SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

☆金本号泣…故三村敏之氏に弔辞☆

 3日に心不全のため急死した楽天編成部長で元広島監督の三村敏之氏(享年61)の告別式が7日、広島市安佐南区の玉泉院長束会館で営まれた。球界関係者のほか一般弔問客を含む800人が故人との別れを惜しんだ。洋子夫人たっての願いで「教え子代表」として弔辞を読んだ阪神・金本知憲外野手(41)が霊前で号泣。広島入団時から2軍監督、1軍監督として7年間お世話になった亡き恩師の教えにもう一度立ち返り、プロ野球人生のラストスパートを最高の形で結実する決意を誓った。

  ◇  ◇

 金本は遺影を前に言葉を詰まらせ、むせび泣いた。「弔辞をお願いできませんか」。洋子夫人たっての願いで、前夜、何時間もかけてお別れの言葉をしたためた。「自分のすべては三村さん」。そう言ってはばからない恩師との早過ぎる別れ。6日、通夜の2時間前に1人斎場を訪れ、故人と対面を果たした金本は、洋子夫人ら家族の前で号泣。この日も涙は止まらなかった。

 憎んだこともある。恨んだこともある。「なんで、おれだけ…」。赤いユニホームで汗と泥にまみれた20代。厳しさしか残らない故人の言葉が昨日のことのようによみがえる。入団時、2軍監督として厳しく鍛えられた故人からは、主力に成長しても決して褒められることはなかった。ミーティングでは名指しで咎(とが)められることはしょっちゅう。三村氏は愛弟子を標的にすることで成長を促し、ことあるごとに金本を突き放した。

 1軍定着を目指した3年目。松山でのオープン戦で練習中に足首をねんざした金本が、三村監督に強制送還を命じられ涙した話は今でも語り草になっている。金本が休まなくなった下地は三村監督なしには語れない。

 「自分の野球人生もそう長くない。三村野球の神髄をみんなに見せていけるように頑張る」。来季42歳。恩師の言葉を胸に刻み、最高の報告を天国にささげる。




野原祐 倍増600万円「もっと活躍」

 阪神の契約更改が7日、秋季キャンプ地の安芸でスタートし、交渉に臨んだ若手9選手が契約を更改した。7月に育成枠から支配下登録を果たし、プロ初安打を放った野原祐也外野手(24)は、育成時代の300万円から倍増となる600万円でサイン。「アップしてもらったんでもっと活躍するように」と早くも来季を見据えた。

 15打数4安打、打率・267。その愛くるしい風ぼうから、ファンにも認知され「こうとんとん拍子に行くとは思わなかった」と振り返るサクセスストーリー。ただ本人は浮かれた様子はまったく見せなかった。

 交渉の席では沼沢球団本部長から、「足も魅力だから走塁練習もしっかりやってほしい。期待してるから」と、走攻守すべてでのレベルアップを要望された。

 今キャンプでは新任の片岡打撃コーチから熱血指導を受けるなど、日が暮れるまで体をいじめ抜いている。「来年の目標と言うよりも、キャンプの目標をクリアしていきたい。これでスタートラインに立てたんで」と実感を込めた野原祐。さらなる飛躍が求められる2年目のシーズンをしっかりと見据えていた。




虎がモリーヨ獲得へ!クルーン抜くかも

 阪神が来季の新外国人として、フアン・モリーヨ投手(26)=米大リーグ・前ツインズ=の獲得に乗り出すことが7日、分かった。ドミニカ出身で、191センチの長身から160キロ超の速球を繰り出す右腕。高知・安芸で秋季キャンプ中の真弓明信監督(56)は、獲得候補であることを認めたうえで「クルーンの記録も抜くかもしれない」と、日本記録の球速162キロすら超える剛速球セットアッパーの入団に期待した。

  ◇  ◇

 ウィリアムス、アッチソンの退団が決まり、後任の左右の中継ぎ獲得に動いていた阪神が、右のセットアッパー候補として、剛速球右腕モリーヨに照準を定めた。

 すでに身分照会を完了し、獲得交渉への手続きに入っている。事前に球団フロントとの会議で、獲得候補のビデオチェックなどを行っている真弓監督は、秋季キャンプ練習休日のこの日、取材に応じ「(獲得候補として)見てる。球が速いというのが第一印象。クルーンの記録も抜くかもしれない」と、日本記録の162キロ超えの可能性を口にした。

 モリーヨは今季開幕は大リーグ・ロッキーズでロースター入りしたが、シーズン途中にツインズに移籍。95-100マイル(153-160キロ)の速球を武器に、今季も3Aでは中継ぎで46試合(67イニング)に登板し、87三振を奪っている。

 ただ、メジャー通算登板は9試合止まりで、真弓監督も「それだけ速くて向こう(メジャー)で投げられてないというのは、何かあるのかもしれない」とした。

 事実、米国では特にスライダーの制球力に難点があるとの指摘もあり、今季も51四球を与え、防御率3・90の内容。防御率1・70で藤川と鉄壁リレーを誇ったアッチソンとはタイプが異なるようだ。

 指揮官も「先発タイプじゃないと思うけど」と中継ぎ起用を想定しているが「コントロールに難があるというのを、どれだけこっちで修正できるかというとこでしょうね」と、獲得した場合も課題が残るとの認識だ。

 ただし「速いというのは間違いない」。未知の部分は多いが、日本野球に順応し虎野球にハマれば、藤川との新たな剛速球リレーが完成する。




左はトーマス MAX155キロ速球派

 ポスト・アッチソンとしてモリーヨ獲得に乗り出す阪神は、ポスト・ウィリアムスとして中継ぎ左腕獲得の準備も進めている。最有力候補に、05、06年に日本ハムでプレーしていたブラッド・トーマス投手(32)をリストアップしている。こちらもMAX155キロの速球派で、08年から2年間は、韓国ハンファで守護神を務めており、今後の動向をにらみながら、獲得に乗り出す。




坂井オーナー 助っ投は“ハズレ厳禁”

 阪神・坂井信也オーナー(61)が7日、神戸市内で取材に応じ、新助っ投について“はずれ厳禁”を強調した。球団フロントが進める補強について「外国人投手は当てなあかんと思ってます。アッチもジェフもいなくなりますから」と、チームにとって重要課題であると認識。名前の浮上したモリーヨについては「まだ正式な話ではないでしょ。多方面の情報から判断しないと」と話すにとどめた。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.