SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

金泰均

金 泰均(キム・テギュン、韓国語:김태균、1982年5月29日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(内野手)。

目次 [非表示]
1 来歴・人物
1.1 韓国時代
1.2 日本時代
2 プレースタイル
3 年度別打撃成績
4 タイトル・表彰
5 関連項目


来歴・人物 [編集]
韓国時代 [編集]
天安北一高校時代は、黙々と猛練習を続ける野球漬けの毎日だった。2000年にカナダのエドモントンで開催されたAAA世界野球選手権大会では代表に選ばれ優勝に貢献した。他の韓国の代表メンバーは、李大浩、鄭根宇、秋信守など。

2001年、高卒ルーキーでありながら、即開幕1軍に選出されたが、結果を残せず間もなく2軍落ちする。が、バッティングフォームを今に近いフォームに変え、その後1軍に昇格し、代打やチャンスで結果を出した。終わってみれば、規定打席未満でありながら新人王に選ばれた。 以後、最大の武器である長打力に加え、広角打法と勝負強い打撃でハンファの4番を任されるようになる。

しかし、調子の波が大きく、近年本塁打の数が20本台で停滞し、打率・打点の数も落ちるなど伸び悩みの印象を与えた。また、素質はあるものの主要部門のタイトルには縁がなかった。

自身初めての国際大会である、2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表にも選出されたが、同じ一塁手である李承の控えに甘んじた。同大会では3打席で2四球無安打に終わる。

2008年、開幕から打撃好調で本塁打、打点でトップに立っていたが、北京オリンピックでは再び李承やミートが上手く三塁も守れる李大浩とポジションが重なり、また2006年のWBCのベスト4進出で既に兵役の現役服務を免除された事などが考慮されて代表チームに選ばれなかった。新任打撃コーチ張鍾薫の下で昔のフォームを取り戻し、打率3割2分4厘、31本塁打で自身初の最多本塁打のタイトルを獲得した。

2009 ワールド・ベースボール・クラシックでは、代表入りを辞退した李承に代わり、全試合に「4番・一塁手」でスタメン出場。韓国では短期決戦に弱いことや国際試合には不向きとあまり評価はよくなかったが、全9試合で打率.345、3本塁打、11打点の活躍、大会ベストナインに選出(一塁手部門では満票)される等、大会準優勝に大きく貢献した。

WBC後のインタビューで「日本代表の投手陣は、韓国のエース級よりさらに上だった。」と答え、特に印象に残った選手に岩隈久志を挙げた。

2009年の公式戦では、4月後半試合中に本塁付近での走塁プレーで捕手と激突、頭部を強打し脳震盪を起こしたことで途中退場したこともあって、序盤は長期欠場を強いられた。夏場になって本来の打撃を取り戻したが、8年ぶりに出場試合が100を下回り、所属チームのハンファは主砲の離脱もあって圧倒的な最下位に沈んだ。

日本時代 [編集]
2009年11月、KBOにFAを申請。その動向が注目されていたが、同13日に千葉ロッテマリーンズ入団を発表。

プレースタイル [編集]
WBCで見せた活躍から、韓国球界を代表する右の長距離打者とも評されている。ややクローズド・スタンスで構え、足をほとんど上げずに体の回転で強く振り抜くフォームが特徴。
球を飛ばす長打力(特に変化球に強い)はもちろんのこと、巧みなバットコントロールやここぞの場面で打つ勝負強さ、毎年打率と出塁率との差が1割前後を残す選球眼も優れている。
決して肩は強くないが、一塁の守備も捕球・送球とも高水準。
生粋の長距離打者らしくバットにボールを乗せて弧を描くタイプ。
年度別打撃成績 [編集]

度 球
団 試
合 打
席 打
数 得
点 安
打 二

打 三

打 本

打 塁
打 打
点 盗
塁 盗

死 犠
打 犠
飛 四
球 敬
遠 死
球 三
振 併

打 打
率 出

率 長

率 O
P
S
2001 ハンファ 88 289 245 51 82 13 2 20 159 54 2 0 0 0 40 2 4 72 4 .335 .436 .649 1.085
2002 105 344 298 25 76 11 0 7 108 34 2 1 1 2 41 2 2 103 13 .255 .347 .362 .709
2003 133 573 479 67 153 24 2 31 274 95 3 2 4 2 79 6 9 106 13 .319 .424 .572 .996
2004 129 556 473 76 153 26 1 23 250 106 2 1 0 7 70 3 6 99 11 .323 .412 .529 .940
2005 124 529 461 73 146 33 2 23 252 100 3 1 0 2 60 5 6 73 20 .317 .401 .547 .947
2006 124 511 423 66 123 27 0 13 189 73 2 0 0 4 82 1 2 89 18 .291 .405 .447 .852
2007 118 491 393 62 114 13 0 21 190 85 2 1 0 6 90 4 2 70 13 .290 .420 .483 .903
2008 115 484 410 81 133 27 1 31 255 92 2 0 0 5 64 4 5 67 8 .324 .417 .622 1.039
2009 95 389 336 63 111 15 0 19 183 62 0 0 0 2 45 4 6 71 12 .330 .416 .545 .961
通算:9年 1031 4166 3518 564 1091 189 8 188 1860 701 18 6 5 30 571 31 42 750 112 .310 .410 .529 .938

2009年度シーズン終了時
各年度の太字はリーグ最高
タイトル・表彰 [編集]
最優秀新人(2001年)
最多本塁打:1回(2008年)
ゴールデングラブ賞:2回(2005年、2008年)
WBCベストナイン 一塁手部門:1回(2009年)

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.