SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

マートン“1番センター試験”合格!

 安芸の地で、新助っ人が光り輝いた。阪神のマット・マートン外野手(28)が23日、紅白戦に白組の「1番・中堅」で出場。課題の守備で初補殺を決めると、打っては能見、久保といった主戦投手を相手に“来日初タイムリー”を含む3安打の固め打ち。真弓監督も「そのつもりでいる」と、シーズンでの『1番・中堅』に初めて合格点をつけた。
  ◇  ◇
 飛球が、センターのほぼ定位置に飛んできた。少しだけ下がり、加速をつけて、落下点へ。三塁走者・林との勝負。マートンから放たれた返球は、低い軌道のまま、すーっと伸びる。2バウンドで、ドンぴしゃのストライク。刺した。
 スタンドがいっせいに沸き上がる。「センター、頼んだぞ」。二回1死三塁。ポスト赤星と言われながら、不安が先行してきたマートンの守備。そんな“低評価”を覆す、スムーズな動きだった。
 メジャーでは、センターを守ったのは、わずか1試合のみ。ぎこちない捕球動作に加え、送球もなかなか上向いてこなかったが、山脇守備走塁コーチは「守備は心配してない。もともと悪くないよ」と言った。初補殺が、周囲の心配を和らげた。
 「きょうに関してはある程度、良かったと思う」。マートンもある程度の手応えを感じながら、一方で二回、林に右中間を破られた打球には「ただ、ポジションが良ければ捕れていた打球もあるので、いろいろコーチと相談しながら慣れていきたいと思うよ」と反省もした。
 輝きは、守備だけではなかった。バットでは、より大きな可能性を示した。
 五回だ。1死三塁。久保の高めの直球をコンパクトにたたき、前進守備の一、二塁間を破る来日初タイムリー。この日の3安打目は、日本野球への適応の高さを感じさせる一撃になった。
 初回に能見から放った中前への二塁打も、昨年のチーム勝ち頭左腕の直球を、完ぺきにとらえたもの。三回の三遊間を破る左前打、最終回の遊ゴロも当たりは悪くなく、打撃は急上昇を告げている。
 「ああいうタイプのバッターじゃないかと思うよ」と真弓監督も、その広角打法を評価する。初めて見せた好守と合わせ「そのつもりでいるよ」と、シーズンでの1番中堅での起用を初めて“明言”した。
 五回の適時打後の走者では、捕手・狩野がボールをこぼす間に、好判断で二塁を陥れた。徐々に日本の野球に慣れてきたことで、走攻守に非凡な才能が出始めている。
 「打席に立つ感覚が良くなってきた。これから投手も調子が良くなるし、負けないようにしたいね」。マートンの表情にも、少しずつ余裕が生まれ始めた。




安藤3回0封!チェンジアップええで!

 「阪神紅白戦、白組3-1紅組」(23日、安芸)
 阪神・安藤優也投手(32)が、紅白戦で白組の先発を務め、3回2安打3三振無失点の好投を見せた。結果だけでなく、新たに習得に励んでいるチェンジアップも試投して、感触も上々で今後も使えるメドも立った。有力候補の3年連続開幕投手に向けて、大きく前進した初実戦となった。
  ◇  ◇
 地道に続けた練習の成果は、初実戦のマウンドで存分に披露された。登板後に見せた充実の笑顔は、3回無失点の結果だけによるものではない。39球を投じた右腕には、確かな手応えが残る。新たに携えた武器-チェンジアップの精度に、大きく自信が深まった。
 「新しいボールを何球か投げて、手応えもあったのが収穫。チェンジアップを試して、自分の中で使っていけるのかなと思います」
 初回から3三振を奪った初の実戦マウンドは、狙い通りの「チェンジアップ締め」だ。三回2死無走者から迎えた浅井に、1-1からチェンジアップを投じると、完全にタイミングを外して投ゴロに仕留めた。「ああやってタイミングを外せれば」。そこまでにも何球かチェンジアップを投じていたが、会心のフィニッシュで降板した。
 上々のスタートを切った新球の仕上がり。ただ、まだ完全なものではない。「(握りが)何種類かある。今日は1種類だけど、自分の中で試していきたい。2、3年温めてきたものだし」。数年前から習得を視野に入れてきた中、試行錯誤の途中でも威力は十分だ。
 開幕カードで対戦する横浜・酒井スコアラーも「チェンジアップもいくつか投げていた。うちは去年もやられているし、力強いピッチングに加えて器用なところも出てきたらね…」と分析。岩田がケガで離脱していることもあり、安藤は、開幕投手の有力候補。横浜007の警戒を強めるのも当然の投球だった。
 真弓監督は、開幕投手について「もうちょっとしてから、開幕のピッチャーを決めないとね。(調整の)合わせ方もあるんで、もうちょっとしてからゆっくり」と話した。まだ決定していないが、安藤の存在は指揮官にとって頼もしく映る。
 「(開幕は)まだ分からないけど、そこをめざしてやっているつもり。(目標は)優勝しかない」と安藤。オフの約8キロの減量に加え、新球でも示した進化の跡。3年連続開幕投手に向け、最高のスタートを切った。




能見ええで“変幻投法”で進化見せた

 「阪神紅白戦、白組3-1紅組」(23日、安芸)
 阪神・能見篤史投手(30)が紅白戦に先発し、3回を3安打4三振無失点の好投をみせた。左打者対策として、腕の位置を下げた投球を随所に織り交ぜるなど、13勝を挙げてブレークした昨季よりも「進化」した姿を、今季初実戦で見せ付けた。
 少しも動じない。先頭のマートンにいきなり中堅に二塁打を打たれたが、続く平野、鳥谷を変化球で連続空振り三振。新井も中飛に打ち取りホームを踏ませない。三回も連打で2死一、三塁のピンチを迎えたが、鳥谷をフォークで見逃し三振に仕留めて無失点だ。堂々とした立ち居振る舞い。確かな「自信」が見て取れた。
 「フォアボールがなかったんでね」。能見は初登板をサラリとこう振り返った。結果を求める時期じゃない。ただ投球内容には、一定以上の満足感がある。
 鳥谷、平野ら左打者を中心に、通常よりも腕の位置を下げた“変幻投法”を計11球交えた。昨季は主に右打者に使って投球にアクセントを付けたが、今年は左打者相手にも増やすつもりだ。「(腕の位置を変えて)ファウルを打たせられれば。いろいろ考えて自分が有利になるようにやっている」。昨季の被打率は右打者の・224に対して、左打者は・250。左打者対策の一端が垣間見えた全51球でもある。
 投球ごとに足の上げ方や投球テンポにも「緩急」を付けた。昨季以上の成績を残すための準備に抜かりはない。開幕に向けて、背番号14は着実に階段を上っている。




開幕投手争い 岩田離脱で安藤が最右翼

 阪神の開幕投手有力候補だった岩田が左ひじ痛で離脱し、現状では実戦復帰のメドが立っていない。山口投手コーチは「まだ時期的にも間に合う可能性があるから」と開幕候補の1人として残しながらも「(安藤、能見の)2人でこれから競争してもらいたい。ただ能見が色気ないから困ってるんやけどな」と明かした。2カード目、4カード目に対戦する広島、巨人を能見が得意にしていることもあり、3年連続を目指す安藤が最も近い位置にいる。




オレを忘れるな!岩田が気合の丸刈り

 左ひじ変形関節炎のため鳴尾浜でリハビリしている阪神・岩田稔投手(26)が23日、髪を短く刈って球場に現れた。前日までは後ろ髪がはねるほど長かったが、この日はほぼ丸刈り。隣接するグラウンドなどで、60メートルのキャッチボールにダッシュ、ノックなどを受け汗を流した。順調なら休日明けの25日にもブルペン入りする予定だ。




最速149キロ!27日も行きメッセ

 「阪神紅白戦、白組3-1紅組」(23日、安芸)
 阪神に新加入したランディ・メッセンジャー投手(28)が紅白戦に登板し、1回を1安打1三振無失点に抑えた。自慢の剛球は13日の練習試合・日本ハム戦(名護)の最速151キロには及ばずも、149キロを計時。異例のハイペース調整を進める助っ人右腕は、27日のオープン戦開幕戦・オリックス戦(安芸)の登板も内定した。
 背中の張りで21日の紅白戦登板を回避したが、もう不安はない。鳥谷に甘く入った速球を中前打された以外は、低めに変化球も集めて危なげなし。「(背中も)問題ない。自分としては良かったよ」。練習試合・日本ハム戦ではボールが高く入って1回1失点。その反省を生かして制球力のレベルを一段上げてきた。
 198センチの巨漢右腕には昨季限りで退団したセットアッパー・アッチソンの穴を埋める期待がかかる。「力があったしコントロールも良かった。少しずつ状態が上がっている段階じゃないかな」とは真弓監督だ。力量把握を優先し、オープン戦ではセ球団相手にもどんどん投げさせる方針。リリーフ陣構想の要諦(ようてい)であるメッセンジャーに、注ぐ視線は誰よりも熱い。
 「今後もこの調子でいければいい。このまま適応できればいい」。オープン戦初戦でも剛球をしっかりと低めに集めて、首脳陣の信頼を深めてみせる。




狩野好調!!リベンジ弾で実戦2発目

 「阪神紅白戦、白組3-1紅組」(23日、安芸)
 阪神・狩野恵輔捕手(27)が、実戦2発目のアーチ。紅組の「8番・捕手」で先発マスクをかぶり、六回先頭で江草から右中間へ放り込んだ。
 ツーシームを狙い打ち、逆風を切り裂いた。宜野座キャンプ中の打撃練習で江草と対戦した際「ツーシームを投げられてショートゴロばかり打ってしまった」という。そのため「勝負どころでツーシームが来るかなと思って狙っていました」と配球を読んだ上での“リベンジ”アーチだ。
 「フルスイングできたことが良かったです。逆風だったので、入るとは思いませんでした」
 13日の練習試合・日本ハム戦でも一発を放った。与えられたチャンスでしっかりと結果を出している。絶対的正捕手として城島が加入しても、狩野の成長の勢いが止まることはない。




星野SDがマートンに太鼓判「率残る」

 阪神・星野仙一SD(63)が23日、田淵幸一OB会会長(63)らと安芸キャンプを視察。紅白戦で攻守に活躍したマートンの今季活躍に、太鼓判を押した。
 「3本出たということでホッとしたんじゃない。大きなもの(本塁打量産)は期待されていないから。野手の間を抜くようなバッティングならやれる。広角にいけばいい率が残ると思う」
 紅白戦では中堅、左翼、右翼へと打ち分けて3安打。決して大振りをしない打撃スタイルを見て、確かな手応えを感じた様子だ。
 じっくりとボールを見極めようとしている姿についても言及。「日本のピッチャーの傾向をしっかりと見てるんじゃないかな」と良い傾向としてとらえている。
 投手陣の調整ぶりもチェック。白組の先発を務めた安藤に関しては「絞り込んでるね」と約8キロ減量した体つきにも注目した。
 昨年13勝を挙げた能見については「2ケタ勝ったから自信がわいてきたかも。今年が勝負。15勝てば来年、再来年もいいんじゃないかな」とさらなる飛躍に期待した。




城島 移籍後初マスク相手は下柳&球児

 25日の紅白戦で移籍後初マスクをかぶる阪神・城島健司捕手(33)とバッテリーを組む相手が、下柳、藤川になることが23日、分かった。
 豪華な顔ぶれがジョーのマスクデビュー戦に並ぶ。投手陣最年長のベテラン左腕と不動の守護神。吉田バッテリーコーチは「あくまでも現時点で下柳2回、藤川1回になる予定にしている」と明かした。下柳はダイエー時代、藤川はWBCでバッテリーを組んだ経験を持つなじみの投手だ。
 本人も「25日はマスクをかぶります。明日、風邪ひいたり、ずっこけてケガしたりすることがなければね。ちゃんとキャッチャーの仕事をします」と意気込んだ。この日は紅白戦に出場せず、室内でフリー打撃などを行い汗を流した。1カ月に及んだキャンプも次のクールが最後。シーズンへ向けた調整に抜かりはない。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.