も、特にこの2チーム相手に岩隈を当てる事が多かった。しかし、楽天移籍後初の日本ハム戦で黒星を喫し、連勝は止まった。なお2005年9月から2008年7月まで、対ロッテ戦でも連勝を続けていた。一方で、近鉄時代は福岡ダイエーホークスに対して相性が悪く、それを首脳陣が気にしてか実際に登板数も少なかった。しかし2008年シーズンには7登板して5勝、通算わずか7失点と完全に手玉にとり、近鉄時代からのレベルアップを見せた。

年度別投手成績 [編集]

度 球
団 登
板 先
発 完
投 完
封 無

球 勝
利 敗
戦 セ

ブ ホ


ド 勝
率 打
者 投

回 被

打 被


打 与

球 敬
遠 与

球 奪

振 暴
投 ボ

ク 失
点 自

点 防

率 W
H
I
P
2001 近鉄 9 8 1 1 0 4 2 0 -- .667 192 43.2 46 3 13 0 3 25 1 0 28 22 4.53 1.35
2002 23 23 2 0 1 8 7 0 -- .533 594 141.1 132 10 42 2 8 131 4 1 62 58 3.69 1.23
2003 27 27 11 0 1 15 10 0 -- .600 809 195.2 201 19 48 2 3 149 2 0 85 75 3.45 1.28
2004 21 21 7 1 2 15 2 0 -- .882 647 158.2 149 13 30 2 8 123 0 0 57 53 3.01 1.13
2005 楽天 27 27 9 0 1 9 15 0 0 .375 796 182.1 218 19 40 3 6 124 7 0 113 101 4.99 1.41
2006 6 6 2 0 0 1 2 0 0 .333 169 38.2 43 4 12 0 1 16 0 0 18 16 3.72 1.42
2007 16 16 0 0 0 5 5 0 0 .500 388 90.0 95 6 23 0 2 84 0 0 47 34 3.40 1.31
2008 28 28 5 2 3 21 4 0 0 .840 787 201.2 161 3 36 1 4 159 4 0 48 42 1.87 0.98
2009 24 24 5 0 1 13 6 0 0 .684 710 169.0 179 15 43 1 6 121 3 0 62 61 3.25 1.31
通算:9年 181 180 42 4 9 91 53 0 0 .632 5092 1221.0 1224 92 287 11 41 932 21 1 520 462 3.41 1.24

2009年度シーズン終了時
各年度の太字はリーグ最高
背番号 [編集]
48(2000年 - 2002年)
21(2003年 - )
20(アテネ五輪、2009年WBC)
タイトル・表彰 [編集]
沢村賞:1回(2008年)
最優秀選手(MVP):1回(2008年)
最多勝利:2回(2004年、2008年)
最優秀防御率:1回(2008年)
最優秀投手(最高勝率):2回(2004年、2008年)
ベストナイン:2回(2004年、2008年)
最優秀バッテリー賞:1回(2008年・藤井彰人と)
セ・パ交流戦優秀選手賞:1回(2008年)
月間MVP:4回(2003年4月、2004年4月、2004年5月、2008年6月)
ゴールデンスピリット賞:1回(2008年)
報知プロスポーツ大賞(野球部門パ・リーグ):1回(2008年)
第二回WBCベストナイン
個人記録 [編集]
初登板・初勝利:2001年5月29日、対日本ハムファイターズ10回戦(東京ドーム)、8番手として8回裏1死より登板、1回2/3を1失点 被安打2 奪三振3 四死球1
初奪三振:同上、8回裏2死に野口寿浩から
初先発:2001年6月10日、対日本ハムファイターズ13回戦(大阪ドーム)、3回5失点で敗戦投手
初先発勝利:2001年8月19日、対福岡ダイエーホークス24回戦(福岡ドーム)、6回1失点
初完投勝利・初完封勝利:2001年9月18日、対西武ライオンズ26回戦(大阪ドーム)、5-0 被安打2 奪三振6 四死球1
1000投球回数:2008年8月16日、対千葉ロッテマリーンズ17回戦(千葉マリンスタジアム)、4回裏3アウト目をサブローから三振を奪って達成、プロ314人目
最多完投:1回(2003年)
最多無四球:3回(2003年、2004年、2008年)
オールスターゲーム出場:3回(2003年、2004年、2008年)
アテネオリンピック野球日本代表(2004年)
開幕投手:5回(2004年、2005年、2007年、2008年、2009年)
開幕12連勝(球団記録):2004年
シーズン21勝:2008年
WBCにおける1登板中史上最多投球回数7回2/3(2009年に記録)
登場曲 [編集]
『パシフィックアイランドミュージック』 Def Tech(2007年)
『小さな掌』 Aqua Timez(2008年前期)
『NO.1』 日華(2008年後期)
著書 [編集]
『絆(きずな)冬は必ず春となる』潮出版社(2009年)
関連項目 [編集]
東京都出身の人物一覧
大阪近鉄バファローズの選手一覧
東北楽天ゴールデンイーグルスの選手一覧
脚注 [編集]
^ チームメイトやコーチ以外にも多くの球界の人物がこう呼ぶ。近鉄時代、「なにわのプリンス」と呼ばれていた。また梨田昌孝(当時の近鉄監督)からは、足の長さ・細さから「バンビちゃん」とも呼ばれた。楽天移籍後は「杜の貴公子」と呼ばれている。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.