SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

清水宏保

清水 宏保(しみず ひろやす、1974年2月27日 - )は、北海道帯広市出身のスピードスケート選手。株式会社コジマ所属。身長は162cm。

目次 [非表示]
1 経歴
2 選手としての話題
2.1 持病
2.2 トレーニングと道具
2.3 日本初のプロスケーター
2.4 500m世界記録
2.5 清水と加藤
3 主な戦績
4 脚注
5 関連項目
6 外部リンク


経歴 [編集]
実家は建設会社。葵幼稚園、帯広市立栄小学校、帯広市立帯広第一中学校、白樺学園高等学校を経て、日本大学文理学部を卒業。三協精機(現:日本電産サンキョー)、NECを経て、現在は株式会社コジマ所属(プロスケーター)。

1993年2月、イタリア・バゼルガディピネで行われたスピードスケートW杯に18歳で初出場し初優勝という快挙を達成。その直後の世界スプリント=群馬県伊香保では総合3位に入り、小柄な世界トップスケーターとして注目を集める。

1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと、4度の冬季オリンピックに出場している。長野では500mで日本のスピードスケート選手としては初となる金メダル、1000mでも銅メダルを獲得、ソルトレイクシティの500mでもトップと0.03秒差の銀メダルを獲得した。ワールドカップ(W杯)通算優勝回数は34回である。

金メダルを獲得した長野オリンピック直後の1998年4月、清水は所属していた三協精機を退社し、日本で初めての「プロ」(スピード)スケーターとなることを宣言。半年後にNECがスポンサーとして名乗り出る。同社と社員契約を結ぶ一方で、複数の企業とスポンサー契約を交わすプロアスリート活動を始めた。

1993年の世界デビュー以降、10年以上にわたって日本スケート界を牽引してきたが、2005年の世界距離別選手権で2位になったのを最後に世界では目立った成績を残せなくなった。男子短距離では、加藤条治、及川佑、長島圭一郎など「ポスト清水」と言われる世代が実力をつけたこともあり、選手としての去就に関心が集まるようになる。2008年3月限りで契約していたNECを退社、新たにコジマと契約を結んだ。

2009年12月に長野市のエムウェーブで開催されたバンクーバーオリンピック代表選考会で500m7位、1000m9位に終わって代表を逃し、「去就については改めてコメントしたい」と語った。マスコミでは「現役引退の決意を固めた」と報じられた[1]。2010年2月19日、今シーズン限りでの現役引退が所属するコジマより正式に発表された。3月5日に引退会見を開き、バンクーバーオリンピックの代表選考が終わった際に引退を決意したと述べた。選手生活については「たくさんの人に支えられ、幸せなスケート人生だった」「唯一の心残りは(500mで)33秒台を出せなかったこと」と振り返り、今後については未定としながらも「いろいろ勉強して、メダルを目指す選手にアドバイスする立場になっていければ」と話している[2][3]。

2009年12月、モデルの高垣麗子との交際が、お互いのブログにより公表された。2010年春、入籍予定。

選手としての話題 [編集]
持病 [編集]
幼少の頃より気管支喘息を持つ。喘息をうまくコントロールして五輪に出場しメダル獲得までをも果たしたスポーツ選手として、代表的な長期管理喘息治療薬の発売元であるグラクソ・スミスクライン社の宣伝に起用されているほか、喘息関係の学会などにも招聘されている。

トレーニングと道具 [編集]
固定自転車により失神寸前まで追い込むトレーニングをおこなっていた。また、自らが使う道具、特にスケート靴に強いこだわりを持つ。長野五輪前にはスラップスケートの靴底にカーボンファイバーを使い剛性を高めることを思いつき、「カーボンファイバーに関する高い加工ノウハウを持っている」との理由から、本来レーシングカーの製造会社である東京R&Dに特注してカーボンファイバー製のスケート靴を作らせたほどであった(長野五輪ではその東京R&D製のスケート靴を使用し金メダルを獲得している)。

日本初のプロスケーター [編集]
上記の通り、1998年にプロ宣言をおこなう。スピードスケートをメジャースポーツにすることを望んでいた清水は、不況により企業のスケート部が相次いで消滅している現状を憂えていた。清水のこの行動は、スケートのみに集中できる環境を作るのと同時に、企業が選手を抱え込む現在のスケート界の体質にも一石を投じるものであった。

500m世界記録 [編集]
1996年3月カルガリーにおいて35秒39の男子500m世界新記録を樹立。スプリント競技は長身選手に有利というそれまでの常識を覆し、この種目の第一人者となる。その後も記録更新を繰り返し、一時期ジェレミー・ウォザースプーンに抜かれるものの、2001年3月10日世界距離別選手権=ソルトレイクシティにおいて自身4度目の記録更新となる34秒32を記録し、世界記録保持者に返り咲いた。この記録は、2005年11月に加藤条治(34秒30)に破られた(現在の世界記録はジェレミー・ウォザースプーンの34秒03)。

清水と加藤 [編集]
清水が前半の「ロケットスタート」でタイムを出すタイプであるのに対して、加藤条治は世界一と称されるコーナーワークの技術が持ち味。加藤が高校生だった頃から、清水はその技術の高さに一目置いており、加藤がショートトラックからコーナーワークを磨いていたことを聞きつけると自分の練習にもショートを取り入れるなど、その技術の習得に意欲を見せた。加藤条治とはライバル関係にあるが、プライベートでは仲が良い。

加藤がバンクーバーオリンピックスピードスケート男子500mにおいて銅メダルを獲得した際、清水は朝日新聞社のコラムにて、手厳しい筆致でつづられた、激励ともとれるメッセージを寄せている[4]。

主な戦績 [編集]
年 冬季オリンピック 世界距離別選手権 世界スプリント ISUワールドカップ
1993 3位
1994 5位 (500m)
19位 (1000m) 4位
1995 2位 総合優勝 (500m)
1996 優勝 (500m) 2位 総合5位 (500m)
1997 3位 (500m) 4位 総合優勝 (500m)
1998 優勝 (500m)
3位 (1000m) 優勝 (500m)
3位 (1000m) 4位 総合3位 (500m)
1999 優勝 (500m)
2位 (1000m) 3位
2000 優勝 (500m)
7位 (1000m) 3位 総合2位 (500m)
総合5位 (1000m)
2001 優勝 (500m)
棄権 (1000m) 2位 総合優勝 (500m)
2002 2位 (500m) 9位
2003 2位 (500m)
6位 (1000m) 5位 総合6位 (500m)
2004 9位 (500m) 7位 総合4位 (100m)
総合3位 (500m)
2005 2位 (500m) 10位 総合5位 (500m)
2006 18位 (500m) 29位
2007 総合20位 (100m)
総合20位 (500m)
2008
2009
金 銀 銅
冬季オリンピック 1 1 1
世界距離別選手権 5 3 2
世界スプリント 0 3 3

脚注 [編集]
^ 清水引退へ スピードスケート五輪代表落ち確実で朝日新聞2009年12月29日
^ 清水が引退会見…「正直、短く感じる」毎日新聞2010年3月5日
^ 「幸せなスケート人生だった」=長野金の清水が引退会見時事通信2010年3月5日
^ 条治よ 悔しかったか朝日新聞2010年2月17日

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.