SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

頼れるジョー!初長打!初タイムリー!

 「オープン戦、日本ハム1-4阪神」(4日、札幌ド)
 オープン戦で2試合連続4番・捕手でスタメン出場した城島健司捕手(33)が、四回、無死二塁の場面で適時二塁打。オープン戦初打点、初長打で札幌の虎党を沸かせた。初回には移籍後初めて実戦で盗塁阻止も披露。攻守ともここぞの場面で勝負強さを発揮するジョーのエンジンは日に日に全開に近づいている。
  ◇  ◇
 二塁に到達した城島が突然、左肩をグルグルと回し始めた。ライトの稲葉に向かって何やら挑発している?ように見えた。それほど興奮を隠せなかった技ありの一打。打線に火をつけ逆転へ導いた一振りが、主砲としての存在感を物語った。
 1点を追う四回だ。無死二塁で「内角の低いところがストライクだったから、ゾーンを広げて待っていた」。カウント2‐2からの5球目、八木が投じた外角高めの甘い124キロスライダーを見逃さなかった。
 「かっこよく言えば体が反応した」。逆方向へ振り抜いた打球は、右翼線を痛烈に破る同点の適時二塁打。右翼が強肩で守備力に定評のある稲葉でも、果敢に二塁を陥れ、前夜の暴走の汚名も返上した。オープン戦初長打が、初打点となる初タイムリー。塁上の“挑発”ポーズは「うれしくて舞い上がってしまって」。ファンの大きな歓声に身を泳がせた。
 圧倒的なパワーだけでなく、巧みなバットコントロールを披露した。高い技術の礎を築いたのはプロ入り間もないころだ。「試合が終わってメシ食った後に、毎日、1時間は打ち込んでた。1000スイングまではいかないけど、それはずっと続けた」。大きな血マメを作り、どんなに疲れていてもバットを振った。確かな技術は、豊富なスイングの積み重ねだ。
 試合前には早出特打を行っていた中田の打撃を食い入るように見つめ、「いいスイングしてるよね」とつぶやいた。「あれでレギュラー獲れないの?いい振りしてるけどな」と鋭い観察眼と、研究する姿勢は他球団の若手ですら標的になる。
 初回には自慢の強肩で二盗を試みた稲葉を刺した。カウント2‐2からのフォークで小谷野を空振り三振に仕留めると、すぐさま二塁へジョー・バズーカを発射した。ベースカバーに入った関本の足首付近へ完ぺきに制球され余裕でアウト。実戦で初めての盗塁阻止が、流れを変える三振ゲッツーに「久保のクイックが僕の弱肩をカバーしてくれた」と笑った。
 リードも随所に“らしさ”を見せ、「俺はしつこいからね」と同じ球種を同じコースに続けて要求。初球ストライクも徹底し、ジョー理論は確実に浸透しつつある。札幌での2試合で申し分のない動きを見せた城島。現時点で不安要素は見当たらない。




「田上劇場」北の国から2010最終回

 「オープン戦、日本ハム1-4阪神」(4日、札幌ド)
 ライトスタンドから注がれた大歓声に、塁上でそっと笑みを浮かべた。
 「いいぞ、タガミ!」
 阪神の育成ルーキー・田上が北の大地で躍動した。八回に林の代走で途中出場すると、九回に中前打でオープン戦初安打を記録。さらに果敢に初盗塁を成功させるなど、攻走で支配下選手登録&開幕1軍を強くアピールした。
 オープン戦4試合目にして初安打。春季キャンプでも紅白戦4試合で安打なく、まさに待望の一打となった。これから続く長いプロ野球生活へ、記念すべき初安打。オープン戦とはいえ、何物にも代え難い最高の“結果”に、大粒の汗を流しながら静かに笑った。
 九回だ。先頭で打席に立つと、マウンドには日本ハムの守護神・武田久が立った。0‐2からの3球目、高めに浮いた浮いた140キロ直球を一閃(せん)。たたきつけた打球は、瞬く間に二遊間を抜けた。50メートル5秒7の俊足を生かすため、春季キャンプで和田打撃コーチと取り組んだ、ゴロを打つ練習が実を結んだ。
 さらに一死後、葛城の打席でスタートを切った。「盗塁もできてなかったので積極的に走れて良かった」。1ボールからの2球目、引退した赤星氏からの助言でもある「勇気を持って走る」ことを実戦で実行。武田久‐鶴岡の1軍バッテリーから、悠々二塁を陥れた。
 「自分の持ち味を出してくれた。練習ではできているんだから、試合でどんどん出してくれたらね」。育成ルーキーの活躍に、真弓監督も賛辞を惜しまない。二人三脚で指導を続けた和田コーチも「自分の特長を生かした、いいヒットだった。足の速い選手は魅力だからね」と目を細めた。
 「1本も(安打が)出てなかったんで、少し楽になったというか…。良かったですね」。歓喜と興奮を胸の内に隠し、試合後のルーキーは努めて冷静に振り返った。それでも入団時に誓った『支配下選手登録、開幕1軍』が近づきつつある。田上健一、22歳。虎の新戦力が強烈な輝きを放った。




久保、女房・城島と“ラブラブ劇場”

 「オープン戦、日本ハム1-4阪神」(4日、札幌ド)
 強力打線を手玉に取る56球の快投。4回を投げ終えた阪神・久保はベンチに戻ると、女房役の城島にこう告げた。「こんなに構えたところに行くことは(シーズンでは)まずないですから…」。投げる側の意図と、受ける側の意図。阿吽(あうん)の呼吸とはこのことだ。
 初回に村田の一塁後方に落ちる不運な当たり(記録は二塁打)から稲葉の左前適時打で失点したが、その後は右腕の独壇場だ。二、三回は6人斬り。そして四回。1死から稲葉に死球を与えて小谷野を迎え、カウント1‐2となったところで、城島が小走りでマウンドに駆け寄った。
 「もう少し俺に仕事をさせろ。ランナーが走ってくれないと、俺の仕事がなくなるだろう」
 クイックモーションでボールを先行させた右腕に対する女房役の気遣いに、久保は満面に笑み。後続を封じて4回2安打1失点。スライダー、カーブ、シュート。面白いようにストライクゾーンの四隅を突いた。
 「甘めを突いてバッターの反応を見たかったのに、参考にならないほどいいところに行ってしまった」とぜいたくな自己評価。揺るがぬ先発ローテの座。さらに首脳陣からは、非常時のセットアッパー起用も視野に入れられるなど、期待は高まるばかり。
 「ああいう投球をシーズン中も続けてくれたら、間違いなく勝ってくれる」と城島も太鼓判。開幕まで3週間。このまま進めばよい。司令塔の導くままに悠然と、進めばよい。




リリーフ陣も負けん!0封リレー

 「オープン戦、日本ハム1-4阪神」(4日、札幌ド)
 順調なのは先発陣だけじゃない。阪神リリーフ陣の競争も負けじと熱い。筒井、渡辺、そして江草。各自が課題を消化し、手応えをつかみ、「無失点リレー」を完成させた。
 城島と実戦初コンビの筒井は“新境地”に踏み込んだ。五回2死から大野に4球連続でチェンジアップを続けて、空振り三振を奪った。サインには首も振ったが「僕もそのうち(サインが)変わると思ったんですけどね」。城島のリードで新たな配球の妙も感じ取った、1回1安打無失点だ。
 渡辺、江草も新たな武器を携えた。2回無失点の渡辺は「インスラを使えたのは大きかった」。昨季まで使わなかった右打者の内角へのスライダーに手応え十分だ。1回を3人斬りの江草も「生まれて初めてチェンジアップを投げた。収穫大です」。新球への好感触をにじませた。
 甲子園の居残り練習を見守った山口投手コーチはリリーフ陣構想に触れ、「『JFK』みたいに抜けていたら別。方程式を作るんじゃなくて、いいやつを後ろにというイメージはある」。好調な投手からつぎ込み、守護神・藤川につなぐプランを明かした。3人が今宵(こよい)の投球を続ければ、その選択肢も間違いなく増える。




マートンええやん!和田コーチも満足

 「オープン戦、日本ハム1-4阪神」(4日、札幌ド)
 中身の濃い4打席だった。阪神・マートンが七回無死一、三塁の好機で右犠飛を放ち、オープン戦2打点目を挙げた。低めの変化球を器用に運んだ価値ある一打。稲葉の好守に阻まれたが、限りなく適時打に近い鋭い軌道で追加点を生んだ。
 選球眼がいい。五回に木田から選んだ四球はもちろん、初回安打もボール球の見極めがキーになった。相手先発・八木の初球。外角高めに浮いた129キロを、自信を持って見送ったが判定はストライク。カウント2‐1と追い込まれてから、再び同じコースを突かれたが、マートンはボールと判断してバットを止めた。「球の出どころが見にくい投手だったけど、何とか粘っていけたよ」とフルカウントから内角球を左前へ運んだ。
 「札幌に来たときはまだ(フォームが)硬かったけど、試合に出て柔らかくなったね。しっかり下(半身)も使えているし、いい形でヒットも出ている」。和田打撃コーチも満足する内容だ。
 前夜は5イニングの出場で早退を許されたが、試合後半の1時間は札幌ドーム内の施設でウエート強化。試合前の全体アップ中には、伊藤トレーニングコーチに「時間のあるときにストレッチを長めにやってもいいか?」と相談するなど、準備に妥協はない。
 「開幕までまだ時間はあるし、これからどんどん良くなっていきたいね」。ひたむきな精神がこの言葉の裏付けとなっているなら、これ以上の説得力はないだろう。




小嶋の開幕ローテ矢野が太鼓判

 阪神・小嶋達也投手(24)が4日、甲子園の室内練習場内のブルペンで、64球を投げた。今季、初めて小嶋の捕手を務めた矢野が絶賛する内容で、ここまでの仕上がりや成長に太鼓判を押した。
 一球一球、丁寧に投げ続けた。キレのある直球に加えて、緩急をつける変化球を織り交ぜての64球。受けた矢野は、ミット越しに小嶋の成長を確かに感じ取っていた。
 「小嶋、良かったよ。右バッターに外のチェンジアップも覚えたことでね。チェンジアップ、カーブのコントロールもいいし。球持ちも良くてキレもある」
 2007年4月1日の広島戦で、小嶋とバッテリーを組み、プロ初登板初先発初勝利を導いている。昔の姿を知る矢野だからこそ、成長度合いや現在の好調の理由が、はっきりと分かるというものだ。
 「チェンジアップは、カウントが悪くてもそれを投げられるのが大きい。(次回の登板は)前回と同じピッチングができるようにしたい」と小嶋。2月28日のオリックス戦では3回無失点。7日の西武戦(倉敷)でも3回を投げる予定で、開幕ローテ入りに向けてアピールする。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.