SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

城島「勝利の方程式」に合格点!!

 「オープン戦、オリックス7‐2阪神」(11日、京セラ)
 阪神・城島健司捕手(33)がオリックスとのオープン戦で六回から途中出場。3回を1失点に封じたメッセンジャー、久保田、球児のリレーに上々の感触をつかんだ。今季の猛虎の中終盤を支える“勝利の方程式”とのオープン戦初バッテリー。3投手無四球という内容に迷わず合格点を付けた。
  ◇  ◇
 守護神が投じた予期せぬ1球に、城島がマスクの向こうで大きく目を見開いた。あっけに取られる司令塔。しかしすぐに、それが球児のイタズラだったことに気付く。
 コラ球児!!
 エヘへ…。
 城島からの返球をグラブに収めながら、球児もマウンド上で子どものような笑みを浮かべた。
 八回2死一、三塁で打席に赤田を迎え、カウント0‐2。城島が出したストレートのサインに球児が大きくうなずき、3球目を投じた。
 ところが…。
 「アイツ、勝手にシュート投げてきよった」
 試合後の駐車場。城島の表情に笑みがにじんだ。ピンチに動じぬ守護神のふてぶてしさが頼もしかった。そしてマスク越しに感じた球児の意地に、守護神の守護神たるゆえんを垣間見た。
 「打たれたくないんだろうね。ピッチャーの本能だね」
 八回に実現した球児、城島のオープン戦初バッテリー。直球を主体に簡単に2死を奪った球児だが、続く北川には、城島のサインに首を振って投じたフォークを中前に運ばれた。さらに坂口にも右前打を許して一、三塁とされ、打席には2月28日の試合で本塁打を浴びた赤田。しかし、ここからがしたたかだった。遊び心たっぷりに2‐2とすると、最後はフォークで空振り三振。「球数が少なかったら練習にならないからね。3人で終わるのはもったいない」。自信と余裕を全身ににじませながら、球児が笑った。
 六回からマスクをかぶった城島に対し、勝利の方程式が躍動した。メッセンジャーは犠飛で1点を与えたが、七回には久保田が新球チェンジアップを交えて3人斬り。「本人は『まだ投げ始めです』って言ってたけど、いい球だったよ。メッセンジャーも四球が絡んでないからね。去年四球が多かったチームとは思えないほど、みんなよくストライクを投げてくれる。その点は大満足です」。オープン戦での初バッテリーに、城島も迷わず合格点を与えた。
 「表情でのやりとりが一番大事なコミュニケーション。やりやすいですね」。城島とのバッテリーに充実感をにじませた球児。そして城島もユーモアたっぷりにこう振り返った。
 「球児の“憎たらしい笑顔”とか、いい球投げた後の久保田の表情とか見られたんでね」
 鉄壁の中継ぎ陣と司令塔の初コラボ。新たな発見があった。笑いもあった。そして互いに、信頼を深めた。




金本、甲子園“貸し切り”練習で快音連発

 阪神の金本知憲外野手(41)が11日、甲子園球場で居残り練習を行った。久々の屋外打撃練習で、球場を“貸し切って”快音を連発。13、14日に予定されている同球場でのオープン戦2連戦中に、今年初実戦の打席に立つことも正式に決まった。
 左右の両打撃投手を相手に、バットの軌道を確認しながら計94スイング。最後は変化球を織り交ぜながら、鋭い打球を右左に打ち分けた。サク越えこそなかったが、聖地に響く打撃音が主砲の順調な調整を意味した。
 16日からの東京遠征以降と見られていた実戦出場について、和田打撃コーチは「東京に行く前の準備というか、そこに向けて甲子園で1、2打席に立てればね」と説明。当日はDHでのスタメン出場が濃厚だ。金本本人は「13日?それよりオレは、新井さんの腰が心配よ」と笑顔でけむに巻いたが、『3・26』開幕戦へ死角は見当たらない。




フォッサム、開幕ローテ黄信号

 「オープン戦、オリックス7‐2阪神」(11日、京セラ)
 打球の行方を黙って見守るしかない。最速134キロにとどまったストレート。高めに浮いた制球の甘さ。欠けた切れ味。これだけ状態が悪ければ、5回を11安打6失点と打ち込まれるのも必然だろう。期待される開幕ローテの一角。だがこの試合に限って言えば、誰も阪神・フォッサムに合格切符は渡せない。
 オープン戦2度目の登板は、課題噴出のむなしき結果に終わった。初回2死二塁。カブレラに初球を投じた際に3日・日本ハム戦(札幌D)に続いて2試合連続のボークを犯すと、直後に左越え適時二塁打を許した。四回にはカブレラに甘いカーブを左翼席に運ばれるなど、4連続長短打で3失点。疲れが見えた五回にも連打で2点を失った。
 「ストライクを先行させることはできたけど、そこから甘いゾーンに入ってしまった。(四回は)バッターが適応してきた。それに対して適応できなかった」。見せ場のなかった投球に、フォッサムも反省の弁を連ねた。3回無失点と好スタートを切ったオープン戦初登板の日本ハム戦とは別人のような内容に、首脳陣の“フォッサム株”も急降下だ。
 山口投手コーチは右打者の外角への制球力不足を踏まえて、「(内角を突いて)あれだけ打者の足が動いているんやから、外角に投げれば、多少甘く入っても打たれない」と苦言を呈した。「球の切れも球速も悪かった。(ローテに)入れるか入れないかはこれから。ほかの投手との兼ね合いもある」とは真弓監督だ。この内容では開幕ローテ入りに「黄信号」がともるのも無理はない。
 「今年初めてあれだけの球数を投げられたので、次はコントロールに気を付けて投げたい」。今季実戦最多となる80球を収穫ととらえて、背番号58は前を向いた。だが置かれた立場が厳しくなったのは間違いない。フォッサムにとって次回登板は、ローテ生き残りをかけた「背水の陣」となる。




ベテラン矢野が初実戦マスク

 「オープン戦、オリックス7‐2阪神」(11日、京セラ)
 満足はできないが、開幕に向けた階段を確かに一つ上がった。阪神・矢野が、今季実戦初マスク。「それなりに不安なくできたと思う」。内容はともかく、この時期に守備をこなせた自分自身に、一定の評価を与えた。
 リードしたフォッサムが5回6失点。「いいところを引き出せなかった反省もある」と話す一方で、「右打者の外のボールがあれば、スライダーも生きてくる」と、今後に向けた特徴把握はできた。打撃では3打数無安打で2三振。指名打者で出場し、2三振だった9日・日本ハム戦(京セラ)を含めて5打数無安打に「さすがにバットに当たってないんでね」と課題を挙げることも忘れない。
 城島加入で昨季までとは立場が変わる。だが「自分がやることは今までと変わらない」。攻守で存在感を示すため、今後も自分のペースで仕上げていく。




マートンやっと出た!13打席ぶり安打

 「オープン戦、オリックス7‐2阪神」(11日、京セラ)
 阪神・マートンが3試合、13打席ぶりの快音を響かせた。三回2死二塁、岸田に対しフルカウントからの7球目、得意の内寄りストレートを鋭く振り抜くと打球は三遊間を抜けていった。二塁走者の坂が本塁で憤死したが、久々のHランプに助っ人はホッとした表情を見せた。
 この試合、4打席で安打はこれだけ。3打数1安打に終わった。試合後、報道陣に囲まれた際にはうんざりとした表情を見せたが、質問が始まれば丁寧に答えた。
 「前より感じとしては良かった。ポイントまでボールもよく見えていた。きょうは内野ゴロを打たなくて良かったね」と最後はジョークを飛ばす余裕も見せた。
 前日、10日の練習では悲そう感さえ漂わせていた。フリー打撃の後に和田打撃コーチを捕まえて個人レッスンを希望。その後はティー打撃、マシン打撃、そして素振りを最後に練習を終えた。来日、1年目。勤勉さが最大のウリである助っ人。努力が報われた格好だ。
 ただし、課題の守備では五回に中堅前のライナーに対し中途半端に突っ込み、オープン戦初失策を記録。「体の正面で止めるべきだった。今はどこまで突っ込めるかを試しているところ」と説明した。
 日々、生まれる新たな課題。真正面から取り組んで一つ一つクリアしていくのがこの助っ人のやり方だ。




球児、14日に6年ぶり2軍戦登板で調整

 「オープン戦、オリックス7‐2阪神」(11日、京セラ)
 オープン戦3度目の登板を終えた阪神・藤川は、次回14日に鳴尾浜球場で行われる教育リーグ・中日戦に登板。6年ぶりの2軍戦マウンドで、ここまでの最終チェックを行う。
 ここまで打者を無理にねじ伏せようとしなかったのは、ペナントに備えてあらゆる状況に対応できる引き出しを作るため。「いま完ぺきに抑えても(シーズン中に)ピンチで対応できないと困るからね」。打者との感覚をつかむための登板なら、1軍マウンドにこだわる必要はないというのが球児の考え。さらには2試合が雨天中止となった影響で過密気味となっている他投手の登板予定にも配慮し、2軍戦での登板を自ら志願した。
 球児の鳴尾浜球場での登板は、04年7月23日のダイエー戦以来実に6年ぶり。このマウンドを最後に調整登板は終了。16日の巨人戦(東京ドーム)以降はペナントを見据えた“本番モード”に突入する構えだ。




新井、キャッチボール再開!早期復帰見えた

 9日の試合前練習で右腰の張りを訴えた阪神・新井貴浩内野手(33)が11日、甲子園の室内練習場でキャッチボールを再開した。日に日に痛みも和らいでいるようで、加えて約30メートルの距離でのダッシュもこなすなど、早期実戦復帰も見えてきた。
 「順調ですね。徐々に良い感じになってます」。約1時間の再始動を終えた新井が、安どの表情を浮かべた。キャッチボールでは捕球後に素早く投げ返すなど、実戦的な動きを披露。ダッシュでも腰をかばう様子なく、力強い走りを見せた。石原チーフトレーナー補佐も「(腰に)張りがあったら、あれだけ投げられないでしょう」と、順調な回復を認めた。
 近日中に打撃練習を再開する見込み。実戦復帰について新井は「スタッフの方々との相談になる」と濁したが、開幕への不安はない。「大事を取っての措置?もともとそう言ってるでしょう」と、不安視する声を笑顔でかき消していた。




先発デビューの秋山、3回無失点

 「教育リーグ、広島3-1阪神」(11日、由宇)
 阪神のドラフト4位・秋山拓巳投手(18)=西条高=が11日、教育リーグ広島戦(由宇)で“プロ初先発”し、3回1安打無失点と好投した。2軍首脳陣は投球内容を絶賛。秋山は今後も先発として1軍を目指す決意を示した。
  ◇  ◇
 力みはない。むしろ、楽しんでいた。先発デビューを満点で飾った秋山は「緊張はしなかったです。(先発は)気持ちいいですね」とすがすがしい笑顔で振り返った。
 早朝、外野の芝生に雪が積もったため試合開始が30分、遅れた。最高気温は10度を切った。ブルペンの投球を見た平田2軍監督は「よくなかった」。それでも結果を出したところが、並の新人ではないと示している。
 ピンチは初回だけ。先頭の中東に左越え二塁打を浴びると、吹っ切れた。続く木村はカウント1‐3から外角スライダーでストライクを奪う老かいさも見せ、最後は直球で三ゴロ。続く会沢、岩本はともに空振り三振に仕留めた。最速は141キロ止まりながら、一時的に1軍を離れ調整のために教育リーグに出場した広島の1~4番を力で封じ込めた。
 二、三回はともに三者凡退で3回無失点。これで実戦は4試合で7回無失点となった。平田2軍監督は「マウンドに立ったらハートが強いね」と絶賛。中西2軍投手コーチも「慌てるそぶりがない。それが一番大きいし、一番大切。次も頭(先発)で投げるのは変わらない」と素質の高さを再確認した様子だった。
 次回登板は未定だが、先発として、さらにイニング数を伸ばすと決まっている。「これからも先発でやっていきたい」。甲子園のマウンドに立つ日まで、秋山は与えられたチャンスを逃さない。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.