SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

金妍兒

金 姸兒(キム・ヨナ、1990年9月5日[3] - )は、大韓民国のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2009年世界選手権優勝。2009年四大陸選手権優勝。ISUグランプリファイナル優勝3回。パーソナルベストはいずれもISUジャッジングシステムにおける女子シングル歴代最高得点。

目次 [非表示]
1 人物
1.1 技術・演技
1.2 「練習を妨害された」発言
2 経歴
3 主な戦績
3.1 詳細
4 プログラム
5 スポンサー等
6 メディア出演等
6.1 テレビコマーシャル
6.2 モデル
6.3 その他
6.4 関連書籍
6.5 関連CD
7 表彰
8 広報大使
9 脚注
10 外部リンク


人物
1990年9月5日、富川市で生まれる。家族は両親と3歳上の姉。母国では「国民の妹」(국민 여동생)[4]、「フィギュア・クイーン」[5]、「フィギュアの妖精」(피겨 요정)と呼ばれている[6]。カトリック教徒で、ステラという洗礼名を持つ[6]。2009年3月より高麗大学校に在籍[7][8]。IBスポーツ所属。

韓国のフィギュアスケート史上、初めてISUフィギュアスケート選手権を制した選手(2006年世界ジュニア選手権)。金の活躍により韓国ではフィギュアスケートがブームとなった。劣悪だった韓国フィギュアのインフラも改善され始め、韓国各地にアイスリンクの建設予定があるほか、金の故郷である軍浦市では1,500億ウォンをかけて「キム・ヨナアイスリンク」を建設する予定だという[9]。世界選手権で初優勝した2009年度は米フォーブス誌に「韓国で最も影響力ある有名人」に選ばれ[10]、経済効果は2280億ウォンに上った[11]。CM数は10本を超え、年収は120億ウォンに上った[12]。

韓国のフィギュアスケートを振興するため、後輩の強化・育成活動や[13]、賞金等の寄付をしている[14]。ボランティア活動や[15]慈善活動も積極的に行っている[16][17]。2010年のハイチ地震の際には、ユニセフ韓国委員会に1億ウォンの寄付を行っている[18]。

国際大会の度に韓国から多くのファンが競技場に来て大声援を送っており、金もファンの声援に感謝の言葉を述べる一方で[19]、過度の声援やマナーの悪さに[20][21]苦言を呈することもある[22][23]。ジュニア時代から競ってきた浅田真央の存在が良いモチベーションになっているという[24]。過熱するライバル報道が負担になるとも語っている[25]。

技術・演技
ISUジャッジングシステムのもとで行われた主要国際競技会において、女子シングル史上初めて200点台を出した選手(2009年世界選手権)。ショートプログラムとフリースケーティングのパーソナルベストも、それぞれ歴代最高得点。長野オリンピックのミシェル・クワンの演技に感動して表現力の強化に力を注いできた。[26] 表現力は非常に高く評価されており、演技構成点で8点台を出すことがある[27]。

5種類の3回転ジャンプを跳ぶことができる[28]。12歳までに5種類の3回転ジャンプをマスターした[29]。ジャンプには定評があり、技の出来栄えを評価するGOEでは大きな加点を得ることが多い[30]。特に、3回転フリップ-3回転トウーループのコンビネーションジャンプでは男子選手にも負けないと言われている[31]。シン・ヒェスック元コーチによると、3回転フリップは初めての試みでいきなり着氷したという。[32]スピンやスパイラルシークエンス、ステップではレベルの取りこぼしが少ない。

一方、ループは苦手としており、プログラムから外すこともしばしばである[33]。聯合ニュースが報じたところによれば、2010年バンクーバーオリンピックまで3回転ループをプログラムに入れない意向であるという[34]。

フリップは2008年中国杯で誤ったエッジからの踏み切りであると判定された[35]。この判定に対し、ブライアン・オーサーコーチは「安藤美姫こそ減点対象だ」などと抗議した[36]。2009-2010シーズンからフリップの矯正に成功している。[37]

「練習を妨害された」発言
2009年3月14日、韓国SBSのインタビューで「競争相手の選手に試合直前の練習を妨害された」と話した[38]。中央日報と朝鮮日報の記事によれば、金は「これまで大会のたび、試合直前の公式練習中にジャンプの練習をすると進路を遮られた。特に今回の四大陸選手権では少しひどいという印象を受けた。そこまでしなければいけないのか思うことが多かった。しかしそれに負けたくないし、それに負ければ競技にも少し支障が出るかもしれないので、対処方法を考えている」などと述べた[39][40][41]。金は具体名を挙げていないが[38][42]、韓国メディアは日本の選手達が金の練習を妨害したと断定的に報じており[39][43][41][44]、韓国では日本選手バッシングが過熱状態になっている[45]。

この騒動に関して、識者は「練習はジャッジの見ている前でするから妨害するメリットは全く無い。世界選手権が近いのでキム・ヨナ選手も気が立っていたのでしょう」(渡部絵美)[46]、「ぶつかること自体しょっちゅう。日本相手だから韓国メディアが過剰反応している」(伊藤みどり)[47]、「練習では狭いリンクに6人もの選手がいるのだから試合前の6分間練習のうちただの1分も自分だけのものにすることは出来ない」(ジョアニー・ロシェット)[48]とコメントしている。

日本スケート連盟は、ファンなどから「なぜ(韓国の報道等に)抗議しないのか」などの抗議が殺到したことを受け、妨害の事実を否定するとともに、金側から抗議を受けたことや国際スケート連盟から警告を受けたこともないと表明。さらに、大韓スケート連盟に報道の経緯説明を求める文書を送付し、国際スケート連盟にも報道への見解を問う文書を提出した[49][50][51][52]。また、浅田真央も記者の質問に答え、故意の妨害を否定した[53]。大韓スケート連盟は日本スケート連盟の求めに対し、「特定の国や選手を名指ししたのではなく、一般的に選手が遭遇する状況を共有しようとした」「われわれはこのような誤解が再び起きないことを望む」と回答した[54][55]。

金は世界選手権のためにロサンゼルス入りした後、韓国メディアの取材に答えて「試合では全選手が競争するだけに、そうしたことが起こり得る。インタビューで特定の選手について言及したことはない。事がおかしな形で膨らんでしまったが、気を使わない」と述べた[5][56]。同日の日本メディアの取材では、マネジメント会社が「競技に関する質問のみ」と通達し、その場に緊張感が漂ったという[57]。

世界選手権終了後、金に上記のインタビューをしたSBSのリポーターは、東京スポーツの取材に対し「『日本人に~』というのはSBS側が付け加えたもの」と答え、今回の報道は「韓国ファンの反日感情を煽り、対決ムードを盛り上げようとしただけ」と述べた[58]。なお、SBSは未だに訂正をしていない。

経歴
5歳でスケートを始めた[59]。7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた[59]。決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず金をアメリカなどにスケート留学させた[60]。母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った[61]。2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝[62]。だが小学校6年生頃には練習の辛さと足首の靭帯の怪我と父親の会社の経営悪化が重なり、スケートを辞めることを考えたという[26]。2003年韓国選手権では史上最年少(12歳)での優勝を果たし、神童と呼ばれた[29]。2004-2005シーズンよりジュニアクラスに上がり、ISUジュニアグランプリに参戦する。JGPブダペストで優勝、JGPハルビンで2位となる。JGPファイナルと世界ジュニア選手権では、いずれも浅田真央に次ぐ2位となる。2005-2006シーズン、JGPスケートスロバキア、JGPソフィア杯、JGPファイナルと勝ち続け、世界ジュニア選手権では浅田真央を抑えて優勝。

2006-2007シーズンからはISUグランプリシリーズに参戦。2戦目のエリック・ボンパール杯でGPシリーズ初優勝を飾り、GPファイナルでショートプログラム3位から逆転して初出場初優勝を果たした。しかし12月初旬から軽度の椎間板ヘルニアによる腰痛が酷くなり、国内選手権や冬季アジア大会を欠場した[63]。世界選手権では、SPでISU歴代最高得点を記録して首位に立った。しかし、フリースケーティングでは得点が伸びず、総合順位は3位となった。2007年初めからカナダに拠点を移し、現在に至るまでブライアン・オーサーに師事している[64][4]。オーサーのほか、デヴィッド・ウィルソンを振付師に、トレイシー・ウィルソンをスケーティングと表現力のコーチとするチームを組んでいる[4]。なお、オーサーにとっては金妍兒がコーチ転向後初の教え子である[65]。オフシーズンには弱点である体力を育てるため体力トレーニングに多くの時間を割いたという[66]。

2007-2008シーズン、GPシリーズ中国杯、ロシア杯と2連勝。ロシア杯のフリーではISU歴代世界最高得点を記録した。GPファイナルでも2連覇を達成した。韓国で開催される四大陸選手権は怪我のため欠場した。世界選手権では、仙腸関節負傷のため事前に満足な練習ができず、痛み止めを打ちながらの出場だったが[67]、SPの出遅れたをフリーで追い上げる形で2年連続の3位に入った。

2008-2009シーズン、長年悩まされていた腰痛と股関節痛が完治し、万全の状態でシーズンに臨んだ[68]。GPシリーズスケートアメリカ、中国杯は他の出場選手に大差をつけて連勝した。韓国で開催されたGPファイナルでは地元の大声援を受けたが、過剰な声援が負担となり[23]2位に終わった。会場には多くのファンが押し寄せ、演技後には数え切れないほどのプレゼントがリンクに投げ込まれた[69]。四大陸選手権はSPでISU歴代最高得点を更新し、そのまま逃げ切って初優勝。世界選手権で再びSPのISU歴代最高得点を更新。フリーも今季初めて130点台を出し、総合得点は史上初めて200点の大台を越して念願の初優勝。重圧を押しのけての世界王座獲得に表彰台では感涙で頬を濡らした。[70]

2009-2010シーズン、GPシリーズエリック・ボンパール杯ではフリーと総合得点でISU歴代最高得点を更新し優勝。スケートアメリカではSPのISU歴代最高得点を更新して優勝。GPファイナルでは3度目の優勝を果たした。

主な戦績
大会/年 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10
世界選手権 3 3 1
四大陸選手権 1
韓国選手権 1 1 1[71] 1
GPファイナル 1 1 2 1
GPスケートアメリカ 1 1
GPエリック・ボンパール杯 1 1
GP中国杯 1 1
GPロシア杯 1
GPスケートカナダ 3
世界Jr.選手権 2 1
JGPファイナル 2 1
JGPソフィア杯 1
JGPスケートスロバキア 1
JGPブダペスト 1
JGPハルビン 2
トリグラフトロフィー 1 N

詳細
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月3日-6日 2009/2010 ISUグランプリファイナル(東京) 2
65.64 1
123.22 1
188.86
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(レークプラシッド) 1
76.28 2
111.70 1
187.98
2009年10月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ) 1
76.08 1
133.95 1
210.03




2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権 (ロサンゼルス) 1
76.12 1
131.59 1
207.71
2009年2月2日-8日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権(バンクーバー) 1
72.24 3
116.83 1
189.07
2008年12月10日-14日 2008/2009 ISUグランプリファイナル(高陽) 1
65.94 2
120.41 2
186.35
2008年11月5日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯(北京) 1
63.64 1
128.11 1
191.75
2008年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(エバレット) 1
69.50 1
123.95 1
193.45




2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権(ヨーテボリ) 5
59.85 1
123.38 3
183.23
2007年12月13日-16日 2007/2008 ISUグランプリファイナル(トリノ) 1
64.62 2
132.21 1
196.83
2007年11月22日-25日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯(モスクワ) 1
63.50 1
133.70 1
197.20
2007年11月7日-11日 ISUグランプリシリーズ 中国杯(ハルビン) 3
58.32 1
122.36 1
180.68




2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権(東京) 1
71.95 4
114.19 3
186.14
2006年12月14日-17日 2006/2007 ISUグランプリファイナル(サンクトペテルブルク) 3
65.06 1
119.14 1
184.20
2006年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ) 1
65.22 1
119.32 1
184.54
2006年11月2日-5日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダ(ビクトリア) 1
62.68 4
105.80 3
168.48




2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月6日-12日 2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(リュブリャナ) 1
107.52 1
60.86 1
116.68 1
177.54
2005年11月24日-27日 2005/2006 ISUジュニアグランプリファイナル(オストラヴァ) - 1
57.51 1
116.61 1
174.12
2005年9月29日-10月2日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯(ソフィア) - 1
53.45 1
99.98 1
153.43
2005年9月1日-4日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキア(ブラチスラヴァ) - 1
58.63 1
110.20 1
168.83




2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年2月26日-3月3日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(キッチナー) 1
102.98 6
48.67 2
110.26 2
158.93
2004年12月2日-5日 2004/2005 ISUジュニアグランプリファイナル(ヘルシンキ) - 2
51.27 3
86.48 2
137.75
2004年9月16日-19日 ISUジュニアグランプリ ハルビン(ハルビン) - 4
38.87 1
92.35 2
131.22
2004年9月1日-5日 ISUジュニアグランプリ ブダペスト(ブダペスト) - 1
47.23 1
101.32 1
148.55

プログラム
シーズン SP FS EX
2009-2010 『ジェームズ・ボンド』より
作曲:ジョン・バリ
振付:デヴィッド・ウィルソン 『ヘ調の協奏曲』より
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:デヴィッド・ウィルソン タイスの瞑想曲
作曲:ジュール・マスネ
--------------------------------------------------------------------------------
ドント・ストップ・ザ・ミュージック
(Don't Stop the Music)
by リアーナ
2008-2009[72][73] 『死の舞踏』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:デヴィッド・ウィルソン 『シェヘラザード』より
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
振付:デヴィッド・ウィルソン ゴールド
作曲:Linda Eder

--------------------------------------------------------------------------------

オンリー・ホープ
by マンディ・ムーア

2007-2008[72] オペレッタ『こうもり』より
作曲:ヨハン・シュトラウス2世 ミュージカル『ミス・サイゴン』より
作曲:Claude-Michel Schonberg ジャスト・ア・ガール
by ノー・ダウト

--------------------------------------------------------------------------------

ワンス・アポン・ア・ドリーム ミュージカル『ジキル&ハイド』より
作曲:Linda Eder



--------------------------------------------------------------------------------

オンリー・ホープ
by マンディ・ムーア

2006-2007[72] ロクサーヌのタンゴ 映画『ムーラン・ルージュ』より
作曲:Craig Armstrong あげひばり
作曲:レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ リフレクション 映画『ムーラン』より
ボーカル:クリスティーナ・アギレラ
2005-2006[72] ロクサーヌのタンゴ 映画『ムーラン・ルージュ』より
作曲:Craig Armstrong パパ、見守ってください 映画『愛のイエントル』より
作曲:ミシェル・ルグラン、演奏:イツァーク・パールマン & ジョン・ウィリアムズ ワン・デイ・アイル・フライ・アウェイ 映画『ムーラン・ルージュ』より
ボーカル:ニコール・キッドマン
2004-2005[72] 吹雪
作曲:ゲオルギー・スヴィリードフ パパ、見守ってください 映画『愛のイエントル』より
作曲:ミシェル・ルグラン、演奏:イツァーク・パールマン & ジョン・ウィリアムズ ベンのテーマ 映画『ベン』より
作曲:Walter Scharf、ボーカル:マイケル・ジャクソン
2003-2004[72] 吹雪
作曲:ゲオルギー・スヴィリードフ 歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー -

スポンサー等
ナイキ
国民銀行(2007年2月-)
現代自動車(2008年12月-)[74]
メディア出演等
テレビコマーシャル
CJグループ - 「IVY Club」(学校制服)
国民銀行 - 「夏の少年と冬の少女」(企業イメージCM)
LG生活健康 - 「シャフラン」(液状柔軟剤)
韓国ロッテ - 「アイシス」
LGエレクトロニクス - 「DIOS」(冷蔵庫)
毎日乳業 「ESL 低脂肪乳」 - (牛乳)
韓国P&G - 「ウィスパー・セーフTゾーン」(生理用ナプキン)
LG生活健康 - 「Lacvert」(基礎化粧品)
現代自動車 「ガチョウの夢」 - (企業イメージCM)
サムスン電子 「Hauzen-風の女神」 - (エア・コンディショナー)
モデル
「allure」(2007年5月号)[75]
「ceci」(2008年5月号)[76]。
その他
韓国ナイキ 「NIKE WOMAN - This is love」(スポーツウェア)
韓国3M 「Nexcare - ネクスケア」(救急絆創膏、防水パット)
Tous Les Jours 「金妍兒のパン」(パン)
ロマンソン 「J.estina」 (イヤリング)
関連書籍
朴美喜『아이의 재능에 꿈의 날개를 달아라』2008年、ISBN 9788993094145
エッセイ集「キム・ヨナの7分ドラマ」2010年1月28日[29]
関連CD
金妍兒 Fairy on the ICE - プログラム・ミュージック 2003-2008 (Universal Music)
表彰
大韓民国国会大賞スポーツ部門大賞(2006年12月)
2006年度コカ・コーラスポーツ大賞MVP(2007年 2月)
大韓体育会最優秀賞競技部門(2007年2月)
大韓民国体育賞競技部門最優秀選手(2009年10月)
広報大使
冬季五輪平昌招致広報大使(2010,2014,2018年)[77]
「韓国訪問の年」広報大使(2010-2012年)[78]
地上波テレビデジタル化広報大使(2009-2012年)[79]
脚注
[ヘルプ]
^ a b 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.60
^ a b 金妍兒公式サイト PROFILE、2009年3月21日閲覧
^ a b c d 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.108
^ a b c 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.46
^ a b 「피겨 퀸 김연아, 세계선수권 우승 위해 LA 입성」『スポーツ朝鮮』2009年3月22日、同日閲覧
^ a b 金妍兒、カトリックの洗礼『東亞日報』2008-05-29 03:00
^ 「Kim Yu-na Captures Skate America Title」『The Korea Times』2008年10月27日更新、2009年3月21日閲覧
^ (プロファイル)世界フィギュアスケート選手権で優勝した金妍兒『每日經濟』2009年3月29日更新、2009年3月29日閲覧
^ 「キム・ヨナの”オンリーホープ”5 専用リンクのある真央が羨ましい (2)」『中央日報』2009年3月28日更新、同日閲覧
^ 五輪=キム・ヨナ、バンクーバーで背負う韓国国民の期待「ロイター通信」2010年1月13日、20日閲覧
^ WBC準優勝とキム・ヨナ優勝、経済効果1兆ウォン「聯合ニュース」2009年4月3日、2010年1月20日閲覧
^ 「『CMクイーン』キム・ヨナの収入、今年は120億ウォン予想」『中央日報』2009年3月5日更新、2009年3月23日閲覧
^ 2007年9月14日 中央日報[1]
^ 2007年1月25日 中央日報 金妍兒、フィギュア選手らに奨学金1200万ウォン伝達へ[2]
^ 中央日報 2008年4月29日 中央日報 ‘フィギュアの妖精’金妍兒と一緒にボランティア [3]
^ <フィギュア>2007年9月19日 中央日報 金妍兒が1億ウォン寄付 ‘善行も妖精’[4]
^ 2008年12月26日 中央日報 キム・ヨナサンタがファンとチャリティ [5]
^ キム・ヨナ、ハイチに1億ウォン寄付「Innolife.net」2010年1月19日、20日閲覧
^ 2009年4月1日 中央日報 キム・ヨナ“オンリーホープ”(6)五輪に向かってスタート(2)[6]
^ 2009年3月24日 中央日報 キム・ヨナ“オンリーホープ”(4) 「薬にも毒にもなる観客の応援」(1)[7]
^ 2009年3月24日 中央日報 キム・ヨナ“オンリーホープ”(4) 「薬にも毒にもなる観客の応援」(1)[8]
^ フィギュア:キム・ヨナ「選手は見せ物じゃない」「朝鮮日報」2008年5月2日 自身のホームページ上にて「わたしが練習していたら、眺めるだけで心の中で応援してください。わたしを追いかける人たちのために他の選手が騒々しい環境で練習するのでは、わたしの心は落ち着きません。特に写真を撮るときにはフラッシュは使わないでください。短い瞬間だが選手には本当に危険です。どうかお願いします」と訴えた。
^ a b <フィギュア>キム・ヨナ「私のジャンプに問題なかった」「中央日報」2009.12.07「フィギュアは観戦文化が少し違う。応援する人は組織的な応援よりも、私の演技にもっと集中して欲しいという思いがする」「(2008GPFは)シニア舞台に立って以来、最悪の競技だった。大会前の6分間、氷上でウォームアップをする間、あまりにも大きな喚声に『棄権しようか』と思うほどだった」
^ 『女子シングル読本』p.58
^ 「キム・ヨナ選手、浅田真央選手について過熱するライバル報道に負担感じると本音」2009年4月23日 FNNニュース、同日閲覧
^ a b 20歳のキム・ヨナ、自伝を出版(2)「中央日報」2010年1月26日、同日閲覧
^ 2009年フランス杯
^ 2007年ロシア杯フリースケーティング
^ a b c フィギュア:キム・ヨナがエッセー出版「朝鮮日報」2010年1月21日、同日閲覧
^ 一例としてパーソナルベストを出した2007年ロシア杯フリースケーティング、2009年四大陸選手権ショートプログラムのジャッジスコアを参照
^ 『ワールド・フィギュアスケート 36』新書館、2009年2月、p.17
^ 재능의 김연아? 노력하는 김연아! 2008-12-11
^ 2008-2009シーズンは出場した4大会のうち2大会で3回転ループを回避しており、成功は一度もない。各大会のフリースケーティングジャッジスコア(2008年スケートアメリカ、2008年中国杯、2008年GPファイナル、2009年四大陸選手権)参照。
^ 「キム・ヨナ、3回転ループをダブルアクセルで代替」聯合ニュース、2009年2月11日更新、2009年3月21日閲覧
^ 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.49
^ 「피겨시니어그랑프리 오서 코치 "안도가 감점 대상"」『朝鮮日報』2008年11月7日更新、2009年3月23日閲覧、聯合ニュース配信記事
^ 2009年フランス杯
^ a b 前田泰広「ライバルが練習妨害 キムヨナ選手主張」『読売新聞』2009年3月15日、第14版、第38面(「『日本のライバルが練習妨害』キムヨナ選手主張と韓国TV」『YOMIURI ONLINE』2009年3月15日更新、2009年3月23日閲覧、見出しは違うが内容は同じ)
^ a b 「<フィギュア>キム・ヨナ「日本選手に練習を邪魔された」『中央日報』2009年3月16日更新、2009年3月16日閲覧
^ 「日本スケート界、キム・ヨナの練習妨害発言にピリピリ」『朝鮮日報』2009年3月17日更新、同日閲覧
^ a b 「フィギュア:ヨナ妨害発言に日本スケート連盟が声明」『朝鮮日報』、2009年3月20日更新、同日閲覧
^ 「ハーフタイム」『朝日新聞』2009年3月20日、第14版、第23面
^ チョ・ヒョンサム記者「日本スケート界、キム・ヨナの練習妨害発言にピリピリ」『朝鮮日報』2009年3月17更新、同日閲覧(web魚拓)
^ 「キム・ヨナ衝撃発言…日本選手が練習妨害」『デイリースポーツオンライン』2009年3月15日更新、2009年3月21日閲覧
^ 「キム・ヨナ『日本選手が妨害』 韓国で日本大バッシング」『J-CASTニュース』2009年3月17日更新、2009年3月21日閲覧
^ 『日刊ゲンダイ』2009年3月15日
^ 日本テレビ「スポーツうるぐす」2009年3月23日放送
^ 2009年4月7日 ツカサネット新聞 キムヨナを勝利に導いた?妨害発言の影響[9]
^ 「金妍児の練習妨害報道、スケート連盟が韓国に調査要請」『読売新聞』2009年3月19日更新、2009年3月21日閲覧
^ 「韓国連盟にキム・ヨナの事情聴取を要求…日本スケート連盟」『スポーツ報知』2009年3月20日更新、2009年3月21日閲覧
^ 「キム・ヨナ選手妨害を日本側否定 韓国報道にファンの抗議殺到」『47ニュース』2009年3月19日更新、2009年3月21日閲覧、共同通信社配信記事
^ 「フィギュアスケートに関する一部報道について」『日本スケート連盟ウェブサイト』2009年3月19日更新、2009年3月21日閲覧
^ 「真央ちゃんが出発、故意の妨害は明確に否定」『MSN産経ニュース』2009年3月23日更新、同日閲覧
^ 「韓国スケート連盟が回答 金ヨナ“妨害”報道で」『産経ニュース』 2009年3月23日更新、同日閲覧(web魚拓)
^ 「『特定の国でない』と韓国側=金妍児の『妨害』発言は誤解」『時事通信』3月23日更新、同日閲覧
^ 「ロサンゼルス入りしたキム・ヨナ(3月23日)」 『聯合ニュース』2009年3月23日更新(web魚拓)
^ 「“火元”のキム・ヨナ側 日本報道陣に取材規制」『Sponichi Annex ニュース』2009年3月24日更新、2009年3月25日閲覧
^ 「真央妨害報道 黒幕はヨナ母?」『東京スポーツ』2009年3月30日
^ a b 20歳のキム・ヨナ、自伝を出版(1)「中央日報」1月26日、同日閲覧
^ 「t MAP」김연아「Naver」2007-12-17
^ <フォトニュース> キム・ヨナ選手「フィギュア女王」に「東洋経済日報」2009/04/03
^ 2002年トリグラフトロフィー公式結果
^ 2007年3月13日 yahoo!スポーツ 浅田真央の好敵手――金妍児 [10]
^ 『女子シングル読本』pp.57-60
^ 『WFS35』p.54
^ 2007.12.17中央日報 キム・ヨナ「体力・自信」伸ばす [11]
^ 『女子シングル読本』p.57
^ 「新プログラムは8割方完成」キム・ヨナが意欲「Wow!Korea」2008/09/12 15:21:10
^ 『WFS36』p.22
^ 김연아가 눈물 흘린 이유 2009-7-16
^ "The Nymph of Figure Skating Waits for August". The Dong-A Ilbo (2004-02-10). 2004-02-10 閲覧。 There was miscommunication between ISU and Korean Federation.
^ a b c d e f 『女子シングル読本』p.61
^ 『WFS35』pp.48-49
^ [12]
^ 中央日報 キム・ヨナ、ファッションモデル顔負けのスタイル「中央日報」2007年4月24日、2010年1月20日閲覧
^ 金妍兒、「ceci」5月号の表紙モデルに「中央日報」2008年4月15日、2010年1月20日閲覧
^ キム・ヨナ、冬季五輪平昌招致の広報大使に「Wow!Korea」2009/04/24 19:04:00
^ キム・ヨナ選手、「韓国訪問の年」広報大使に「Wow!Korea」2009/04/29 14:02:00
^ キム・ヨナ、地上波テレビデジタル化広報大使に「Wow!Korea」2009/06/11 20:01:00

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.