SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

8番・桜井2発!恐怖の下位打線完成

 「オープン戦、ヤクルト7‐8阪神」(17日、神宮)
 まさに恐怖の下位打線だ。まずは阪神の8番・桜井広大外野手(26)が四回に同点ソロ。2点を追う六回には7番のクレイグ・ブラゼル内野手(29)が2戦連発となるソロを放つと、桜井が2者連続、2打席連続弾を左翼席へたたき込んだ。一発攻勢でまたも同点とし、七回に勝負を決めた。7、8番が一発を量産すれば、チーム200発も夢じゃない!
  ◇  ◇
 「85年」を上回る強力打線の誕生か。桜井の2本塁打でシーズン200発への期待が膨らんだ。
 下位の仕掛けの早さが、強力打線のインパクトを強めた。六回。「8番桜井」の2打席連発は自身最も得意なカウントから生まれた。
 ブラゼル初球本塁打直後、1ボールからの2球目にグンと腕を伸ばした。仕留めたのは外の直球。飛距離十分の軌道が左翼席へ伸びた。11打席無安打で迎えた四回の打席は、1ストライクからの2球目を同じく左翼へガツン。昨季、桜井がカウント別で唯一5割超えを記録した「2球目」をデータ通りに打ち砕いた。
 2打席連発は、07年8月22日・ヤクルト戦(神宮)以来。自身3度目の1試合複数弾は、鳥谷と並ぶチームトップのオープン戦4号となり、ブラゼルとの「BS砲」結成を強く印象づけた。
 「前に城島さんとブラゼルがいるので得点圏も多くなる。タイミングもあってきているので、こういう打席を1打席でも増やしていきたい」
 片岡打撃コーチのアドバイスを即結果に結びつけた。試合前のティー打撃。客席の視線が珍しい練習にくぎ付けになった。桜井は片岡コーチのトス球をバックネットに向かって「たたく」のではなく「打ち上げた」。打ち損じ?はた目にそう見えるこの打撃練習を繰り返し試合に臨んだ。
 「昨日は打球が上がってなかったんでね。強く振るというか、打球を真上に上げる感覚で打てという話だった。いきなり成果が出て良かった」。前日の巨人戦で5打数無安打。当たりは悪くなかったが、打球が低く野手の正面を突いた。PL学園の先輩でもある同コーチの指導が奏功した。
 「BS砲」の3発で、オープン戦のチーム本塁打数が12試合で16発に膨らんだ。このハイペースを144試合に換算すれば、シーズン192本塁打に達する。昨季の106本はリーグ5位。赤星が抜けた布陣で機動力を売りにするのは現実的ではない。となれば、長距離打線が10年型スタイルになるのは必然だ。
 真弓監督は昨オフ、シーズン219発を数えた「85年」の最強打線をひきあいに、「皆がいい状態に持っていけば、ひけを取らない」と「新強力打線」に期待を込めた。
 「1番から7番まで本当にいい打者が並んでいると思う」。“最後尾”からの絶景に誇り感じる桜井が虎史上最強の8番打者に成長すれば、「85年」超えは夢物語ではなくなる。




初Sの球児「今年はかなり期待できる」

 「オープン戦、ヤクルト7‐8阪神」(17日、神宮)
 敵のバットが空を切るという確信を、指先で感じるという。どこの誰が相手でも同じだという。それが魔球の魔球たるゆえん。白球が指先を離れる刹那(せつな)の感触で、阪神の球児は敵の空振りを知るのだという。
「真っすぐに手応えがあった。真っすぐを出せる準備はできたと思う」
 帰りのバスへと向かいながら、球児は言った。そして少し笑みを浮かべながら、こうつぶやいた。
 「今年はかなり期待できる…」
 1点リードの最終回からのマウンド。先頭・青木に対してカウント2‐3。そして6球目、満を持して投じた147キロ直球に、青木のバットが空を切った。外角高めに浮き上がる球筋。分かっていても打てない、あのストレートだ。
 続く三輪への初球には、今年最速となる150キロを計測。ここは内寄りに甘く入った4球目を右中間に運ばれて1死三塁のピンチを背負ったが、守護神は動じない。続く飯原を外角に逃げ落ちるフォークで空振り三振に仕留めると、最後は鬼崎を左飛に封じて今年初セーブ。「いい経験になった。三振を取らないといけない場面(一死三塁)もあったし」。心技体の充実を実感したマウンドに、思わず顔をほころばせた。
 直球勝負への原点回帰をテーマに掲げる一方で、14日には6年ぶりの2軍戦登板で打者との間合いを体に刻み込むなど、シーズン中に直面するあらゆる事態を想定しながら、心身の調整を図った。そして迎えたペナントへの最終調整。満を持して投じた“本気の直球”に、この上ない手応えを感じ取った。
 ペナントを戦うための強固な土台が整った。綿密に積み重ねた調整も、ついに最後のテーマを残すのみとなった。
 「あとは気持ちの部分だけ」。いよいよ始まる開幕へのカウントダウン。守護神の助走速度が、いよいよ最高速に達した。




城島、バズーカ発射準備の神経戦流局

 「オープン戦、ヤクルト7‐8阪神」(17日、神宮)
 待てども待てどもヤクルトは動かなかった。阪神・城島のジョー・バズーカの発射準備は整っていたが、ツバメ軍団は走ってこなかった。互いに包囲網を張り巡らせたまま終わった第1ラウンド。じっとりと汗がにじみ出る神経戦は、流局した。
 「本当は足を使って攻撃的に走ってくるチーム。きょうは腹の探り合いみたいな感じ」と煮え切らない表情を浮かべたジョー。昨季の虎捕手陣は、ヤクルトに要所で盗塁を決められた。27回の盗塁企図で、阻止できたのはわずか3つ。対戦阻止率・111は同一リーグで最低の数字だった。
 それだけに新兵器で震え上がらせるには絶好の機会だったが…。走者が出てもフルカウントから自動エンドランのスタートを切っただけで、スチールを狙ったシーンは一度もなかった。逆に城島も三回1死一塁から田中の3球目に実戦で初めてウエストボールを要求し、揺さぶりをかけた。
 「ヤクルトはフォッサムのタイミングを計っていた。走れるタイミングだったけど様子を見ていたね」と相手ベンチの空気を察知した城島。勝負は公式戦へ持ち越しとなったが、視点はすでに次の調整へと向いている。
 オープン戦も残り3試合。横浜へ移動するバスに乗り込む前にフル出場について問われると、最前列に乗っていた真弓監督に「フル出場ありますか?」と尋ねた。指揮官から返ってきた答えは「あるある!」。1試合フルにマスクをかぶり、新天地の開幕へ向かう。




ブラゼル、自画自賛の2戦連発

 「オープン戦、ヤクルト7‐8阪神」(17日、神宮)
 「7番・ブラゼル」が六回の第3打席に2試合連続本塁打を放った。川島亮の投じた初球。内角低めのカーブを豪快に右翼席へたたきこんだ。
 試合後、オープン戦2号の感触を問われたB砲は「あれは本当にうまく打てたよ。前でさばけたというか、はじけた」と自画自賛。この日の3打席はすべて初球からバットを出していることに「皆分かっていると思うけど、自分はもともとそういうタイプの打者だし、それがスタイル」と積極性を貫く考えだ。
 桜井とは2者連続弾を競演。今季は最強下位打線形成を目指す。「桜井クンも調子がいい。恐怖の7、8番になれるといいね。シーズンで何発?いやいや、しっかりと打つだけ」。開幕を100%で迎える準備を進めてきたブラゼル。本番まで残り3戦。「BS砲」結成へスタンバイは整いつつある。




上園、開幕ローテ第6の男に急浮上

 「オープン戦、ヤクルト7‐8阪神」(17日、神宮)
 突然の招集で準備は整っていなかった。足場の合わない神宮のマウンドにも苦しめられた。ただそんなそぶりは全く見せず、ひたすら結果を追い求めて躍動した阪神・上園。五回から2番手で登板した07年の新人王が、3回2/3を3安打無失点に抑え、開幕ローテ“第6の男”に急浮上した。
 16日の巨人戦で下柳が緊急降板し、救援陣が登板過多になったことで急きょ呼ばれた。いきなり田中をストレートの四球で歩かせたが「打者1人、1人と思っていたんで、走者が出ても慌てないようにした」。続くユウイチを投ゴロ併殺打に仕留めると、テンポの良い投球に拍車がかかった。
 「直球が良くなかった」と言いつつも、110キロ台のカーブをうまく織り交ぜながら、次々と築いていった凡打の山。八回2死三塁の場面で筒井にマウンドを譲ったが、先発したフォッサムとは対照的な結果に「良かったね。昨日の下柳の降板で急きょになるんだけど、次回が楽しみやね」と真弓監督は目を細める。
 開幕ローテ入りの可能性についても「チャンスは十分に出てきているんじゃないかな」と前向きな言葉を残した指揮官。そんな右腕は2月28日のオリックス戦を最後に、2軍落ちしていた。競争から脱落しても「気持ちは切れていなかった」とあきらめなかった。
 土壇場で結果を導き出したのは復活へかける強いハート。逆転開幕ローテ入りへ、上園の視界が一気に開けた。




フォッサム“背信”4回3被弾7失点

 「オープン戦、ヤクルト7‐8阪神」(17日、神宮)
 4回7失点。開幕ローテ入りを目指す阪神・フォッサムが、またも打ち込まれた。前回登板の11日・オリックス戦(京セラ)も5回6失点。「あれだけ相手とタイミングが合ってくるとね。もう一回、どこかで投げないと」。状態が上がらぬ助っ人左腕に、試合後の真弓監督は「追試」を即断した。
 ガイエルに2打席連発を許すなど3被弾。速球、変化球ともに甘く入り、2試合連続で2ケタ安打を浴びた。「キャンプで良くてシーズンでも良かったことはない。例年のキャンプは20イニングを投げている。まだ15イニング。あと5イニングでしっかり調整したい」。それでもフォッサムは強気な姿勢を崩さない。
 追試の場は23日からのウエスタン・リーグ、オリックス戦(神戸サブ)が濃厚だ。そこで快投を見せなければ、開幕2軍は避けられない。




岩田、左ひじ変形性関節炎

 阪神・岩田稔投手(26)が17日、大阪市内の病院で検査を受け、左ひじの「変形性関節炎」と診断されたことが発表された。1軍キャンプ離脱後の2月17日の検査でも、「左ひじ変形関節炎」と診断されていた。この日は鳴尾浜には姿を見せなかったが、しばらくはノースローで様子を見る。
 開幕ローテ入りを目指して、14日に教育リーグ・中日戦で実戦復帰したものの、3回6安打3失点。登板後も、左ひじに張りを感じており、16日には「(患部は)変な感じです。ほかにも、全体的に体が動いていない。機能していなかった」と、話していた。
 今後は患部のケアに加えて、体全体のバランスも意識し、もう一度、一からリハビリに取り組んでいく。気持ちを切り替えて、早期の復帰を目指していく。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.