SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

喜田剛

喜田 剛(きだ ごう、1979年10月25日 - )は、福岡県福岡市出身のプロ野球選手。広島東洋カープ所属。登録上のポジションは内野手(一塁手、三塁手)だが、外野手としての出場も多い。愛称はキダゴー、キダゴ。

目次 [非表示]
1 経歴
1.1 阪神時代
1.2 広島時代
2 人物
3 詳細情報
3.1 年度別打撃成績
3.2 背番号
3.3 個人記録
4 関連項目


経歴 [編集]
阪神時代 [編集]
2001年のドラフト7巡目で阪神タイガースに入団。2002年秋に行われた第14回アジア競技大会野球日本代表に参加し、チームの主軸として6試合で3本塁打を記録。チームは銅メダルを獲得。

2003年7月13日のフレッシュオールスター(札幌ドーム)で、一時は逆転となる3ランを放ち、MVP最有力だったが、その後リリーフ登板した同僚の三東洋投手が逆転打を浴びてしまったため、優秀選手賞止まりとなってしまった。9月27日の対中日ドラゴンズ戦では、当時抑えのエースだった大塚晶則から一軍初打席で初安打を放った。

2005年、二軍で打率.303、21本塁打、55打点、長打率.631の活躍で、ウエスタン・リーグ本塁打王・打点王・最高長打率の三冠を獲得。

2006年も二軍で打率.278、14本塁打、56打点、8盗塁を記録し、ウエスタン・リーグで2年連続の本塁打王・打点王、さらに最多安打と最多得点も獲得した。シーズン終盤には一軍でプロ初打点も挙げる。ファーム日本選手権にてロッテの成瀬善久から桜井広大、藤原通とともに三者連続本塁打を放った。

2007年は二軍での成績は打率.220(123打数27安打)、2本塁打、12打点とあまり振るわなかったが、広島東洋カープのマーティ・ブラウン監督の要望もあり、5月18日に山田真介との交換トレードで広島に移籍した。

広島時代 [編集]
広島移籍後、即一軍登録され、5月22日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)で7番・DHでスタメン出場。広島での初打席をオリックス先発のランス・カーターから安打で飾った。5月30日の対ロッテ戦(広島市民球場)では、ロッテ先発の清水直行からプロ入り第1号となる右越え本塁打を放った。一時は打率3割を超え右翼手のレギュラーを奪うかの活躍を見せたが、8月後半から約1ヶ月ノーヒットが続き、打率を下げてしまった。阪神時代は5年間で8試合しか出場できなかったが、この年だけで67試合に出場し、打率.247、3本塁打を打った。2008年以降は左の代打の切り札として起用されている。

2008年1月、交際していた女性と結婚。広島へのトレードが決まった2007年5月、阪神のチームメイトである浅井良・桜井広大・藤田太陽らが二人を招いて送別会を開いてくれた日にプロポーズしたという。

2008年から登録名が姓と名の間を区切らない喜田剛に変わった(球団サイトでの登録名変更発表はなし)。これは応援歌の歌詞が言いやすく、フルネームで呼ばれていることを考慮してである。またユニフォームの背ネーム表記も「KIDA.GO」となっている。

人物 [編集]
福岡大学時代は、当初捕手だったが外野手に転向。阪神入団後、内野手に転向する。広島に移籍した2007年は外野手としての出場が多かった。2008年は内野手としての出場が増えたものの、2009年は再び外野手としての出場が多くなった。

現在も、阪神時代のチームメイトの林威助や桜井広大にライバル心を燃やしており、サヨナラヒットを放った2007年6月11日のオリックス戦(広島市民球場)でのインタビューでは「あいつ(桜井)には負けたくないです!」と言った。

2007年の開幕前に阪神・私設応援団が喜田個別の応援歌を作ったが、一軍に昇格することなく広島に移籍したため、応援歌は公式戦で歌われないままお蔵入りとなった。広島での応援歌は7月16日の横浜戦(横浜スタジアム)で初披露された。この応援歌はカープ特有の名前を繰り返しコールしながらスクワット運動を行うものとは異なる。

父親は元力士で最高位は幕下18枚目。

新井貴浩の人的補償で広島入りした赤松真人とは阪神時代から仲が良い。

チームメイトの栗原健太と顔が似ているため、移籍当初はファンに栗原と間違えて呼ばれることが多々ありショックを受けていた。「顔を覚えてもらうためには活躍をするしかない」と発言している。

詳細情報 [編集]
年度別打撃成績 [編集]

度 球
団 試
合 打
席 打
数 得
点 安
打 二

打 三

打 本

打 塁
打 打
点 盗
塁 盗

死 犠
打 犠
飛 四
球 敬
遠 死
球 三
振 併

打 打
率 出

率 長

率 O
P
S
2003 阪神 1 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
2004 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2005 3 8 8 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
2006 2 5 5 0 3 2 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .600 .600 1.000 1.600
2007 広島 67 167 150 13 37 11 0 3 57 12 1 1 1 0 15 0 1 35 3 .247 .319 .380 .699
2008 66 100 92 11 22 2 1 4 33 11 0 0 0 0 6 0 2 22 3 .231 .300 .359 .659
2009 78 134 126 8 32 12 0 2 50 20 0 1 0 0 6 0 2 30 0 .254 .299 .397 .695
通算:7年 219 417 384 33 97 27 1 9 153 44 1 2 1 0 27 0 5 91 6 .253 .310 .398 .709

2009年度シーズン終了時
背番号 [編集]
22(2002年 - 2003年)
55(2004年 - 2007年途中)
44(2007年途中 - )
個人記録 [編集]
初出場:2003年9月27日、対中日ドラゴンズ28回戦(阪神甲子園球場)、11回裏に代打として出場
初打席・初安打:同上、11回裏に大塚晶則から右前安打
初先発出場:2006年10月14日、対広島東洋カープ22回戦(広島市民球場)、6番・一塁手として先発出場
初打点:同上、1回表に大竹寛から右翼線適時二塁打
初本塁打:2007年5月30日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(広島市民球場)、4回裏に清水直行から右越ソロ
初サヨナラヒット:2007年6月11日、対オリックス・バファローズ4回戦(広島市民球場)、9回裏に岸田護から左翼線へ適時打


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.