SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

多村仁志

多村 仁志(たむら ひとし、本名:多村 仁(読み同じ)、1977年3月28日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(外野手)。



経歴

プロ入り前
横浜高時代は斉藤宜之、紀田彰一とクリーンナップを組み3年生の春夏連続(1994年)で甲子園に出場。ちなみに夏の県大会決勝戦で勝ちを決めた直後、センターからベンチに駆け戻る途中で足がつってしまい、結局校歌を歌えなかったという逸話がある。

この当時はとてもやんちゃで、練習中に小倉清一郎野球部長と衝突したり、渡辺元智監督が怒るとすぐに帰ってしまうこともあった。また「普通の高校生になりたい」と学校にすら来なくなってしまったことがあったが、多村の野球の才能を買っていた兄や同じ野球部の友人たちの励ましもあり、3年間野球を全うしていた。後に渡辺監督は多村のことを「純粋なところもあるが長続きせず、調教してるようだった」と語っている。

プロ入り後

横浜時代
1995年、高校通算14本塁打の長打力を買われ、ドラフト4位で横浜ベイスターズに入団。このときの登録名は多村 仁。もっとも打力より守備や走力が期待されていたという話もある。

1997年、レギュラーシーズンの開幕戦となる、4月4日の対中日戦で公式戦初出場。この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、多村は7回表に横浜の開幕投手・盛田幸妃の代打として登場。相手の開幕投手山本昌と対戦したプロ初打席は外野フライに終わった。4日後の4月8日には、対阪神戦で田村勤投手から初安打を放った。オフに1年目から痛めていた右肩を手術し、ボルトを埋め込んだ。当初はボルトを埋め込む予定はなく、翌年のキャンプには間に合うという判断であったが、思ったよりも肩の状態が酷くボルトを埋め込まれてしまった。

1998年、右肩リハビリのため1年を棒に振る。一・二軍とも試合出場なし。翌年も二軍のみ出場。

2000年、主に代打、途中出場で一軍定着、84試合出場で打率.257、7本塁打。

2003年、91試合の出場で打率.293、18本塁打、46打点と開花の兆しが見えだす。

2004年、初めて開幕レギュラーの座をつかむと、一気に開眼。強靭なリストを生かした打撃でホームランを量産し、8月15日に横浜・大洋通じて日本人打者として田代富雄以来23年ぶりとなる30本塁打を達成。10月6日には日本人打者として球団初の40本塁打を達成した。3割・40本・100打点は球団初の記録。

2005年、開幕直前にインフルエンザにかかり開幕カードは欠場するが、4月5日の巨人戦から復帰しダン・ミセリからプロ初となるサヨナラタイムリーを放つ。そこから打棒が爆発し、6月18日の試合終了時点で打率.344、21本塁打で暫定的に二冠王に立っていた。しかし6月22日にぎっくり腰による腰痛で登録抹消。症状は重くはなく、登録抹消期間の10日間で一軍に復帰する筈だったが、6月29日に自ら愛車の黄色いポルシェを運転してベイスターズ総合練習場での二軍練習に向かう際、横浜横須賀道路の朝比奈IC付近でスリップして防音壁に激突するという事故(単独)を起こしてしまう。車は大破し多村も検査入院となった。検査では脳には異常が無かったが、全治3日の左肩挫傷、全治2週間の左外傷性複視、網膜震盪症と診断され、復帰には倍かかるという状態だった。このためそのまま前半戦は欠場した。7月29日の広島戦から復帰したものの、交通事故前に見せていた打撃は発揮できなかった。それでもシーズンを通しては2年連続の3割30本を達成したが、交通事故による欠場への懲戒的措置として現状維持での契約更改を余儀なくされた。

2006年、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出され、好守や特大本塁打で初代世界一に大きく貢献した。3本塁打、9打点はチーム本塁打王・打点王だった。公式戦に入っても4月4日の中日戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から起死回生の同点2ランを放つなど活躍していたが、4月20日から左肋軟骨挫傷のため一月ほど戦線離脱。そして復帰して半月ほど経った6月7日の楽天戦(フルキャストスタジアム宮城)にて本塁突撃時のクロスプレーの際に肋骨を4本折る重傷で長期離脱。シーズンの大半を棒に振ってしまった。オフには持病の腰のヘルニアにブロック注射を打ち再起を誓うも、シーズン終了後、一部の新聞で多村がトレード要員だと報道され、その真否から具体的なトレード先に至るまでいくつかの憶測報道が飛び交った。結局12月5日にWBCでも監督をつとめた王貞治監督率いるソフトバンクに、寺原隼人と1対1での交換トレードでの入団が成立したことが発表された。

12月12日の入団発表会見で、背番号は横浜時代と同じ6と発表された。

ソフトバンク時代
2007年、開幕戦に3番で出場し2本塁打を放つなど3安打猛打賞で最高のスタートをきった。初めてシーズン中1度も2軍に落ちることなく、自己最高の132試合に出場したが、試合中の小さな違和感や疲労での途中交代が多かった。また7月3日から9月6日まで本塁打が出ないなど、打率.271・13本塁打・68打点と打撃に関しても思うような結果が得られなかった。最終候補に残り背番号1が与えられていた北京オリンピック野球代表候補に関しても、腰痛のためオーストラリアとの強化試合に出られず、そのままメンバーから外された。

2008年は開幕から3番センターでスタメン出場していたが、腰痛のため4月18日から4試合欠場。4月23日から復帰したものの、4月25日のロッテ戦で3回表の守備中に大塚明の左中間への打球を追ってレフトの長谷川勇也と交錯し右足腓骨を骨折、前半戦を棒に振った。9月上旬から復帰し、2試合連続で猛打賞を記録するなど活躍を見せる。しかし足の状態が万全ではなかったこともあり、9月下旬に再び登録を抹消され、そのままシーズンを終えた。

2009年はオープン戦の試合中、牽制球で帰塁する際右肩を痛めたため、開幕は二軍スタートとなった。同年5月22日に一軍に復帰した際、登録名を多村 仁志(読みは同じ)に変更。復帰後は好調な打撃でチームを引っ張るが、8月以降は疲労や故障による欠場や途中交代が目立つようになり、打撃の調子も失速。最終的な成績は打率.282・17本塁打・57打点にとどまった。クライマックスシリーズでは監督の秋山幸二からキーマンに指名されるが、腰痛のため第1戦、第2戦ともに欠場した。同年に海外移籍も可能となるFA権を取得したが、権利を行使せず残留することが、自身のブログで明らかにされた。

プレースタイル
強くてやわらかいリストを活かして広角に打ち分ける本塁打が最大の魅力の長距離ヒッターである。故障は多いが、プロ野球界でもきっての身体能力の高さを誇り、広い守備範囲と強肩にも定評がある。故障を気にしてか果敢な走塁は見られないものの、50mを5.6秒で走る俊足の持ち主でもある。このように身体能力は高いが故障の多さもありまだタイトルには恵まれていない。

入団当初より走攻守三拍子揃った選手と注目されていたものの、肝心なときに怪我をすることが多く、飛躍のきっかけを掴めなかった。それでも2003年に頭角を現し、2004年には40本塁打を放ちブレイクを果たした。この活躍は、「多少痛くても『痛い』と言わないこと」を覚えたのが最大の要因といわれる。その後横浜では中堅手、クリーンナップ(主に5番)として活躍した。

彼の怪我は野球の試合や練習中にとどまらず、ポスター撮影中にジャンプして右足関節を捻挫したり、プロ野球再編問題に伴うストライキの際に握手会で左掌の炎症を起こしたりしている。あまりの故障の多さからソフトバンク移籍後も、松中信彦がインタビューなどで多村の話題が出ると必ず「彼は怪我が多いので」と話しており、本人も移籍を機に意識改革を行った(それまではそれ程でもなかった走り込みを徹底して行い、下半身強化に努めたなど、インタビューで語っている)。

本人は外野守備や走塁・さらにファッションにもこだわりがあり、用具にも刻まれている「6TOOLS(6ツール)」は、メジャーリーグでよく言われる5TOOLS(5ツール=打率、本塁打、足、守備、肩)に多村自身が自負するファッションセンスを加えたもので、公式サイト名にもなっている(当初は"S"が無く、「6TOOL」だった。)。

強肩と評価されることも多いが、本人曰く現在もボルトが埋まっているせいで100%の力では投げることはできず、送球はその分技術で補っている。

ファームで調整する時には若手の参考になるように考えてプレーをしている。ちなみにファームの投手はコントロールが安定しない投手が多く苦手にしている。

人物
高校時代の同期に矢野英司、斉藤宜之(現:東京ヤクルトスワローズ)、紀田彰一、ゆずの北川悠仁(歌手)がいる。

既婚。愛娘が二人いる。現在、妻と娘は横浜に在住で多村は単身赴任中となる。2005年の交通事故の際、スリップした瞬間に諦めてハンドルから手を離そうとしたが、家族の顔が頭に浮かんだため、最後まで手を離すことはなかった、と述べている。

子供の頃から地元神奈川の球団、大洋ホエールズのファンであり、憧れていた野球選手はカルロス・ポンセであった。身内や親族も大洋ファンであったため、ドラフトで横浜から指名がかかったときは家族中で大喜びした。

出身地を「神奈川県厚木市」とされることが多いが、生まれてから幼少期までを過ごした場所は県のなかでも唯一の村である清川村である。山の中の自然に囲まれた環境で育ったが宮ヶ瀬ダム建設に伴い厚木市に引っ越している。生まれ育った生家は今もダムの底にある。

横浜入団同期で同い年の相川亮二(現:東京ヤクルト)とは若手時代から共に励まし合ってきた親友同士である。多村が試合に休まず出場するようになった年も相川が「もう少し頑張ろう」と励まし続けてきた。また多村も、相川にバッティングのアドバイスしたりしていた。また多村の愛娘は相川の大ファンであるが、相川にだけは絶対嫁にやらないと言っている。

横浜時代の背番号6の前任者中根仁は多村より10歳上で多村の素質を評価しており、「多村が一人前になったら引退する」と公言していた。

他の下積みの長い横浜出身の野手同様、プロ時代の恩人として田代富雄元2軍監督・高木由一シーレックス打撃コーチの2人をあげ、この2人の地道な指導に感謝している。

リッキー・ヘンダーソンに憧れているとアピールしたことがあったが、実はコーチに言わされていた。

長距離砲へなろうと思ったのはフロントから「チームに長距離砲がいないからおまえなんとかなれ!」と言われたからである。ちなみにこの時はまったく長距離砲になるつもりはなく困惑したが真剣にいかに遠くに飛ばすかを考えるようになった。

2001年の春季キャンプで落合博満の臨時コーチをうけ、落合にコースに逆らわず打ち返す広角打法を伝授され、さらに落合が見張る前で2時間に1000回以上バットを振らせ、 多村の当時の「ロバート・ローズを模したフォーム」から、「多村自身が楽に振れる、自然に力の抜けたフォーム」へと変わっていったことで打撃開眼したといわれている。落合自身が著した本にも掲載した有名なエピソードだが、当人は頑固に教えを受容せず、落合がキャンプ地を去った途端に構えを元に戻してしまった。

手術のため左手での生活になったおかげで左手が器用になりより力強い打球が飛ぶようになった。

2005年12月5日、NTVスポーツうるぐす「2005アンラッキー王決定戦」の収録に西口文也、普天王とともに参加。釣り対決を行った。釣れたのは魚の「ウロコ」のみ(西口は1匹も釣れなかったため、普天王1匹・多村ウロコ1枚・西口0匹で、ウロコの差で西口に勝利した)。最後に神社でお祓いしてもらったものの、おみくじで「凶」を引いてしまった。その影響か、2006年シーズンが始まると怪我に苦しむことになってしまった。

低い声の持ち主。2007年2月末のジャンクSPORTS初出演の際には、浜田雅功からその声を「多村はえぇ声やなあ」と絶賛された。

横浜時代もホークス移籍後もチームでトップクラスの人気を誇るが、オールスターゲーム出場経験は無い。

ソフトバンクでは神奈川県出身の高橋徹、福田秀平やチームスタッフらと「神奈川県人会」を結成している。

背番号
52(1995年 - 1999年)
55(2000年 - 2003年)
6(2004年 - )

記録
初出場:1997年4月4日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤドーム)、7回表に代打として出場
初安打:1997年4月8日、対阪神タイガース1回戦(横浜スタジアム)、8回裏に田村勤から
初本塁打:1997年4月25日、対中日ドラゴンズ4回戦(横浜スタジアム)、5回裏に前田幸長から
100本塁打:2005年9月17日、対読売ジャイアンツ19回戦(横浜スタジアム)、8回裏に酒井順也から
初打点:1997年4月10日、対阪神タイガース3回戦(横浜スタジアム)、8回裏に古溝克之から
初盗塁:2000年9月15日、対読売ジャイアンツ25回戦(東京ドーム)、9回表に二盗
3打席連続本塁打
2004年(7月17日の広島東洋カープ戦で高橋建・佐竹健太・林昌樹投手から記録)
4試合連続本塁打
2004年(4月21日の読売ジャイアンツ戦から同年4月24日の広島東洋カープ戦で記録)
2006年(5月19日の西武ライオンズ戦から同年5月23日の福岡ソフトバンクホークス戦で記録)



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.