SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

宮出隆自

宮出 隆自(みやで りゅうじ、1977年8月18日 - )は、愛媛県宇和島市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

目次 [非表示]
1 来歴
1.1 アマチュア時代
1.2 プロ入り後・投手時代
1.3 プロ入り後・野手時代
2 プレースタイル
2.1 投球
2.2 打撃
2.3 守備
3 人物
4 詳細情報
4.1 年度別投手成績
4.2 年度別打撃成績
4.3 背番号
5 関連項目


来歴 [編集]
アマチュア時代 [編集]
愛媛県立宇和島東高等学校ではエースとして活躍、後にスワローズでもチームメイトとなる岩村明憲とバッテリーを組んだ。

1994年の夏の甲子園では一塁手として出場。チームは惜しくも敗れたが、3打数1安打1打点と結果を残している。公式戦のみで、高校通算34本塁打の強打を誇った。

1995年のドラフト2位でヤクルトスワローズに投手として入団。

プロ入り後・投手時代 [編集]
プロ3年目の1998年4月22日に対中日戦で一軍初先発し、5回を自責点2に抑えて初勝利。この試合では9つの四球を残して制球力に課題を残したが、初回に13点の大量援護を貰っており、事なきを得た。ただ本人も翌年以降見られた、ピンチに強いところを早くも見せている。

1999年には中継ぎを中心に谷間の先発も任され、2勝を挙げた。2000年には3勝を挙げる活躍。迫力のあるフォームと勝負強さで、若手のホープと期待される。

2001年はセットアッパーとしての活躍を期待され、開幕戦にも登板。しかし4月半ばに膝の半月板を損傷し、手術に踏み切った。元々投手としては故障がちであった事や、手術後投球を行うと膝に水が溜まるようになったため、2002年から外野手に転向する。この際、三塁や一塁など、内野の練習にも取り組んでいるが、余りの酷さに内野失格を言い渡されてしまった。

投手でありながら、一軍で打席が回ってきた際は安打を放っている。投手時代は計17打数7安打(打率.412)と高打率を残した。また、ファームでは本塁打も2本記録している。

プロ入り後・野手時代 [編集]
2002年の一軍出場はなかったが、2003年は一軍の準レギュラーとして60試合に出場し、打率.277、5本塁打を記録。打者としての実力の片鱗を見せた。同年5月25日の地元松山での凱旋試合で阪神の藤川球児から一軍初本塁打を放っている。

翌2004年は低迷するものの、2005年は後半戦から5番打者としてクリーンナップの一端を担う活躍。規定打席には達しなかったが、打率.320、8本塁打、46打点の好成績を残した。

2006年はチーム有数のクラッチヒッターとして右翼のレギュラーを奪取。134試合に出場し、初の規定打席に到達して打率.275と活躍した。確実性に苦しんだものの、最終的には自己最多の9本塁打59打点をマークした。8月30日は宮出隆自Dayとして球団のキャンペーンの対象となった。この日の試合では8号本塁打を放つ活躍を見せ、チームも勝利した。

2007年は高校の後輩でもある岩村明憲のメジャー挑戦で三塁手が空席になったため、外野手から三塁手へのコンバートが予定された。春季キャンプの阪神との練習試合では2回の守備機会で2回ともエラーをしてしまい、阪神の岡田彰布監督から「岩村はセ・リーグ一のサードやったから気が楽や」と言われてしまった。

宮出はこの悔しさをバネにこの後も特守に励んだが成果は思わしくなく、三塁手としての守備率は.875とチーム最下位で、三塁手のレギュラーは飯原誉士に奪われる形となった。以後は折しもアダム・リグスが離脱した事で一塁手としての出場が増え、長身も生かしてまずまずの守備を見せ新たなレギュラーポジションを掴んだ。同年は一塁68試合、三塁18試合、外野13試合を守った。主に5・6番打者として、111試合で打率.279、前年と同じ9本塁打を記録するなどの活躍を見せたが、9月17日の対中日戦で山井大介の投球を右手に受け骨折。残りのシーズンを棒に振った。

2008年は、一塁には畠山和洋が固定、右翼には福地寿樹が固定され、本人の不振もあり、出場機会数が激減。野手転向後では最も悪い成績になってしまった。

2009年、開幕直前の3月23日、一場靖弘との交換トレードにより東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍が決定。移籍後の会見では「入団したときのようにまっさらな気持ちでがんばりたい」と語った。右打ち外野手の層が薄いチーム事情から、活躍が期待された。前半は打率は1割台と調子が悪く登録と抹消を繰り返したが、7月14日の対西武戦に代打で出場し、2007年9月5日対広島戦以来となる2年ぶりの本塁打を三井浩二から放つ。これが決勝点となり、移籍後初のヒーローインタビューを受ける。この頃を境に調子を上げ、左投手キラー中島俊哉の故障の影響もありスタメンでの出場機会が増えた。一塁や右翼での守備固めとしても25試合で起用された。最終的に打率は3割を超え、対左投手の打率は.340と結果を残し、盗塁も5個記録した。

プレースタイル [編集]
投球 [編集]
190cm(実際は192cmとも)の長身から投げ下ろす140km/h台半ばの速球や、フォークボールを武器に台頭。他に見せ球としてのカーブも投じていた。

打撃 [編集]
打撃面では年々成長を見せており、特に得点圏にランナーがいる時の柔軟な打撃には定評がある。右打者ながら右翼方向へのヒットや本塁打も多く、広角に打ち分けている事がうかがえる。また、ランナーがいる際は進塁を意識するようで、得点圏にランナーをおいての本塁打が少ないことでも知られる。守備や走塁のミスを打撃にまで引きずる、一度不振に陥ると無安打が長く続く、と言った傾向がままあり、精神面のデリケートさを指摘する声が時折聞かれる。悪い時は内角をえぐる球に対する中途半端な空振り三振、外角のきわどい球に対する見逃し三振が目立つ。あまりコンスタントに打てるタイプではない。逆に乗っている時はシャープでシュアな打撃を見せ、バッティングのみならず選球眼も冴え渡る。固め打ちで打率を稼ぐタイプであると言える。

守備 [編集]
野手としての経験が浅いためか、とんでもない失策を犯す事もあるが、元投手だったためか肩はそれなりに強い。また足も速い部類に入り、運動能力は高い事がうかがえる。

強肩を生かして右翼に入る事が多く、外野に不安定な若手や外国人の多い楽天ではその経験を買われて守備固めに起用される事も。

中堅、左翼で起用される事も稀にあるが、この2ポジションでは経験の乏しさからかあまり上手とは言い難い。

ヤクルト時代には一塁、三塁での起用もあり、三塁では散々だったが一塁ではまずまずの守備力を発揮した。一塁を守るときはファーストミットは使用しない。

人物 [編集]
チームでも随一の練習量をこなしており、2007年には年齢的には若くないにもかかわらず「若手の期待選手」として紹介される事もあった。真面目で優しく人柄の良い選手として知られ、チームメイトからの人望も非常に厚い。

長身から繰り出されるパワフルな打撃から、一時はロベルト・ペタジーニに引っ掛けて「ミヤジーニ」のニックネームで和製大砲として期待された。また、2005年にはその長身から同年に巨人に在籍していたバート・ミアディッチと引っ掛けて「ミヤデッチ」または「ミヤディッチ」と呼ばれていた事もあった。

チームの宴会で、古田敦也の指令で宮本慎也に無理矢理酒を飲ませていたとき、当時現役だった伊藤智仁が仲裁に入ると二人は別室に行き、次の瞬間大きな音と怒号が響いた。宮出は怒った宮本が伊藤と殴り合いの喧嘩を始めてしまったと思い込み、「普段仲の良い二人が自分のせいで喧嘩をしてしまった」「もうこのチームでは野球は出来ない」とひどく落胆するが、ふと宴会場の舞台を見ると「宮出さん、ドッキリです」と書かれたプラカードを持った古田敦也が立っていた。それを見た宮出は安心して泣いてしまった。実は二人の喧嘩は古田が仕掛けたドッキリだった。このとき、石井一久はドッキリの仕掛け人ではないのにもかかわらず、ドッキリに参加したくて無理矢理喧嘩の仲裁に入ったが、あまりにもわざとらしかったため、周囲の人たちは必死に笑いをこらえていたという(2007年3月11日放送分の『ジャンクSPORTS』にて)。

2006年に未発表であった新年度のユニフォームの写った写真を、自身のブログに公開してしまった事がある。

詳細情報 [編集]
年度別投手成績 [編集]

度 球
団 登
板 先
発 完
投 完
封 無

球 勝
利 敗
戦 セ

ブ ホ


ド 勝
率 打
者 投

回 被

打 被


打 与

球 敬
遠 与

球 奪

振 暴
投 ボ

ク 失
点 自

点 防

率 W
H
I
P
1998 ヤクルト 3 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 41 8.0 5 0 14 1 0 10 1 0 4 4 4.50 2.38
1999 21 4 0 0 0 2 4 0 -- .333 190 43.1 40 5 22 0 0 43 1 1 31 28 5.82 1.43
2000 22 3 0 0 0 3 1 0 -- .750 193 49.0 41 7 13 0 1 43 1 0 23 23 4.22 1.10
2001 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 4.1 3 0 4 0 0 4 0 0 3 0 0.00 1.62
通算:4年 49 8 0 0 0 6 5 0 -- .545 442 104.2 89 12 53 1 1 100 3 1 61 55 4.73 1.36

年度別打撃成績 [編集]

度 球
団 試
合 打
席 打
数 得
点 安
打 二

打 三

打 本

打 塁
打 打
点 盗
塁 盗

死 犠
打 犠
飛 四
球 敬
遠 死
球 三
振 併

打 打
率 出

率 長

率 O
P
S
1998 ヤクルト 4 3 3 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .667 1.000
1999 23 6 6 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .333 .667
2000 22 10 8 1 4 1 0 0 5 1 0 0 2 0 0 0 0 2 0 .500 .500 .625 1.125
2001 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2003 60 169 159 17 44 6 1 5 67 18 1 0 1 0 6 0 3 27 5 .277 .315 .421 .737
2004 35 91 85 6 20 2 2 2 32 6 0 0 2 0 3 0 1 26 2 .235 .270 .376 .646
2005 99 304 275 39 88 14 1 8 128 46 5 2 2 1 22 0 4 54 4 .320 .377 .465 .843
2006 134 473 422 49 116 22 3 9 171 59 1 4 8 3 38 1 2 83 11 .275 .335 .405 .741
2007 111 348 323 28 90 10 3 9 133 46 3 0 6 1 16 0 2 63 4 .279 .316 .412 .728
2008 29 50 47 0 6 0 0 0 6 2 0 0 1 0 2 0 0 13 1 .128 .163 .128 .291
2009 楽天 82 168 155 13 47 5 1 3 63 21 5 0 0 3 9 1 1 26 6 .303 .339 .406 .746
通算:11年 602 1622 1483 155 418 61 11 36 609 201 15 6 22 8 96 2 13 296 33 .282 .329 .411 .740

2009年度シーズン終了時
背番号 [編集]
43 (1996年 - 2008年)
9 (2009年 - )

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.