SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

堀幸一

堀 幸一(ほり こういち、1969年4月2日 - )
長崎県長崎市出身のプロ野球選手。千葉ロッテマリーンズ所属。
ポジションは二塁手だが、遊撃手、三塁手、一塁手、外野手もこなす。背番号は5番。
右打ち(流し打ち)の技術には定評があり、状況に応じたベテランらしいバッティングが持ち味。
一定の長打力と打率を残す力を兼ね備えていることもあり、後述のようにその年によって様々な打順を打っている。
打撃に関しては便利屋としての側面を持っている。
守備も内外野をソツなくこなすため様々なポジションに収まった経験があるが、近年は本職の二塁手(あるいは指名打者、一塁手)としての出場がほとんどである。




経歴
長崎海星高等学校では3年春に3番打者として甲子園に出場。ドラフト3位でロッテオリオンズに指名され、入団(背番号は45)。2年目の1989年から開幕当初より一軍に定着。4月14日の近鉄戦で谷崎浩二から初ヒットを放つ[1]。

1991年からは背番号を5に変更。レギュラーとして20本塁打を記録し、頭角を現す。4番も打ち、「年俸が一番安い4番打者」と言われた。1995年、1996年は続けてシーズン打率リーグ2位、3位と記録する。

1998年に通算して1番から9番までの全打順本塁打を達成。2000年前後は外野手としての出場も目立った。2003年には自己最高の22本塁打をマーク。この年だけで全打順スタメン出場。打順は2番以前か5番が多かったが、後半戦は4番打者として活躍。2005年は主に2番打者として活躍し、優勝に貢献。規定打席にシーズン終了間際で到達し、9年ぶりに3割打者となった。この年の規定打席(421打席)を丁度満たしていた。パ・リーグ二塁手部門でベストナインを獲得。18年目での初受賞であり、パ・リーグ最年長初受賞(当時)となった。

2006年は調子を落とし、打率2割台前半に落ち込む。2007年7月7日に本塁打を放ち、有藤道世が持っていた18年連続本塁打のチーム記録を更新する19年連続本塁打を記録した。また守備では、青野毅の故障、今江敏晃の不調などにより久々に三塁手でスタメン出場した。ホセ・オーティズの加入で出番が減ってしまう。

2008年4月12日に途中出場ながら初の一塁手の守備についた。8月20日の北海道日本ハムファイターズ戦では一塁手で先発出場し、史上40人目(球団史上3人目)の2000試合出場を果たした。打撃成績は前年より落ち込んでしまい、本塁打は新人年以来の0本塁打に終わり、20年連続本塁打はならなかった。

2009年 ホセ・オーティズ、フリオ・ズレータの退団もあり出番が増加。.259 4HRながら、得点圏打率.423、代打打率.417と勝負強さを見せた。

エピソード
高校時代の堀は投手で、この時代鹿屋中央高等学校と練習試合をしたが、この試合で亀山努に本塁打を打たれた苦い経験を持つ。
入団直後のファームのキャンプでは1年上の佐藤幸彦や同期の大村巌のバッティングに圧倒され自信を喪失した。また長崎の両親も3年ともたないだろうと周囲に漏らしていた[1]。
現役の千葉ロッテマリーンズ選手の中において、千葉移転前の「ロッテオリオンズ」時代を経験しているのは、堀と小宮山悟の2人だけ(なお、小宮山は2009年を以って現役を引退することになったため、2010年以降は堀1人だけとなる)。なお、小宮山は横浜ベイスターズならびにニューヨーク・メッツ(米国MLB)移籍でロッテを離れていた時期があったため、オリオンズ時代から1度も移籍することなくロッテでプレーし続けているのは堀だけである。
1988年10月19日川崎球場でのロッテVS近鉄10.19決戦の際、出場した選手は2007年の吉井理人引退とともに現役選手はいなくなったが、堀自身はこの年がルーキーであり(当時は二軍)、現在、当時の両チーム所属選手でNPBで現役で残っているのは堀ただ一人である。[2]
1995年バレンタイン監督が、アメリカに連れて帰りたいといったのは有名な話。メッツ監督だった1998年のFA取得時にも、オファーをしていた。現在のバレンタイン曰く「太平洋で一番右打ちのうまいバッター」。しかし、これは「パシフィック(パシフィック・リーグ)で一番右打ちのうまいバッター」という意味で言ったのを記者が誤訳したものと思われる。榎本喜八、有藤道世に続く球団歴代3番目の安打数で活躍中。残り173本の2000本安打も期待される。
2009年現在、千葉マリンスタジアムで使用される登場曲はプロパガンダの「p:Machinery」。この曲は1980年代のディスコでの定番の曲だった。堀はこの曲を長年使用している。
オフは釣り三昧で過ごす[1]。チームメイトの黒木知宏と共に釣りロマンを求めてに出演した事がある。またその時には大型のメジナに逃げられてしまい、本気で悔しがっている堀の姿が見られた。
2009年7月5日、2年ぶりに三塁でスタメン出場。しかし、これは西村徳文コーチがボビー・バレンタイン監督よりスタメンを告げられる際、正三塁手今江敏晃の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞きまちがえたことによるミスであった。結局、堀は第1打席で左翼へ犠牲フライを放ったのち、次の回の守備より今江と交代した。

タイトル・表彰
ベストナイン二塁手部門(2005年)
オールスターゲーム出場(1995年、1996年)

個人記録

初記録
初出場:1989年4月9日、対西武ライオンズ1回戦(西武球場)、9回表に代走として出場
初安打・初打点:1989年4月14日、対近鉄バファローズ1回戦(川崎球場)、6回裏に谷崎浩二から
初本塁打:1989年4月26日、対オリックスブレーブス5回戦(西宮球場)、5回表に星野伸之から
初盗塁:1989年7月11日、対福岡ダイエーホークス12回戦(川崎球場)、7回裏に二盗

節目の記録
1000試合:1998年7月28日、対福岡ダイエーホークス16回戦(北九州市民球場)、1番・中堅手として先発出場
1000本安打:1998年9月28日、対日本ハムファイターズ24回戦(千葉マリンスタジアム)
100本塁打:1999年9月11日、対オリックスブルーウェーブ22回戦(千葉マリンスタジアム)、7回裏に高橋功一からソロ
1500試合:2003年5月21日、対オリックスブルーウェーブ8回戦(Yahoo!BBスタジアム)、6番・二塁手として先発出場
150本塁打:2003年10月8日、対オリックスブルーウェーブ27回戦(Yahoo!BBスタジアム)、8回表に萩原淳からソロ
1000三振:2004年4月14日、対西武ライオンズ5回戦(千葉マリンスタジアム)、1回裏に西口文也から
1500本安打:2004年6月26日、対西武ライオンズ15回戦(石川県立野球場)、1回裏に許銘傑から左前安打
2000試合:2008年8月20日、対北海道日本ハムファイターズ19回戦(東京ドーム)、2番・一塁手として先発出場

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.