SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

織田信成

織田 信成(おだ のぶなり、1987年3月25日[3] - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。2006年四大陸選手権優勝、2005年世界ジュニア選手権優勝。

目次 [非表示]
1 人物
2 経歴
3 主な戦績
3.1 詳細
4 プログラム
5 略系譜
6 表彰歴
7 脚注
8 関連項目
9 外部リンク


人物
大阪府高槻市出身。高槻市立第二中学校、大阪府立阿武野高等学校を卒業し、現在は関西大学文学部英語英文学専修に在籍[4]。

織田信長から数えて17代目の末裔(参考:織田信高家の系譜)にあたる[5]。このことは海外でも紹介されており[6]、デヴィッド・ウィルソンが2004-2005シーズンのフリープログラムに『座頭市』を選んだのも信長にちなんでのことだという[7]。かつては信長の子孫であることが先行して取りあげられた時期があり、その時は違和感を持っていたが、スケートの実力が伴った現在では楽しんでいる[8][9]。テレビ番組で「戦国三武将で有名なホトトギスの歌を詠むなら」とインタビューされた際は「鳴かぬなら それでいいじゃん ホトトギス」と詠んだ[10]。

大変涙もろく、2005年のスケートカナダでは、7位に終わったショートプログラム後に悔し泣きし、大逆転のフリースケーティング後にはうれし泣きをした[11]。

勝負強く、本番で練習以上の力を出すこともしばしばある。3回転アクセルは2005年世界ジュニア選手権の公式練習で初めて成功した[12]。柔軟性が高く、スピンはバリエーションが豊富。演技の流れの中で跳ぶジャンプは評価が高く、膝と足首を柔らかく使った着氷も美しい[13]。

経歴
母の織田憲子が元スケート選手で、兄や姉もスケートをしていたため、自然な流れで7歳からスケートを始めた[14][5]。1998-1999シーズン、全日本ノービス選手権8位。1999-2000シーズン、全日本ジュニア選手権27位。2001-2002シーズンは左腕を骨折したため競技会に出場しなかった[15]。

2004-2005シーズン、城田憲子の紹介でカナダのリー・バーケルのもとへ渡る[15]。初めのうちは英語も分からず苦しんだが、ジェフリー・バトルらとの練習を通じて成長した[8]。世界ジュニア選手権で優勝。同大会男子シングルで日本人が優勝したのは、2002年大会の高橋大輔以来2人目。女子シングルの浅田真央とともに日本勢のアベック優勝となった。

2005-2006シーズンから本格的にシニア参戦。ISUグランプリシリーズ(GPシリーズ)スケートカナダで3位、NHK杯では初優勝を果たし、本田武史、高橋大輔に続く日本人男子3人目のグランプリシリーズ優勝者となった。トリノオリンピック代表がかかった全日本選手権では、初め優勝と発表されたものの、採点ミスが明らかになり2位に訂正される(詳細は第74回全日本選手権を参照)。この結果、代表選考ポイントでも僅差の2位となり、トリノオリンピック出場を逃した。年が明けてからは四大陸選手権を制し(同大会での日本人男子シングルの優勝者は本田武史以来2人目)、世界選手権でも4位入賞。日本男子シングル出場枠を1から2に増やした。練習では、体力面で他の選手に劣るという指摘を受け、松本整のもとで筋力トレーニングに取り組み始めた[16]。

2006-2007シーズン、スケートアメリカで優勝し、NHK杯では高橋大輔に次いで2位。2年連続で進んだGPファイナルでは銅メダルを獲得した。世界選手権ではショートプログラムで14位と出遅れたが、プログラムを『ミッション:インポッシブル』に変えて臨んだフリースケーティングでは冒頭の3回転アクセル-3回転トウループ-3回転ループから次々にジャンプを成功させて追い上げ[17]、総合7位に入った。同時に、高橋大輔が2位になったため、2人の順位合計により翌2008年大会の日本男子シングル出場枠は3枠となった。

2007年夏、酒気帯び運転で摘発され、日本スケート連盟から出場停止(国際大会5ヶ月、国内大会3ヶ月)と特別強化指定選手5ヶ月間解除の処分を受け、スケートカナダ、エリック・ボンパール杯への派遣も中止された。復帰戦として注目された11月の西日本選手権は調整の遅れを理由に欠場し、12月の全日本選手権も直前に「過度の精神的重圧」等を理由に欠場した。四大陸選手権と世界選手権の出場権を得ることはできず、年明けのアイスショーにも参加しなかった。

2008年4月、ニコライ・モロゾフのコーチ就任を発表[18]。アイスショーにも復帰した。2008-2009シーズンが始まると、ネーベルホルン杯、カールシェーファーメモリアルと立て続けに優勝。国内でも西日本選手権を制し、GPシリーズ復帰戦となるNHK杯でも優勝。全日本選手権でも優勝した。世界選手権ではSPでフェンスに激突するアクシデントがあり、FSでもジャンプの回数違反を再び犯すも、自身初となる4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させ総合7位になった。同時に、小塚崇彦が6位になったため、2人の順位合計によりバンクーバーオリンピック及び2010年大会の日本男子シングル出場枠は最大の3枠となった。

2009-2010シーズン、エリック・ボンパール杯、中国杯とグランプリシリーズを連続優勝。グランプリファイナルでは2位と好成績を残しバンクーバーオリンピックの日本代表に内定した。

主な戦績
大会/年 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10
世界選手権 4 7 不

場 7
四大陸選手権 1 4
世界国別対抗戦 3
全日本選手権 16 6 5 3 2 2 1 2
GPファイナル 4 3 2
GP中国杯 1
GPエリック杯 1
GPスケートアメリカ 1
GPNHK杯 1 2 1
GPスケートカナダ 3
ネーベルホルン杯 1
シェーファー記念 1
ユニバーシアード 2
世界Jr.選手権 11 1
全日本Jr.選手権 4 3 2 1
JGPウクライナ記念 3
JGPスケートロングビーチ 4
JGPSBC杯 3
JGPスケートスロバキア 2 2
JGPトラパネーゼ杯 7

詳細
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年12月25日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権(大阪) 3
79.60 2
164.70 2
244.30
2009年12月3日-6日 2009/2010 ISUグランプリファイナル(東京) 1
87.65 1
155.71 2
243.36
2009年10月30日-31日 ISUグランプリシリーズ 中国杯(北京) 1
83.35 1
156.23 1
239.58
2009年10月16日-17日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ) 2
79.20 1
163.33 1
242.53




2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月16日-17日 世界フィギュアスケート国別対抗戦2009(東京) 3
79.35 4
149.90 3
229.25
2009年3月25日-30日 2009年世界フィギュアスケート選手権(ロサンゼルス) 7
76.49 8
141.67 7
218.16
2009年2月2日-8日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権(バンクーバー) 6
75.04 3
145.22 4
220.26
2008年12月25日-27日 第77回全日本フィギュアスケート選手権(長野) 1
86.45 1
157.25 1
243.70
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(東京) 1
81.63 1
154.55 1
236.18
2008年10月14日-17日 カールシェーファーメモリアル(ウィーン) 2
72.51 1
139.05 1
211.56
2008年9月25日-28日 ネーベルホルン杯(オーベルストドルフ) 1
77.91 1
146.76 1
224.67




2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月20日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権(東京) 14
67.17 6
142.77 7
209.94
2007年1月17日-27日 ユニバーシアード冬季競技大会(トリノ) 2
75.96 2
148.74 2
224.27
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権(名古屋) 2
81.75 2
153.91 2
235.66
2006年12月14日-17日 2006/2007 ISUグランプリファイナル(サンクトペテルブルグ) 4
69.15 2
147.71 3
216.86
2006年11月30日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(長野) 2
83.55 2
161.01 2
244.56
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(ハートフォード) 1
81.80 2
149.59 1
231.39




2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権(カルガリー) 1
36.23 3
78.25 5
136.73 4
251.21
2006年1月23日-29日 2006年四大陸フィギュアスケート選手権(コロラドスプリングス) - 1
77.29 2
124.40 1
201.69
2005年12月23日-25日 第74回全日本フィギュアスケート選手権(東京) - 2
79.90 2
138.80 2
218.70
2005年12月16日-18日 2005/2006 ISUグランプリファイナル(東京) - 4
67.13 5
129.92 4
197.05
2005年12月1日-4日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(大阪) - 2
74.15 2
142.24 1
216.39
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダ(セントジョンズ) - 7
59.84 2
133.24 3
193.08




2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年2月28日-3月6日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(キッチナー) 1
121.30 2
64.33 1
132.09 1
196.42
2004年12月24日-26日 第73回全日本フィギュアスケート選手権(新横浜) - 4
60.81 3
124.83 3
185.64
2004年11月20日-21日 第73回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(大阪) - 4
57.53 1
123.22 1
180.75
2004年9月30日-10月3日 ISUジュニアグランプリ ウクライナ記念(キエフ) - 2
59.20 4
108.61 3
167.81
2004年9月9日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートロングビーチ(ロングビーチ) - 6
50.07 4
98.00 4
148.07




2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(ハーグ) 8 10 11 11
2003年12月25日-26日 第72回全日本フィギュアスケート選手権(長野) - 8 4 5
2003年12月11日-14日 2003/2004ISUジュニアグランプリファイナル(マルメ) - 8 7 8
2003年11月21日-23日 第72回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(京都) - 1 2 2
2003年10月16日-19日 ISUジュニアグランプリ SBC杯(岡谷) - 4 3 3
2003年9月18日-21日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキア(ブラチスラヴァ) - 2 3 2




2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年3月13日-15日 ムラドストトロフィー ジュニアクラス(ザグレブ) 1 1 1
2002年12月19日-22日 第71回全日本フィギュアスケート選手権(京都) 8 6 6
2002年11月23日-24日 第71回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(名古屋) 2 4 3
2002年10月31日-11月3日 ISUジュニアグランプリ トラパネーゼ杯(ミラノ) 10 6 7
2002年10月3日-6日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキア(ブラチスラヴァ) 3 2 2




2001-2002 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2001年12月21日-23日 第70回全日本フィギュアスケート選手権(大阪) 16 15 16
2001年11月23日-24日 第70回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(東京) 7 3 4

プログラム
シーズン SP FS EX
2009-2010[19] 死の舞踏
作曲:フランツ・リスト
演奏:マクシム・ムルヴィツァ
振付:ニコライ・モロゾフ チャールズ・チャップリンメドレー
作曲:チャールズ・チャップリン
振付:ニコライ・モロゾフ ソウル・ボサ・ノヴァ 映画『オースティン・パワーズ』より
作曲:クインシー・ジョーンズ
振付:ニコライ・モロゾフ
--------------------------------------------------------------------------------
スマイル
作曲:チャールズ・チャップリン
ボーカル:マイケル・ジャクソン
2008-2009[20] 仮面舞踏会
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
振付:ローリー・ニコル ワルソー・コンチェルト
作曲:リチャード・アディンセル
振付:ローリー・ニコル 歌劇『トスカ』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:ニコライ・モロゾフ
2007-2008[21] 仮面舞踏会
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
振付:ローリー・ニコル 映画『ミッション:インポッシブル』より
振付:デヴィッド・ウィルソン アラウンド・ザ・ワールド
by レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
振付:宮本賢二
--------------------------------------------------------------------------------
ニューシネマパラダイス
作曲:エンニオ・モリコーネ
振付:織田憲子、杉田由香子
2006-2007[22] フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
作曲:Bart Howard
振付:デヴィッド・ウィルソン 映画『ミッション:インポッシブル』より
振付:デヴィッド・ウィルソン
--------------------------------------------------------------------------------
交響曲第4番
作曲:ピョートル・チャイコフスキー ニューシネマパラダイス
作曲:エンニオ・モリコーネ
振付:織田憲子、杉田由香子
--------------------------------------------------------------------------------
フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
ボーカル:フランク・シナトラ
振付:デヴィッド・ウィルソン
2005-2006[23] セビリアの理髪師
作曲:ジョアキーノ・ロッシーニ
振付:デヴィッド・ウィルソン 映画『座頭市』より
作曲:鈴木慶一
振付:デヴィッド・ウィルソン ルースター
振付:デヴィッド・ウィルソン
--------------------------------------------------------------------------------
スーパーマリオブラザーズ
2004-2005 スーパーマリオブラザーズ[23] 映画『座頭市』より
作曲:鈴木慶一[23] ルースター
振付:デヴィッド・ウィルソン[24]
2003-2004 ニューシネマパラダイス
作曲:エンニオ・モリコーネ
振付:織田憲子、杉田由香子[25][21] 禿山の一夜
作曲:モデスト・ムソルグスキー[23]
--------------------------------------------------------------------------------
THE Rock
振付:織田憲子、杉田由香子[25] Rhythm Delivery[25]
2002-2003 エル・クンバンチェロ 映画『マスク・オブ・ゾロ』より
作曲:ジェームズ・ホーナー[23] トースト・オブ・ザ・タウン
by モトリー・クルー
2001-2002 エル・クンバンチェロ 映画『マスク・オブ・ゾロ』より
作曲:ジェームズ・ホーナー[23] -


略系譜
詳細は「織田氏#織田信高系統」を参照


織田信長 - 初代:信高(七男) - 2代:高重 - 3代:一之 - 4代:信門 = 5代:信倉(養子) = 6代:信直(養子) - 7代:長孺 - 8代:長裕 - 9代:信真 - (10代から13代は不明)- 14代:重治 - 15代:信義 - 信成(次男)

信高系の旗本織田家の傍系にあたる。ただし途中で養子が入っており、血筋としては信長の次男・信雄の子孫である[26]が、いずれにしても信長直系の男系子孫である。祖父・重治、父・信義は大阪通管工業所の創業者[27]。

表彰歴
文部科学省・国際競技大会優秀者表彰(2005年)
脚注
[ヘルプ]
^ a b c d 小坂有紀編『COLORS 2007 フィギュアスケート男子読本』あおば出版、2007年3月、p.54
^ 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009男子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.25
^ a b 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.34
^ 『Cutting Edge 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2005年12月、p.39
^ a b 斎藤貴子編『COLORS フィギュアスケート男子シングルフォトブック』あおば出版、2006年2月、p.90
^ icenetworkによるバイオグラフィー
^ 八木沼純子著『日本フィギュアスケート 氷上のアーティストたち』日本経済新聞社、2005年11月、p.183
^ a b 上坂美穂編『オール・アバウトフィギュアスケート』ぴあ(ぴあワンダーランドSpecial)、2005年11月、p.61
^ 『氷上のアーティストたち』p.178
^ 『Cutting Edge』p.38
^ 『Cutting Edge 2007 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年1月、p.18
^ 『Cutting Edge』p.33
^ 『Cutting Edge』p.29, p.91
^ 『氷上のアーティストたち』p.186
^ a b 『Cutting Edge』p.36
^ 『Cutting Edge 2007』p.13
^ [ 2007年世界選手権男子シングルフリージャッジスコア]
^ 「フィギュアスケート:織田が渡米 酒気帯び運転改めて陳謝」毎日新聞、2008年4月26日付
^ ISUによるバイオグラフィーより
^ 『男子シングル読本』p.23
^ a b 『Cutting Edge 2008』p.26
^ 『Cutting Edge 2007』pp.85-86
^ a b c d e f 『Cutting Edge』p.91
^ 『Cutting Edge 2008』p.20
^ a b c 『Cutting Edge』p.37
^ 純粋な父子関係に基づいた場合、信長 - 信雄 - 高長 - 長政 - 長喬 - 信義 - 信直 -(以下略)となる。
^ (有)大阪通管工業所(会社概要の創始者略歴、前・代表者略歴)

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.